自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

漢方薬局の薬剤師で、薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴った過去のブログ内容です^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆13 『 朝顔 と 昼顔 』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   10 comments   0 trackback  

よく似た 「 朝顔 」 さん と 「 昼顔 」 さん のご紹介 
                                   【民間療法・薬草・自然界】


全国的に夏休みに入った頃でしょうか。
夏休みと言えば、小学校の一年生の頃育てた「朝顔」さんを思い出します
皆さんは、どうでしょうか 
まずは、その朝顔さんが主人公で綴りたいと思います


お疲れさま
お疲れさま posted by (C)花信風


【 日本でのアサガオ 】
観賞用になっっているアサガオさんですが、
実は最初は、遣唐使が、唐から「薬」として持ち帰ったとされています
意外では、ありませんか


それが、日本で最も発達した園芸植物となって、夏に親しまれているようです
特に江戸時代に、多種多様に変化し現在の「アサガオ」の基礎が形成されたようです。

様々な品種の、色や形のアサガオさんがあり、種を購入する時、
とても、悩んでしまうほどです

アサガオさんは、早朝にお花を咲かせ、昼にはしぼんでしまうのは残念です。
でも、アサガオさんは、しぼんでも、しぼんでも、
翌日も、また翌日も、次から次へと、お花を咲かせてくれて楽しませてくれますね
まるで、立ち直るような、元気をくれますね
ネーミングらしい、朝顔さんですね。

では、その「薬」として、持ち込まれ薬効についてご紹介したいと思います

     
ふんわり吐息
ふんわり吐息 posted by (C)ここわんこ


【 朝 顔 】
科名 : ヒルガオ科
中国植物名 : 牽牛 (けんご)
原産 : アジア原産のつる性の一年草

【 民間療法 】
≪ 種 : 牽牛子(けんごし) ≫
        種を日干し乾燥する。  黒い種子:黒牽牛子  白い種子:白牽牛子
      
     効能 : 便秘 ( 緩下剤 )  、利尿作用  など  

           乾燥された種を、粉砕にして飲む。
           漢方薬や生薬原料などに使用されている。

     注意 : 強い下剤作用があるので、容量は慎重に! むやみに服用しない事。
           特に妊婦の方は、使用注意で、必ず医師に相談をするように! 
 

≪ 葉 : 牽牛葉 ≫
       生葉を用いるか、風乾した葉を使用する。

     効能 : 皮膚外用として使用 。

           虫などに刺された時、生の葉のもみ汁をつける。
           しもやけに、風乾した葉を煮出した液で、手を温める。


煌きの妖精たちと
煌きの妖精たちと posted by (C)ここわんこ


観賞用植物でも、薬効がある植物は、意外にもあるんですよね~
時代の流れを感じる部分でもあります。

アサガオさんは 「 強い薬効作用 」 のため、使用が少なくなって
お花の可愛さや育て易さなどで、観賞用に楽しまれるようになったのかもしれませんね
学校での、理科の観察用になっているのも、面白いですね
今は、どうでしょうか

成長が分り易い、You Tubu を見つけました
成長過程や、薬用の 「 種 」 が、どんな感じだったか ・・・
忘れた方などには、良いかもしれません。  懐かしいですよ~。
ご興味のある方はどうぞ    「あさがお」の成長記録 の You Tube
  

            朝顔の季節
            朝顔の季節 posted by (C)ここわんこ


上記の写真、花火を思い出すような、綺麗なアサガオさんですね。
そう思うのは、私だけでしょうか
なんだか、蔓が上に伸びるのとは異なり、 垂れているにもアサガオさんも
風情があっていいですね~


で、続いては・・・
アサガオさんの 「 姉妹 」 のように、様相や名前も似ている
「 ヒルガオ 」さんについて 綴りたいと思います
さて、どう異なって、どう同じでしょうね~


ヒルガオ&つる
ヒルガオ&つる posted by (C)qumyah


【 昼 顔 】
科名 : ヒルガオ科

中国植物名 : 日本天剣 ( にほんてんけい ) 
          日本では、「 ハマヒルガオ 」 や 
                 「 コヒルガオ 」 も同様に使用されている。
          
生育 : 日当たりのよい野原、道端に生えるつる性の多年草。
      ハマヒルガオは、海岸の砂地に群生するつるの多年草。
      日本には、5属10種ほどが自生するそうです。      
      ( よく似ているコヒルガオは、ひと回り小さい花を咲かせる。)



開花するけれど、アサガオさんと異なって、
昼になっても花がしぼまないことから この名があるようです。
アサガオさん同様に、分り易いネーミングですね

ヒルガオさんは、アサガオさんと違って鑑賞用に栽培されることは、殆ど無く
地下茎で増え、一度増えると駆除が難しいため、
野生の雑草的な扱いをされがちです
野生の強さが伺えます。

