自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

お悩み相談専門店(漢方薬局と心のケア)として営んでます。薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴ってます^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆66 『 ユキノシタ 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on  

キュートで大活躍の『 ユキノシタ  』さんのご紹介
【 ユキノシタ 民間療法 中国の性質の捉え方 食用・薬膳 
            ネーミング 耳の形に似た葉 (メッセージ)】





2015年 河内藤園(3)
2015年 河内藤園(3) posted by (C)プレティオ


皆さん、春のゴールデンウィークは如何すごされましたか
それぞのの思い出ができたことと思います
この時期、藤の花を見ると、保育園で咲いた藤を思い出し、懐かしく感じます
皆さんは、どんな花に思い出がありますか

本日は、私の大好きな植物のひとつである、
「ユキノシタ」さんについて綴りたいと思います

実は、申し訳ございませんが、
本日の更新で、しばらく更新を休止予定でいます
休止のご挨拶は、また改めてさせて頂きたいと思います

この区切りに、大好きな「ユキノシタ」さんをご紹介できることを、有難く思います
では、ご紹介したいと思います



お澄まし顔で♪
お澄まし顔で♪ posted by (C)ここわんこ



【 ユキノシタ 】

科名 : ユキノシタ科  多年草

原産 : 日本の草花のようだが、古くに中国から渡来した植物。
    

自生 : 日陰の湿ったな所に群生する。石垣や岩場を好む。
     常緑の多年草。
     観賞用としても庭園などにも植えられている。

開花期 : 初夏 (5月~7月頃)
      個性ある、円錐形の花びらの白い可愛い花を咲かせる。

中国植物名 : 虎耳草(コジソウ)

生薬名 : 虎耳草(コジソウ) [  葉  ]

地方名 : イドクサ、ミミダレクサ

類似植物 : ハルユキノシタ、ダイモンジソウ などがある。



ユキノシタ1
『 ナんでも図鑑 』(植物・動物)より     < ユキノシタ >



【 民間療法 】

《 葉 》

採取 : 開花期に全草を採取し、乾燥させる。
      生葉を、必要時に採取する。 (年中常緑植物)

●内服
 < 効能・効果 >

  解熱・解毒、消炎、利尿、健胃、整腸、小児のかん(ひきつけ) など

   
  使用法 → 乾燥したものを、煎じて飲む。

  *小児のかんには、葉の裏が赤いものがよいと言われており、
   塩で揉んだ生汁を、口に含ませ飲ませたようです。


●外用
 < 効能・効果 >

  軽いやけど、しみゃけ、あせも、切り傷、
  化膿(中耳炎や扁桃腺炎)皮膚炎 など
 

  使用法  → 生葉を炙って患部に塗布する。
         または、黒焼きにや蒸し焼きにして
         ミョウバンを少し加え患部に塗布する。
         生汁も使用できる。
        
  
   応用 → 葉を塩で揉んで貼ると、
        かぶれなどの皮膚炎に効果がある。



ユキノシタ
『 ナンでも図鑑 』 (植物・動物) より   < ユキノシタ > 



【 「 ユキノシタ:虎耳草(葉)  中国による性質の捉え方  】

 ・六味の性質 (味の性質)            : 苦、辛

 ・五気の性質 (温・寒)             : 寒 

 ・帰経    (関係深い作用する五臓六腑・経路)  : 肺、脾、大 

 ・中国薬効   :   祛風清熱、涼血解毒


可愛いお花を咲かせる「ユキノシタ」さんは、民間的に「薬草」として、
活躍してきた植物ですが、薬草としてだけではないんですよ
次は、食用としてご紹介したいと思います