ちなみに、ヒルガオの花言葉は「絆」。
根で組み合っているので、「絆」という花言葉になったと言う説があるそうです


ハマヒルガオ^^
ハマヒルガオ^^ posted by (C)プレティオ


【 民間療法 】
≪ 薬用部 ≫
     全草 : 開花期に全草をとって天日乾燥する。  煎じて飲む。
          中国では 「 旋花( せんか )」と言われるもの。
      
≪ 薬 効 ≫
         利尿・強壮剤・むくみの軽減・糖尿病   など
    

≪ 外 用 ≫
         生の葉を揉んで、虫刺されに直接すり込む。
         神経痛には、浴湯料にもする。

アサガオさんと、利尿作用とむくみ 生葉の虫刺され の部分は似ていますね
でもそれぞれの個性があり可愛くて、夏の暑さを癒してくれる顔達ですね 


【 様相が似ている・・・ 】
自然界には、よく似た様相の植物達が沢山ありますね
アサガオさんと、ヒルガオさんは似ている点がありましたが・・・
中には、様相はよく似ていても、正反対で毒を持っているものもあります

自然界の動物や生き物は、それを見分けることが出来るものと
出来ないものがいて、成り立っているように感じます


   
影の正体^^
影の正体^^ posted by (C)プレティオ


【 見える眼 六感?  スピリチュアルな視点 】
では、見分ける事ができる、動物や生き物達は、
一体どうやって見分けているのでしょうか

そんな事に興味を持つのは、私だけでしょうか

様相だけでは、見分け難い場合もあるように感じます
もしかしたら、敏感な 「 臭覚 」 で区別しているものかもしれません。
もしかしたら、「 五感 」 が鋭く発達したのかもしれません。
もしかしたら、五感以外の 「 六感 」 が敏感なのかもしれません。

現代では、「 オーラ(個性の光) 」 や 「 波動 (エネルギー) 」 が
測定できる機器もあるんですよね~。
例えば、人間にもあるという 「オーラー」のようなものがあり、
見分けられる動物や生き物もいるかもしれませんね。
もしかしたら、植物などが発する微細な波動を、
敏感に感じる動物や生物がいるのかもしれません。

また、赤ちゃんや幼児達は、誰もいないところを見つめて、
不思議に笑ったりしますよね
人間の視覚が、発達する前の視覚なのかもしれません。

で、見えない部分が見える世界・・・
って、言われたらあなたはどうでしょうか
心や思考など、すべてが丸見えの世界・・・

それは、ある 「 真実 」 と向き合う事になるのかもしれませんね・・・



ひるがお6人衆
ひるがお6人衆 posted by (C)qumyah


動植物や自然界は、隠し事もなく、ありのままに堂々と生きるエネルギー
であるから、癒される世界なのかもしれません・・・

 自然界の中のエネルギーは、
      ありのままに生きる事を理解している、
              また、すべてを受け入れるような純粋なエネルギー
 

 
そう、感じる私です。 

自然界のように、見えない部分も、堂々と輝いて、ありのままに生きたいなぁ~
あなたはどう思いますか




皆さん如何ですか 
            あなたは 「 アサガオ 」さんと 「 ヒロガオ 」 さん から、
                                                      どんなメッセージや、何を感じましたか


より自然を身近に感じて
                何かしら、自然や、自分と向き合うキッカケとなれば幸いです








【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。


You Tube : 共有させて頂きました。
         (貴重な資料を、ありがとうございます)

注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 


スポンサーサイト

◆『自然の摂理』 「共生・知恵」について ① (猿達 Ⅰ)  

Posted by あんく♪ on   2 comments   0 trackback  

寄生虫に対する 『お猿さん』 の知恵のご紹介


自然界の多くのお猿さん達は、無数の腸内の寄生虫に、悩まされているそうです
それは、下痢、不快感、腹痛、など健康被害を受けるからだそうです
お猿さんたちは、この対処法を発達させてきたと、言われています。
さて、どんな自然との共存・共生をしているのか・・・
今回は、お猿さんが主人公で、綴りたいと思います

         とても長くなっています。  すみません
         時間のある時などに、読んで頂ければ幸いです。
         フォトのお猿さんは、大分県の、有名な高崎山のお猿さん達です 


          親子猿(5)  
          親子猿(5) posted by (C)プレティオ


【ホエザル】
マントホエザルは、住んでいる場所によって、
感染している腸内寄生虫の量が異なるようです。
R地域のホエザルは、大量に寄生虫に感染しているが、
S森林に住んでいるホエザルは、寄生虫の感染量が少ない、そうなのです。

この二つの地域の一番大きな違いは、
なんと 「 イチジクの木 」 が 「あるか、ないか」 だったそうです
感染の多いホエザル群は、イチジクを手にいれにくいが、
感染が少ないホエザル群は、多数のイチジクの木を利用できる事がわかったのです

おサルさんは、イチジクも食べるそうです。 
イチジクは、カルシウムの豊富な植物で、大部分に霊長類とその他の動物にも
珍重されているのです

             イチジクさんの関する前回の記事です。           
                  ◆自然の「触れ合い」と「贈りもの」 (「イチジク」より) 12

で実は、南アメリカの人々は、伝統的に新鮮なイチジクの樹液を使って寄生虫の自己治療を
おこなっているのです
そうなのです。イチジクの木からでるの白い樹液は虫のタンパク質を分解するのです

よって、おサルさんが、イチジクの葉と果実を食べる事が、
寄生虫の防除に役立っているという魅力説は、捨てがたいと言う訳です


小猿(1)
小猿(1) posted by (C)プレティオ


【他のお猿さん】
また霊長類学者のカレン・ストライアー氏は、
絶滅の恐れのある 「 ウーリークモザル 」 のお猿さんについて、
寄生虫が、全くいない事を発見して 驚いて  標本採取を繰り返したそうです
そして、その地域の別のサル群にも、寄生虫が少ない事を突き止めたのです。
寄生虫が、なぜ 「 全くいない 」 もしくは、「 少ない 」 のでしょうか

で、別の公園内の 「 同じ種 」 のお猿さん達を調べたところ、
少なくとも3種の腸内寄生虫に感染していたそうです

さて、同じお猿さんなのに、この二箇所の違いは、なんなのでしょうか

調べると、寄生虫のいないほうのおサルさんがいる地域では、
中下しに使用する植物が多くあり、その植物を、お猿さんも用いる可能性が伺えたのです
その植物は、その地域に住む人々が、実際に使用している中下しなのです

お猿さんは、中下しの植物を用いているのでしょうか
その植物は、なんなのでしょうか


          親子猿(3)
          親子猿(3) posted by (C)プレティオ


【チンパンジー】
チンパンジーが、『 朝早く、食する 』 とされる  「アスピリア (キク科) 」 の植物があります。

通常お猿さんが、無造作に、葉の束を口に放り込む食べ方と違って、 
アスピリアの葉が、美味しくないことは、食べる様子から明らのようです
ある観察者が、「アスピリアの葉」を食べてみて、それは硬くてトゲトゲして・・・
とても食べれるものでないと言ってます
この「アスピリア」は、何の為に食してしるのでしょか
薬効は、あるのでしょうか

霊長類学者の西田利貞氏は、チンパンジーの行動を詳細に観察しています
その内容は、他の研究者とも、類似していたようです
その行動とは・・・
 チンパンジーは、わざわざアスピリアの葉を求めて捜しに行く、
 そして、アスピリアの葉を見つけると、
 「なめたり、味わったり、若葉をしばらく舌の上のせてみたりする」 のです。
 そして、次の葉を、また同じように試しようです。
 ようやく一枚の葉を選ぶと、 プリーツのように折りたたみ、
 2、3秒口にふくんでから、 丸呑みするのです。


これから、凄く注意深くアスピリアの葉を選んでいるのが、伺えますね
なぜなのでしょうか  薬効は、どうなのでしょうか  

 また、この行動は、乾季より雨季のほうが多い事が、未消化の糞から伺え
 更に、メスはオスより、沢山の葉を、呑み込むことが観察されています。

食べる時季や異性の体質にも関係があるようですね・・・。

で、この薬効なのですが・・・
アスピリアは、アフリカの伝統医学では、通常 「腹痛と咳の治療」 につかわれている事が、
確認され、それに、ランガム氏と西田氏は興味をもったのです
これで、植物の薬効を用いて、何らかの自己治療をおこなっている可能性があるかも
さてその証拠は・・・


緑のはぁと♪
緑のはぁと♪ posted by (C)ここわんこ


【他の葉】 1987年に、日本の研究者たちが、チンパンジーが「リッピア・プリカタ」と言う
植物を呑み込んでいるのを、観察したそうです

チンパンジーは、これらの葉に何を求めているのでしょうね
そして、同じように イチジクの仲間の葉や
ツユクサなども一緒に呑み込んでいるのを観察されたそうです

         ツユクサさんに関する過去の記事です。   
             ◆自然の「触れ合い」と「贈りもの」 (「ツユクサ」より) ⑤
 
で、呑み込む植物について調べたところ
これらの植物の薬効の間には、なんの共通点がないのがわかったそうです
薬効が、異なるのならば、なんの目的があるのでしょうか

更に、1993年、アフリカ各地のチンパンジーは、
植物19種類の葉を呑み込んでいる事がわかりましたが、
その多くは、内部寄生虫には、なんの効果もない植物だとわかりました
一体どういうことなのでしょうか