ユキノシタ2
『 ナンでも図鑑 』 (植物・動物) より   < ユキノシタ >



【 食用・薬膳 】

若い方などは、知らない方が多いと思いますが、
若葉は、昔から食用としても使用されてきました

葉の裏に衣をつけて、天ぷらにして食するのが、有名と思います

他にも、おひたし、茹でて煮つける、和えもの(酢、味噌、胡麻)
などにしても、食されてきたようです

難しいかもしれませんが、
化膿や何かしらの炎症、微熱がある場合などは、上手く食事に用いると
薬膳となり得ますね。

ただ、上記していますように「性質」が 冷やす植物ですので、
寒い冬季や冷え性の方は、食べ過ぎに注意ですね



大文字咲き 2012-5
大文字咲き 2012-5 posted by (C)花信風



【 ネーミング 】

・雪ノ下になっても、枯れないでいきていることから、
 「雪ノ下」とい説もあります

・中国植物名・生薬名の「虎耳草(コジソウ)の名は、
 葉の形が、虎の耳に似ているから付いたと言われています

・岩に生え葉が丸く、食用にすることから「岩茸(いわたけ)」
 ともいわれた別名などもあるようです。



ユキノシタ3
『 ナンでも図鑑 』 (植物・動物) より   < ユキノシタ >



【 耳の形に似た葉(メッセージ) 】

現在でも年配のお客さんが
「子供の頃に、使用してた・・・」と話される方が意外に多いですよ
つまり、そんな昔でない近年まで、親しまれてきた薬草なんです
よく耳にするのが
「中耳炎などの化膿時に、火であぶって塗付して使用した」と言う内容です

特に子供は、中耳炎になりやすく
飲まなくても、塗布して化膿が緩和できるのだしたら、有難い薬草と感じます。

今までも、植物は形状から、人間にメッセージを伝えている場合もある事を
このブログでお伝えしてきました。お気づきですか

中国で、ユキノシタの葉が、虎の耳に似ているから「虎耳草」の生薬名が付いたようです
耳に似た葉が、中耳炎などの「耳の化膿」などに、よく使用されてきた来たことは
興味深いと思います
「ユキノシタ」さんは、形状で人間にメッセージを伝えてくれていると感じる私です

でも、ネーミングから想像できない程、可愛いお花を咲かせるユキノシタさん。
「虎耳草」と呼ばれるのも不思議な気もしますね
可愛い花に秘めたパワーが表現されているとも言えるのかもしれませんね

現代、化膿などには「抗生物質」に頼りがちですが、
自然にも身近に「抗生剤」になる薬草も意外にあります。
とても有名な解毒作用のある薬草に、ドクダミがありますね
また、ユキノシタは、「常緑多年草」で、年中必要な時に「葉」を採取できるので
とても有難い薬草とも言えます

とてもキュートな個性的なお花を咲かせる「ユキノシタ」さんは、
観賞用としても、薬草としても、食用としても、幅広く活躍してきた
植物のひとつです

存在を主張せずに、謙虚にひっそりと自然に存在しながら
人の為にも優しく生きてきた植物と感じる私です
人間として、そんなユキノシタさんみたいな生き方ができるといいなぁ~と
ふと思う私がいます

私が、とても、とても大好きな植物のひとつである「ユキノシタ」さんを
綴らせて頂きました。       ありがとうございます



        キュートな横顔o(*^▽^*)oエヘヘ!
        キュートな横顔o(*^▽^*)oエヘヘ! posted by (C)ここわんこ



皆さん、如何でしたか
   キュートで大活躍の 「 ユキノシタ 」さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   




スポンサーサイト

◆64 『 ジンチョウゲ』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on  

香り豊かな 「 ジンチョウゲ 」 さんのご紹介
【 ジンチョウゲ(沈丁花) 民間療法(花・葉) 中国の性質の捉え方 
    ネーミングと活躍  動機 と 想い(思考) の大切さ  未来の温かい想いの創造 】