しかし、しだいに明らかになってきたのが・・・
さて、これらの葉の唯一の共通点や目的は、一体なんなのでしょうか


暮れてゆく・・・
暮れてゆく・・・ posted by (C)あお☆りょうま(少し復活中)


【知恵】
研究者のマイケル・ハフマン氏は、ある時、
呑み込まれた葉が、便と一緒に排出されたばかりのものをみて、 
目をみはったそうです

なんと、なんと 虫が何匹か、葉の表面全体にある微細な 状の剛毛にひっかかって、
「生きたまま、のたまっている」のを見たからです

そうなのです 虫は、薬効で殺されてはいなかったのですが、
便と共に未消化の葉のザラザラに、ひっかかって排出されていたのです

お分かりになりましたか 
呑みこむ植物の葉などの共通点は、「ザラザラした葉」だったのです
それも、上記しましたが、口の中でザラザラ感を確認して、 もっとも適した葉を
注意深く葉を選んでいる凄さです

これは彼が見た、『 植物を呑んで 「物質的」 に駆除した最初の例 』 であったのです
後に、この駆除法を、『 マジックテープ効果 』 として知られるようになったそうです


このマジック効果は、チンパンジーに多いとされる 「腸結節虫」 に特に効くそうです
この寄生虫は、植物などを求めて、大腸の中を自由に動きまわっており、
腸壁に永久にくっつく事がないから、葉に引っかかり易いと言う訳です

ざらざらの葉は、空服痔に呑み込みこまれると、
腸壁についていない虫を引っ掛けたうえ、下痢をうながし、
腸の働きを早くして、虫とその毒素を体外に流しだす役目をするようです。
なので、朝一で食するおサルさんがいるのも、理由があるのですね

また、中には、適合する薬効もある植物もあるようですが・・・
すべての共通点は、「ザラザラの葉」だった事実です

また、食する時季やメスが多く食べるのも、
寄生虫が多く発生する時季や、メスの体質になるものだったようですね。

つるつる葉を持つ木が多い森で、ザラザラはを探すのは、容易な事ではないようです



          小猿(3)
          小猿(3) posted by (C)プレティオ 


【まとめ】
このことが明らかになるまで、色んな研究者達が、観察してきたが
長い年月を得て、やっと明らかになったようです

駆虫的目的を持って、薬効のある葉を食べる動物は多いのですが・・・
このお猿さんの習慣は、 まさに 自然との共生の知恵ですね
今回は、直接的な植物の薬効を用いたものではありませんでした。
でもこれも、すばらしい自然療法のひとつですね

伝統医学の薬草医は、かこ数千年間、
駆虫法として「下剤と嘔吐剤」をつかっているそうです。
それは有毒な駆虫薬を使用するより、安全であることがわかっているからです。
なぜなら、駆虫薬には、腸の寄生虫を殺す毒性が必要でありながら、
腸に必要な宿主に対して、傷つける程強くないと言う、
微妙なバランスの薬効が要求されるからです。

お猿さんは、まるで、より安全な方法を心得ているように感じます
この方法ならば、メスの妊娠中にも、安全に寄生虫を腸から排泄させれますね


一方、現代薬の、寄生虫や菌類などの駆除剤や抗生剤の化学薬品
次第に化学薬品に抵抗性をもつようになってきたました
現在まで良いように見えた治療法も、
壁にぶつかり始めている人間なのかもしれませんね。

畜産では、このようなお猿さんの知恵の、物理的な治療法は
寄生中駆除にとりわけ有用かもしれないとも、 いわれているようです



きらきらの映り込み
きらきらの映り込み posted by (C)ここわんこ


【 責任 と 現実的なスピリチュアルの視点 】
これらは、人間に対する、大きなメッセージであると感じます
身近なものによる、「知恵」を用いた、自然共生。

人間は、本来知恵のある存在ですが・・・
でも、環境を破壊している実態や、病気などが増えている状態などは、
本当に 「 賢い 」と言えるのでしょうか・・・

「 賢い 知恵」 とは、未来もみつめて、
人間にも、動物にも、新たな命にも、自然界にも、地球にも
すべてにおいて安全で優しいと、
「 責任持って、思考して行動が出来る 」 存在では、ないでしょうか

  我々人間に、『 未来に向けた 責任ある行動 』 を、
                  各自に問われているように感じます


あなたは、どう思いますか
あなたの 「 未来に向けた、自己責任 」 は、
通常の個人的な日常生活の中にも、沢山あるように感じます。

  『 責任 』 には、
                 総体的様々な「 思考 」 や 「 先見の目」 などが求められ
          「 苦しい事 ・ 手間や時間が必要 ・ 楽で無い事 」 などが存在する