ウメジロ(2)
ウメジロ(2) posted by (C)プレティオ


早くて3月、別れや卒業の季節でもありますね
皆さんは、どんな3月の春を迎えていますか


また梅の花から桃の花、そして桜の開花の時期ですね
春は、様々なお花が開花しますね。 楽しみで嬉しい季節です


桜メジロ(2)
桜メジロ(2) posted by (C)プレティオ



今回は、今が旬の「ジンチョウゲ」さんについて綴りたいと思います


私は、キンモクセイのお花やクチナシの香りがあるお花が大好きなのですが、
このジンチョウゲさんの豊かな香りも大好きです


自然のお花の香りが漂ってくると、とても癒され心地よくなりますね。
では、ご紹介したいと思います



CIMG1299
CIMG1299 posted by (C)花信風



【 ジンチョウゲ(沈丁花) 】


中国植物名 : 瑞香(すいこう)

科名 : ジンチョウゲ科

原産 : 中国原産 庭などに植えられる常緑低木。

株 : 雌雄異株だが、日本には雌木がほとんどないので、
    めったに果実がみられない。

開花期 : 2月~3月頃に枝先から開花する。芳香がある。 



CIMG9819
CIMG9819 posted by (C)花信風



【 民間療法 】

≪ 使用部 : 花 ( 瑞香花 : ずいこうか ) ≫  (生薬名)

採取 : 春の開花期に採取して天日乾燥する。

●内服

①薬効 : のどの腫れや痛み、歯痛 など

 使用法 → 煎じて服用する。

②薬効 : 歯痛で、熱感があり、
      温かいものをとると痛みが強くなる場合によい。

 使用法 → 煎じた液を、口に含むようにして飲む。

●外用

①薬効 : 喉の痛みや腫れ。 

 使用法 → 煎じた液で、日数回うがいをする。


②薬効 : 腫物の熱を取る。

 使用法 → 煎じた液で、腫物を洗う。



沈丁花
沈丁花 posted by (C)花信風



≪ 使用部 : 葉 ≫

採取 :使用時に採取する。

●外用

①薬効 : おできの吸出し

 使用法 → 葉を銀紙につつみ、火であぶり、とろけさせ、冷やした後に
        冷湿布する。

 
②薬効 : 腫物の熱を取る。

 使用法 → 煎じた液で、腫物を洗う。



CIMG9823
CIMG9823 posted by (C)花信風



【  「 ジンチョウゲ : 瑞香花 ズイコウカ(花)  中国による性質の捉え方  】

 ・六味の性質 (味の性質)            : 甘、鹹

 ・五気の性質 (温・寒)             : 微寒

 ・帰経    (関係深い作用する五臓六腑・経路) : 肺、胃、肝

 ・中国薬効   : 治咽喉腫痛、歯痛、風湿痛 


日本の民間療法と一致していますね
但し、むやみ、又長期に使用するのは注意が必要です
専門家にご相談することをお薦め致します。



パラボラアンテナに似て
パラボラアンテナに似て posted by (C)花信風



【 ネーミング と 活躍 】

「沈香(じんこう)」、「丁香(ちょうこう)」をかねた優しい香りがあることから、
「沈丁花(じんちょうげ)」と名が付いたとも言われています

この香り豊かさで、観賞用として親しまれてきた「ジンチョウゲ」さんらしい、
ネーミングですね

このジンチョウゲさんが、腫れもに効果がある民間薬として親しまれ、
その上、歯の痛みにも使用された経緯があるとは、驚きではありませんか

私自身、ジンチョウゲさんのお花の香りが好きで、癒されます
薬草の勉強し始めて「ジンチョウゲ」さんの活躍を知り、驚いた私でした

本当に自然界は、救急箱のようだと感じています
ただ、それをどう使用するかは人間次第で、人間に責任があると言えますね


CIMG9822
CIMG9822 posted by (C)花信風




【 動機 と 想い(思考) の大切さ 】

これまでも、様々な民間療法で使用されてきた植物達などをご紹介してきました

それは現代、自然から離れれば離れる生活になる程、近代的になりすぎ
忘れられているように感じる、お金では買えない
「大切なものや事柄を思い出し、自分と向き合うキカッケ」になれば
という想いもあるからです
自然界から学ぶことも多いと実感もしているので。。。

もし、このブログを読んでくださり、ジンチョウゲさんを始め様々な植物を使用なさる時、
「あなたの力をかしてね」「有難う」 
などと言う温かい想いで摘んで使用して頂ければと言う願いも込め、
ブログを更新しています

なぜならそれが、自然界の為になり、使用する人や自分の為になると
感じているからです
つまりそれは、すべての為になると実感しています

私がこのブログでお伝えしたいことは、
何をするのにも、「 動機 と 想い(思考)の大切さ 」です。 
また、私が不思議な経験をしながら意識について学んでいる過程で、
近年、特に「 想いが開花する時代 」へ移行しつつあると実感しているのもあります。

あなたは、温かい想い を開花させたいですか
それとも、利己的な想い を開花させたいですか

 *実際、人間は完璧な存在でなく学んでいる存在といえ、、
  両方の想いが伴っている場合が多いと想いますが、
  どちらの想いが強いかが、大切で・・・
       より純粋な想いに近づくよう歩んでいる人間と
  言えるようです

どんな蒔いた思考や行いなども、すべて循環して自分に還ってくる真実を
身を持って経験している私です。
これは、因果応報やカルマとして、様々な宗教でも説かれています
 

それは、前世(過去)や未来までも繋がっています
前世の記憶もあり、不思議な経験をしながら学ぶ日々の私。。。
今変わり解除できれば、過去も未来も変化する事実があるのです



沈丁花と茅葺き屋根
沈丁花と茅葺き屋根 posted by (C)花信風



【 未来の温かい想いの創造 】

なので・・・ 
未来において、今温かい想いの種が蒔かれ、
その想いが循環して開花される未来を創造する私がいます

それが、自然と共にあれば、とても素敵だと想いませんか
また、この地上でそれができる生きものは、我々人間ではないでしょうか

人間が、どう生きるか・・・ 我々人間の責任は大きく、我々人間次第の未来の地球・・・
あなたは、どんな人間と未来を望み創造しますか

ちなみに、ちょっと変わり者の私は、ゴミ出しの時に、ゴミさんに
「お世話になりました。ありがとう」、
「循環して、今度は別の形で会いましょうね・・・」など
という想いで、ゴミを出すように心がけています

これは、ゴミが汚いや不必要の物で、更にゴミが増える意識の解除になればいいなぁ
という想いもあります。
日常の想い(思考)や生き方について学ぶ日々です。。。

夢はいつか叶う・・・ 想像も夢と同様に未来に繋がる・・・ 

あなたはどう思いますか
今回は、ジンチョウゲさんの豊かな香りから、豊かな未来について綴った私でした



        沈丁花
        沈丁花 posted by (C)花信風



皆さん、如何でしたか
     香り豊かな「 ジンチョウゲ 」さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   







◆61 『 ヤツデ 』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on  

人間の手のような・・・『 ヤツデ 』 さんのご紹介
 【 ヤツデ 民間療法  西洋の薬 他の使用法 ネーミング 人間の「意識」】
 【  今年最後のご挨拶  】


寒くなってきましたね
早くて師走。今年もあと2週間ほどになりました
何かと忙しい頃ですので、どうぞご自愛くださいませ。

今年、最後の更新となります。
本日は『ヤツデ』さんについて綴りたいと思います



やつで 花火1
やつで 花火1 posted by (C)花信風



【 ヤツデ 】

漢字名 : 八手(ヤツデ)