 そして、その責任を果たした部分は、 
         なんらかの形で、その責任の喜びなどを味わえるように思えます
 また責任を果たせない部分は、
         手を抜いた分や楽した分など、後が大変なのだと感じます


あなたの  「 自己責任 」 は、どうでしょうか



          小猿(2)
          小猿(2) posted by (C)プレティオ



皆さん如何ですか
あなたは 「 お猿さん 」 から、どんなメッセージや、何を感じましたか


より自然を身近に感じて
何かしら、自然や、自分と向き合うキッカケとなれば幸いです








【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。


You Tube : 共有させて頂きました。
         (貴重な資料を、ありがとうございます)


注意  :  あくまでも、民間や伝統療法としてのご紹介さをせて頂いています。
       ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 










◆12 『イチジク』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   4 comments   0 trackback  

隠れたお花の 『 イチジク 』 さんのご紹介
                     【民間療法・薬草・スピリチュアル】


子供の頃、おとなりさんの家 に、イチジクさんの古い木がありました
小学生の頃、その木の下を通って、通学していました
で、毛虫さんが発生する時期は、
前に記したように毛虫さんが大の苦手な私には
そのイチジクさんの木の下を通るのは、
子供ながらに「戦い」でした。(苦笑) 
ので、よく覚えている私でした(笑)  

スーパでも イチジクさん が並んでいるのを、観るような時期になりましたね。
私の子供の頃は、買って食べると言うイメージは、少なかったように感じます
そのイチジクさんが、今回主人公で、綴りたいと思います


イチジク 無花果
イチジク 無花果 posted by (C)花信風


【イチジク】
科名 : クワ科 、イチジク属
中国植物名 : 無花果 (むかか)
株 : 本来、雌雄異株ですが、日本には雌木しかないそうです。
果実 : 6~7月頃熟した果実を夏果、秋に成熟したものを秋果と呼ばれています。
生育 : 排水の良い温かい場所を好む、落葉高木。
                  挿し木で、容易に増やすことができます。
 

【ネーミング】
イチジクさんは、原産は、アラビア半島南部の原産といわれています。
日本には、江戸時代ごろ中国より伝わったようです。
中国では、「 インジェークオ 」 という呼び名が音訳され、
「 映日香 (えいじつか) 」 と呼ばれ、
日本では、それが、転訛して、和名が生まれたと言われています
また、一ヶ月で実が、熟すから  「一熟 (いちじく )」 という説もあるようです。

その後、中国では、花が咲かないから又は、花がなくて果実がなるように観えるから
「 無花果 (むかか )」 の漢名が生まれて、現代では、
「 映日果 」 は古名となっているようです。
お花は、普通「 果実 」 と呼ばれているものの中にあり、
花嚢の中に無数の白色の小花があります。
で、現代日本では、「 無花果 」 をイチジクと読むようになってます


【シンイチジク】
現代は、明治頃に渡来した「シンイチジク」という小さな可愛いイチジクのほうが
野山などには多いようです。
とても小さく可愛いシンイチジクさんですよ。 親指サイズかなぁ・・・


イチジク
イチジク posted by (C)花信風


で恒例の薬効です
どんなものでしょうね~


【民間療法】
≪ 果実  無花果 (むかか) ≫  
    効能 :  咳、喉の痛み、便秘、痔(いぼ痔・切れ痔・脱肛)、
                                 消化、鼻血、吐血

   *初夏から秋に採取して天日乾燥する。

≪ 葉  無花果葉 (むかかよう) ≫
    外用の効能 :  高血圧 痔 (外用)

   *初夏から秋に採取して天日乾燥する。
      
    乾燥葉  1~2握りほど、浴剤として使用すると、身体が温まり痔に良い。
          高血圧や心臓病のかたは、ぬるまよに入れて入ると
                                   湯冷めし難いのでよい。
    生葉   いぼ時には、枝や葉から出る白い液を回数多くなるとよい。
          皮膚過敏症の方は、皮膚炎症を起こすことがあるので注意。
         

で、 注目の薬効ですが、
そういえば・・・ イチジクのお尻の目は、肛門のようでもありますよね~
目が割れる様子は、切れ痔かしら・・・
これも姿からのメッセージかもしれませんね

今度から、食べずらくなったらすみません

それと、白い液が出る事ご存知でしたか イチジク狩りなどすれば、分りますよ


 P1010125_convert_20110718210543.jpg   P1010126_convert_20110718210645.jpg   P1010127_convert_20110718210715.jpg

 左 : イチジクの乾燥果実
 中 : イチジクの乾燥葉と枝  (写真の色が悪く、すみません)
 右 : イチジクの生の果実酒 


【食】
イチジクの果実は、生で食べても美味しいですが、
『 赤ワイン煮 』 も美味しいですよ~
昨年、お客様から青果実を頂き、赤ワイン煮の作り方を教えて頂きました
とても美味しく好評でした。  この私でも簡単に作れましたよ~
アルコールがダメな私も、美味しくいただけました
赤ワインの煮汁も、とても綺麗なピンクで、ソースとして使用もできます
アイスやヨーグルトなどの相性もよく、お勧めです
ちょうど とても分り易い、作り方のYou Tubeを見つけましたので、
ご興味のある方は、どうぞ       イチジクの赤ワイン煮の作り方

ところで、
で、 イチジクの葉と言えば・・・


          聖なる光の向こうに
       聖なる光の向こうに posted by (C)あお☆りょうま(少し復活中)


【聖書にも登場】
皆さん、「アダムとイブ」のお話は、有名なので、なんとかんくご存知だと思います。
約6000年前の、旧約聖書の創世記の一部です。

裸の姿 だったアダムとイブでしたが、イブが蛇にそそのかされて、
善悪を知る木の実を 食べてしまい、裸が「恥かしい」と感じ、 
隠すのに用いたのが「イチジクの葉」。
また、新約聖書では、イエス様がある教えを、イチジクの木に譬えて
お弟子さんに伝えた内容もあるんですよ~。 
それだけ、昔から身近にあった植物さんだった事が伺えますね~

下記の You Tube は、旧約聖書の創世記の初頭の一部です
とてもよく出来ていているなぁと思ったので、掲載させて頂きました。
少し長いですが、あっと言う間に感じますよ(多分)。 
ご興味のあるお方は、どうぞ





とても深い譬えの表現で残されている、メッセージであると感じる私でした。
奥に隠されている真実に興味がある、おかしな私です

で、宗教に触れたので、スピリチュアルな部分を少し・
・・

【スピリチュアルの視点】
世の中には、様々な宗教がありますね~
三大宗教と言われているのが、「 仏教・キリスト教・イスラム教 」です。
でも、世界では、残念ながら宗教で・・・ 争い事がある事実です
宗教は、どれも人間が作ったもの・・・ 異なって当然なんですよね~。
また、長い年月で変化している部分もあり、派もあるのだと思いますし・・・。


私は、宗教に興味は無かったのですが、スピの扉が開いて
少し宗教についてふれました
それは、様々な宗教の中に、意外にも 「 共通点 」 がある事実です
なのに、違う部分に視点をおき、
「 信仰する宗教の方を主張し合って 」 争っているんですよね~。
同じ共通点を分かち合えれば、いいのになぁって感じる私でした。


意外にも、信仰する宗教があるお方は、自分の宗教しか知らない事実があり
また多いようにも感じます。  「 宗教の自由 」 があるのに・・・ 素朴な疑問です
もし、他の様々な宗教にも触れれば、何か新たな気付きがあるかも・・・
また、興味がないお方も同じかも・・・ って感じている私です。

宗教を知らないお方も、信仰する宗教があるお方も、様々な宗教に触れてみると
意外に、面白かったり、意外な気づきがあるかもです
なぜなら、少~しだけ触れただけの私が、「なるほど」って感じだったので



青き輝き放たれて
青き輝き放たれて posted by (C)ここわんこ


これらは、意外に宗教だけでなく、様々な事に当てはまるかもしれません
自分が知っている世界だけで、様々の事を鵜呑みにしてしまい、
他の事を受け入れられず、知れるチャンスを 失っているかもです
『 様々な 「 可能性 」 があり 』 で、
様々な事を模索しながら捉え考えて生きていくと、
「 拘り 」 や 「 判断 」 などに縛られず、
もっと自由に生きやすいように感じる私です。
「 かもしれない・・・ね~ 」 や 「 そうかな どうかな」 の
疑問符的な捉え方が 自分の、心のゆとりや広がりに繋がるかもしれません。
決め付けや、自分が正しい!・・・などの判断などが強いと・・・ 
それで苦しむのは、 意外にも本人であり、それになかなか気付かない・・・ 
と感じるからです。
自分で気付く事は難しいですが、冷静に自分を見つめる時間も大切と感じます 
あなたの中に、強い決め付けなどありませんか
あなたは、どう思いますか



赤い女神
赤い女神 posted by (C)あお☆りょうま(少し復活中)


皆さん如何ですか
       あなたは、長い歳月の間、親しまれてきた 「 イチジク 」 さんから、
                                                   何を感じましたか


より自然を身近に感じて 
                   何かしら、自然と自分と向き合うキッカケとなれば幸いです







【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。


You Tube : 共有させて頂きました。
         (貴重な資料を、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 


◆11 『ネムノキ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   10 comments   0 trackback  