科名 : ウコギ科

産地 : わが国特産の常用低木で、西日本の海岸近くの山中に自生する。

栽培 : 容易に栽培しやすく、庭木や鉢植えとして、世界的に広く利用される。

開花期 : 11~12月ごろ 雌雄異株・花 

果実 : 五月頃(初夏)に黒く熟す



ツヤツヤです
ツヤツヤです posted by (C)花信風



【 民間療法 】

使用部 : 葉  

●内服 

  効能 : 去痰

  使用法 → 葉を煎じて1~3%の水煎液を作り、うがいする。
            但し、胃が弱い人は吐き気がする場合があるので注意。

●外用 

  効能 : リウマチ、神経痛、あせもの消炎など

  使用法 → よく乾燥させた葉を 300~500gを名bで煮出した汁を
  浴湯料として使用される。
 



八手
八手 posted by (C)花信風



【 西洋の薬 】

効能 : 咳止め、去痰、

 葉から抽出されたサポニンの精製エキスは 鎮咳・去痰の薬として使用されてた。


【 他の使用法 】
昔は便槽に、葉を刻んで投入して、ウジ殺しに用いたりもしたようです。



八手生まれる
八手生まれる posted by (C)花信風



【 ネーミング 】

ヤツデは、漢字で書くと「八手」です
これは、葉に切れ目があり、手を広げた状態に見えるから付いたようです
また葉が、7~9枚に切れ目があり開いていることが多く
縁起のよい末広がりの 「八」をあえて用いて「八手」となったようです

でも私は、葉の新芽が伸びる状態の方が、よりリアルな人間の手のように感じます。
上の写真がそうです。
まるで、指を閉じた状態で、指を開く前のような・・・
植物と言うより、生きている生物のようにも感じます
また、新芽は緑色で無く、この薄い茶系の色が
人間の肌色に近いのも一層リアル感があると思いませんか

皆さんはどう思いますか



まる 八手の花
まる 八手の花 posted by (C)花信風



【 人間の「意識」 】

民間療法に、西洋の薬、また自然に優しい殺虫剤など・・・
様々な活躍をしてくれる「ヤツデ」さんでしたね
で、そんなヤツデさんや様々な植物から感じる事ですが・・・

どんな生命も、成長過程があってこそ、
その個性が感じられ、当然ながらそれがとても大切だという事です
一部だけの情報で決めつけない大切さ・・・

人間も、一部をみるのでなく、すべての成長過程をみると
色んな気づきがあると思う私がいます

では人間の成長のすべてとは、
どこからどこまで・・・ を指すのでしょうか・・・
捉え方は色々あり、またひとりひとり異なると思います。

ちなみに私は、ちょっと変わっており、
個の成長からすべての成長に興味があり、
様々な生命に宿る「意識の誕生」から興味を持っています
意識があってこそ、今の人間にまで成長したと・・・
植物も、昆虫も、動物の生命にも意識は宿っており、
人間だけでなく、自然界の意識も、すべてが意識で繋がっており
共に成長のプロセスを歩んでいると。。。

八手さんの人間の手のような形態は、人間の体の手の形態の
意識を共有していると表現できるのでは・・・ 

眼には見えない、この意識に注目する事は、
様々な問題や事柄、疑問を解決する「鍵」になるとも感じてます
そう感じて「意識」について学ぶ日々です

あなたはどう思いますか



               やつで目ざめ
               やつで目ざめ posted by (C)花信風



皆さん、如何でしたか
     人間の手ような・・・「 ヤツデ 」さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




『 今年最後のご挨拶 』


        薮椿
        薮椿 posted by (C)プレティオ



今年もお世話になりました。
ご訪問くださり、コメントt等も有難うございました
お陰様で、今年もブログを継続することができました

今年は、20日に一度の更新でしたが、
来年は、1カ月に一度の更新とさせて頂く予定です。
のんびり更新のブログですが、来年もどうぞよろしくお願い致します

日に日に寒さが増しております
皆様、どうぞご自愛され、良いお年をお迎えくださいませ


                         「愛の手」だより  あんく♪



                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
 





◆60 『 ネズミモチ 』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   2 comments   0 trackback  

覚えやすいネーミングの『 ネズミモチ 』 さんのご紹介
 【 ネズミモチ トウネズミモチとネズミモチの違い 民間療法 
         中国の性質の捉え方 「五行説」と髪 意外性  】




紅葉が最も美しい頃となりましたね
寒さも急に増してきました
早くて初冬を迎えつつありますね。


本日は、秋に黒い実をつける
「ネズミモチ」について綴りたいと思います

皆さん、ご存知ですか  ではどうぞ



霧滴
霧滴 posted by (C)プレティオ



【 ネズミモチ 】

科名 : モクセイ科

自生 : 山地に自生する。
     庭木や街路樹としても植栽される、常緑高木。

開花期 : 6~7月頃、枝の先端に、可愛い白い小花を多数つける。

果実 : 秋に長楕円形の実をつける。熟すと紫黒色になる。

中国植物名 : 女貞(じょてい or にょてい)

漢名 : 唐鼠黐(とうねずみもち)

生薬名 : 女貞子(じょせいし) 果実

   可愛い白いお花は、こちらをご参照ください。   『ネズミモチの写真』



ネズミモチの実1
ネズミモチの実1 posted by (C)花信風



【 トウネズミモチ と ネズミモチ の違い 】

  トウネズミモチ : 唐から輸入された品種。 庭木や公園に多い。
              葉がすべて透けて見える。 
              果実は、楕円形で球系に近い。

  ネズミモチ : 日本に自生する品種。 山地林に多い。
            葉が薄くて、主脈がみえるが側脈はみえない。
果実は、楕円形で細長い。

薬草としては、どちらも同じように使用されますが、トウネズミモチの方が
薬効が高いと言われている。



P1010304.jpg
ネズミモチの種子:生薬の「女貞子」



【 民間療法 】

ネズミモチは、日本では主に民間療法として滋養強壮などに用いられてきました。
中国では、現在でも生薬として活躍しています。 


≪種 女貞子≫

採取 : 10~12月に種を採取して、洗い天日乾燥する。


◆薬効・効能 : 

   (若)白髪、腰や膝のだるさ、疲労感、虚弱体質の改善
    滋養強壮、めまい、耳鳴り、不眠、便秘など 応用される。
    老化予防の薬草としも有名。
 

  使用法 → 煎じて服用する。 

◆応用例 :

    ・視力減退、目のかすみ  ➡ クコの実と一緒に煎じる。
    ・(若)白髪 ➡ ツルドクダミと一緒に煎じる 
    ・滋養強壮 ➡ 果実nの煎じ液を長い時間煮詰めて、ドロっとしたエキスを作る
            保存でき、そのエキスを白湯で溶いて飲む。
    ・女貞子酒 ➡ ネズミモチの果実をホワイトリカーにつける。
      冷暗所に保存して、3~6ヶ月程で出来る。
            下の写真の右側が、ネズミモチの種子の「女貞子酒」 

   但し、手足に火照りのある方に向いています。
    冷えが強い方などは、潤しの作用により冷えが増す場合がありますので
    単独での服用はご注意ください。 専門の方にご相談しましょう。



P1010298.jpg
左:ネズミモチの葉・枝のアルコール漬け 右」ネズミモチの種のアルコール漬け
By あんく♪



≪葉、樹皮≫

●内服

採取 : 必要時に採取。 または、採取して乾燥させる。

◆ 薬効 : 解熱として、風邪の熱などに使用。
       葉は、胃潰瘍にも使用される
 
    使用法 → 煎じて服用する。


●外用

採取 : 必要時に採取。 または、採取して乾燥させる。

◆ 薬効 : 腫物
 
    使用法 → 生葉を見ずに浸した浸出液や、葉を水で見たものを 患部に貼る。

◆ 薬効 : かぶれ、湿疹
    使用法 → 乾燥させた葉を、二握りほど、浴湯料として使用する。


 