眠たそうなネーミングの 『 ネムノキ 』さんのご紹介 
             【民間療法・薬草・伝承(健康)茶】


皆さん、ネムノキさんをご存知ですか
ちょうど今の時季(初夏~)、咲いている頃ですが・・・
私は、可愛い、ピンクのお花が大好きです
今回は、この「ネムノキ」さんが主人公で 綴りたいと思います
下の写真が、そのお花さんですよ~
ご存知ですか


RIMG2982
RIMG2982 posted by (C)花信風


【ネムノキ】
中国植物名 : 合歓(ゴウカン)
分類 : マメ科ネムノキ科
分布 : 日本、中国、南アジアの暖地から熱帯に分布する。
開花時期 : 六月~八月頃

熱帯に、150種ほどが分布するそうですが、
温帯で広く栽培され、一部で野生化していようです
また、ネムノキは飛び抜けて、耐寒性が強く高緯度まで分布するそうです

また、英名では、シルクフラワーやシルクツリーと呼ばれているようです。
シルクの様な、可愛いお花を咲かせるからでしょうね


花火のように
花火のように posted by (C)ここわんこ


【お花】
上記の写真は、お花がしおれている様に見えますが、
実は、蕾からお花が、開花して、花びらの毛が伸びようとしている過程です。
特に、左側のお花で、それが確認できると思います。
縮れているのがわかりますよね
それが伸びて、一本一本、ピンとなるんですね~  


お花は、10~20個、頭状に集まって咲き、両性化です。
実は、このネムノキさんのお花さんは、珍しく日没前に開花するんですよ
桃の実に似た甘い香りがするそうです。  実際に嗅いだ事がない私です。
いつか近くで、香りを楽しみたいなぁ・・・
お花さんと葉っぱさんのコンビを見たいお方は、夕方がベストですね


金立公園に咲く花々
金立公園に咲く花々 posted by (C)プレティオ


【香り】
花は、なぜ夕方から咲くのかといえば、
夜に、花を目立たせる必要があるからだと言われています
それは、夜にアゲハチョウさんや、蜂さん、主にスズメガという蛾達を呼び寄せ、
花粉を運んでもらう為だとか・・・
夜でもよく目立つ淡い色の花びらや、
「強くて甘~い芳香」に、
昆虫達が誘われて近づいてくると言われているんですね
本来受粉(受精)は、風媒だそうですが
風受粉だけでなく、昆虫達も活躍しているようですね

実は、意外にも・・・
お香の剤料として全国的に使用されていたそうです


【種】
秋に、マメ科らしい、えんどう豆の莢に似た楕円形をした実を付けます。
その中に、10~15個の種が入っています。
種子は、風散だそうです


ねむの葉
ねむの葉 posted by (C)花信風


【ネーミング】
ネムノキの名は、実は・・・
相対する小葉が、合わさる 「睡眠運動」をすることによるんですよ
夜または酷暑になると、葉は垂れ下がり、向かいあう小葉を閉じるように寄り添い、
眠っているように見える事から、このネーミングが付いているですよ~
簡単に言えば、夜は 「オジギソウ」のような感じになるんです
よく観ると、オジキソウの葉に、似ているでしょ
また、この様子から中国では、
「ネムノキ」を「合歓(合歓木)」(ねむ・ねぶ)と呼ぶようです。
眠そうなネーミングは、実際に寝ているように見えるからでした

マメ科植物には、「就寝特性」を持つものは他にもあるそうですが、
このネムノキは、ネーミングと可愛い綺麗な花から、
昔から親しまれきた木のようです。
万葉集などにも、夏の季語として詠われているようです

また、上記しましたが、
夜、葉は合掌して眠りに入り、葉と交代するように、
夕方から花が咲くんですよね~
交代制なんですね~。
昼間は、日光で、葉っぱさんが、光合成をじっく行い成長して、
は 、月光で、お花さんが、ひそかに可憐に咲き、
夜は、葉が閉じているので、夜でもお花が目立つ事ができ、
その上昆虫なども呼び寄せる・・・
「太陽と月」の光を上手く取り入れた、植物さんのようですね
また、お花の蜜を必要とする、夜でも行動する昆虫や夜行性の昆虫達にも有り難く、
互いの共生となりますね

自然を上手く取り入れる植物達の知恵
人間も上手く取り入れ、共生できる事を伝えているのかもしれませんね



緑の窓辺
緑の窓辺 posted by (C)ここわんこ


【円満】
このネムノキは、中国では・・・
夫婦円満の象徴とされおり、家内平和の象徴として知られているんですよ~
「合歓」とは男女が共寝すること、喜びを共にすることを表す言葉だそうです。
中国では、2枚の小葉が合わさり歓ぶとされたので
「一家和合」、「夫婦和合」の象徴として
植えられる習慣があるそうですよ