P1010301.jpg 
ネズミモチの乾燥した種子の「女貞子」 By あんく♪



【 「 ネズミモチ:女貞子(種)  中国による性質の捉え方  】

 ・六味の性質 (味の性質)            : 苦、甘、

 ・五気の性質 (温・寒)             : 平

 ・帰経    (関係深い作用する五臓六腑・経路) : 肝、腎

 ・中国薬効   : 補肝腎、強腰膝

日本では、民間的な薬草として使用されていますが、
中国では生薬としても用いられている。



ネズミモチの実
ネズミモチの実 posted by (C)花信風



【「五行説」と 髪 】

東洋医学の「五行と五色」で綴りましたが、   『五色と五臓』
「黒い色」は、腎と関係が深く、
また、腎は五支の「髪」との関係もあります。

白髪によいと、民間療法で使用されたのも
この繋がりがある、東洋(中国)医学の捉え方の面白さと繋がります

現在、白髪染めをされている方も多いので、
漢方薬を選別する際に、
髪の状態(抜け毛の量、色や髪質の変化など)を聞くのも
大切なひとつとなり得ます

髪の変化が気になる方は、漢方専門の方へご相談してみるのも
いいと思います



ネズミモチ2
ネズミモチ2 posted by (C)花信風



【 意外性 】

「ネズミモチ」というのは・・・「ネズミ」と「モチ」
が組み合わされたネーミングなんですよ。

モチノキ(黐の木)によく似ていて、
果実の形状や色が、ネズミの糞にそっくりと言うことで、
鼠黐(ねずみもち)と呼ばれています

鼠の糞に似ているからとは・・・ 薬のイメージではないですよね
但し、覚えやすいネーミングと言えるかもしれません

ネーミングは、人間が付けたもの・・・ 
とても活躍してくれる、自然の贈り物 です

また、葉、果実ともに 戦時中は、
焙じてコーヒーの代用にもされたようですよ
タンポポの根が、代用されたことは知られていますが、
ネズミモチも使用されたことは、あまり知られていないと思います

意外に目立たない低木かもしれませんが、
秋~冬の間、鳥たちの食糧にもなってくれています。

白い小さな可愛いお花の後に、ネズミの黒い糞のような果実を付ける
「ネズミモチ」さん。
活躍と意外性を聞くと心に残る植物だと、感じる私がいます



落ち葉
落ち葉 posted by (C)プレティオ



皆さん、如何でしたか
    覚えやすいネーミングの「 ネズミモチ 」さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなどもある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
 







◆59 『 シラン 』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   0 trackback  

春に紫の花を咲かせる『 シラン 』 さんのご紹介  
  【 シラン 民間療法 漢方薬 中国の性質の捉え方
       馬に使用 その他の使用 経緯(プロセス) 結果とプロセス 】



朝晩が冷えてきましたね
どんどん冷え込みはじめ、紅葉が美しくなり、山々を染めはじめますね。
どうぞ、美しい秋を、満喫されてくださいね

本日は、春に鮮やかな紫色の花を咲かせる「紫蘭(しらん)」について
綴りたいと思います

今回、春に花が咲くシランをご紹介するのは、
シランの根の球茎が薬草として用いられ、
秋に、球茎を採取するようになっているからです

では、どんな使用があるのでしょうね。  ご紹介したいと思います



        シラン
        シラン posted by (C)プレティオ



【 シラン 】

科名 : ラン科 多年草

漢名 :紫蘭(シラン)

生薬名 : 根の球茎を 白及(ビャックキュウ) と呼ぶ。

自生 : 日本、台湾、中国などで自生して分布する。

生育 : 向陽の湿原、山腹や崖の上、湿った岩の上などに野生。
     観賞用に、庭などにも植えられる。
     蘭の栽培は難しいが、シランは育てやすい。

開花 : 5~6月頃に、紅紫色の6枚の花弁の花を咲かせる。

根茎 : 地下浅くにカタツムリに似た偏平の球茎が横に連なる。

ネーミング : 紅紫色の花を咲かせることから、紫蘭(シラン)と名付けられた。

 *自生地がかなり少ない地域も有り、絶滅危惧種りすとに掲載されている。
  野生株の採取は、厳に慎む必要があります。




シラン 0510
シラン 0510 posted by (C)花信風



【 民間療法 】

≪ 球茎  (白及 びゃっきゅう) ≫

採取 : 秋(9~10月頃)に地価の球茎を掘り取り
     ひげ根と茎葉をのぞいて、よく水洗いし、熱湯でゆでてから、日干し乾燥する。
     これを「白及(びゃっきゅう)」又は「白薬(はくやく)」と言う。

●服用

効能・効果 : 胃・ 腸カタル、胃潰瘍、吐血、下痢止め、 消炎、排膿  などなど

使用 : 「白及」を、煎じて服用する。


●外用

効能・効果 : 軽いやけど、あかぎれ、止血

使用法 : 白及の粉末を食用油で練り、患部に塗布する。



しらん 蕾
しらん 蕾 posted by (C)花信風



【 偽茎 (白及) の中国の性質の捉え方 】

 五味 : 苦

 寒熱 : 平


【 漢方薬 】

生薬として「白及(ビャッキュウ)」のみを用いた処方だったようです。

白及散(ビャッキュウサン) (白及のみ)

  効能 : 血を止める。(吐血、下血、喀血など)




シラン4
シラン4 posted by (C)花信風



【 動物(馬)に使用 】

実は、人間だけでなく、
馬の毒草中毒に、白及の粉末 1、甘草 4、食塩 2、を混ぜて、
水に溶かして 飲ませてきた経緯もあるようです。

自然界は、生命あるすべてに対して、
優しくもあり、厳しくもあると感じます


【 その他の使用 】

白及は、粘液質と苦味質を含むので、
薬用のほか、糊料(こりょう)としても用いられるようです。

自然界は、様々な形態で人間の生活と共にあり、
歩んできた事実を忘れないでいたいですね。
また現在も、自然界と共に歩んでいる人間であることを。。。



シラン鴨(知らんかも^^)
シラン鴨(知らんかも^^) posted by (C)プレティオ



【 経緯(プロセス) 】

様々な自然界の植物などの活躍の経緯を知るたび
自然界の神秘を感じ、それに反して複雑さもあります

現在は、庭などに植えられ観賞用となっている「シラン」ですが、
薬草としても活躍してきた経緯がある植物であることは、
殆ど知られていないと思います。
私も、知らないことが多い・・・ですが。

このように活躍してきた自然界の経緯は、今どうなっているのでしょうか
人間が自然界にどう対応しているのか・・・ その結果は・・・
環境問題や天災などを考えると、複雑な想いがわいてきます

もちろんこれは、なんでも当てはまると思います。 



シラン(1)
シラン(1) posted by (C)プレティオ



【 結果とプロセス 】

人間は、「表面」に捉われやすいようにも感じます

例えば、   得意分野で、容易に優秀な成績を得る場合と
       苦手な分野で、優秀な成績でなくと、もそれを努力して克服する場合、
      どちらが「優秀」と思いますか
      あなたは何を持って、「優秀」と捉えますか

大切なことは、
どのように、歩んできたか、歩んでいるか、のプロセスであり、
またその経緯や経験を得て、何を学び、それをどう活かし成長できているのか
という事が、「結果の真意」であると思う私です。
例え、 どんなに結果が悪く見えても、その結果で学び成長できれば、
意味ある結果となるので、結果に捉われなくなると言う事です。 

つまり結果は、常に進行形のプロセス(経緯)と共にある・・・


結果のみに捉われず、経験やプロセス(経緯)を含め
「今、どう歩み、何を学んでいるのか」を
大切にしたいと思う私がいます

我々人間は、今何を学び、今どの道を歩もうとしているのでしょうか・・・
このようなことを、考える時間がないほど、
現代、生活に追われている人間かもしれませんね

「あなたは今、どう歩み、何を学んでいますか

とても大切な時代であるように感じている私です



     竹垣のシラン
     竹垣のシラン posted by (C)花信風



皆さん、如何でしたか
     春に鮮やかな紫色の花を咲かせる 「 シラン 」さん から
                       どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   







トランサミン 漢方・薬膳・薬草・自然 東洋医学 心身共に健康 漢方.にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。