祝福の素敵な贈り物になるかもしれませんね~
ネムノキは、窒素の少ない立地や荒れ地での生育が可能で、
落葉の窒素濃度が高いため、微生物による分解が促進され、
土壌も良くなるそうです
但し、一度根付くと、植え替えが難しいらしいです
記念樹として、長い眼で植える方が良いかもですね~


RIMG2977
RIMG2977 posted by (C)花信風


【民間療法】
いつもの効能なんですが・・・あります
どんな効能でしょうね~


≪ 薬用部 ≫   
  〔 樹皮 : 合歓皮 〕  
  〔 花 : 合歓花 〕  〔 蕾 : 合歓花 又は 合歓米 〕
   *どれも、夏から秋に採取して、天日乾燥する。

≪ 各 薬 効 ≫ (同じ)
  不眠、不安、鎮静、鎮痛、健胃、利尿、強壮、駆虫    などなど

≪ 外 用 ≫
  打ち身、骨折、腫れ物、関節リウマチ  など
    *樹皮の煎汁で患部を洗ったり、湿布、浴剤として使用される。

気づきましたか
ネーミングのように 不眠にいいですよ~
(車の運転、危険な作業などの前はご注意を

薬草取りで学んだ事に、姿、形、性格、個性・・・ などが
そのままが薬効になっているものがあり、
自然界の優しさと面白さを感じた私でした
これも、自然の摂理であり、メッセージなんだと感じます


イライラして寝れない方・・・ 寝る前に、自然の力を感謝して頂いてみては
でも、ストレスが多い方は、ストレスと向き合う事が大切かもしれませんね~
ストレスは、気の流れを滞らせ、病気のなどの原因にも・・・
特に東洋では、大切にされている部分です



    P1010124_convert_20110715064024.jpg   P1010123_convert_20110715063943.jpg
    
    左 : ネムノキのお茶です。 薄い淡い黄色です。
        樹皮の想像とは異なり、飲みやすくまろやかですよ。       
    右 : ネムノキの樹皮です。 
 


お店のお客さんで・・・
「 私は、ストレスないんですよ~ 」 と、お話なさる方がたまにいます。
が、話していると・・・ 本人も気付いていないストレスがあり、驚かれます
意外に、自分で自分の事がわかっていない方も多いようです
自己管理には、まず自分を知る事が大切と感じています

私は、ストレスがない方は、この世にいないのでは・・・ と感じています
おそらく、大なり小なり、何かしらあると・・・  人間ですもの。
赤ちゃんでさえ、泣かないとミルクが貰えない時があるのですから・・・
誰しもが、この世で何かしらのストレス(苦痛の感情)も
持って生きていると思います
でも、その分の喜びや楽しみもあるのだと・・・



RIMG2985
RIMG2985 posted by (C)花信風


皆さんは、どう思いますか
また、あなたの 「 ストレス 」 はなんでしょうか・・・
自分のストレスと向き合う事は、自分の個性を知れる事に繋がると感じます
そして、諦めたり、我慢したりでなく、
何かしら改善したり克服するなどで、上手く向き合う事ができれば、
病気などを軽減できるかもしれません
もしかしたら、自分が病気で苦しむ前の、大切な予防になるかもしれません。
そしてこれぞ、自己治療の、より自然な療法であるとも感じます。 
また、それにより、成長できる自分がいるかもしれません
なぜなら、経験した私なので・・・ 
上手く向き合う事は、とても難しく大変だと思いますが・・・
とても、大切だと感じています。 
で、それは本人しかできない事だと思います。 あなたにしか・・・ 



          ねむの木
          ねむの木 posted by (C)プレティオ


野生化したネムノキさんは、田舎で車で走っていると、  
山際に、ピンクの「ふわふわ」したお花が咲いているので、目立ち直ぐにわかりますよ~
見たことあっても、知らなかった・・・ なんていうお方もいるかもですね~。
知って頂くだけでも、ネムノキさん、喜ぶと思います
人間と、同じだと思うので・・・



皆さん如何ですか
あなたは、ネーミングらしい、ネムノキさんから何を感じましたか


より自然を身近に感じて
何かしら、自然と自分と向き合うキッカケとなれば幸いです







【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。



注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 


◆10 『 桑 と 蚕 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   6 comments   0 trackback  

『桑の木』 さんと それを食べる 『蚕』 さんのご紹介
               
【民間療法・薬草・伝承(健康)茶・スピリチュアル】

皆さん、「 クワバラ、クワバラ 」 って聞いたことはあると思います
実は、嫌な事を避けるときに唱える、昔からのおまじないのひとつです
このおまじないは、「桑原」 地方名 又は 「 桑畑 」 からきており
そこには、雷(怒り)が落ちないと言う、言い伝えがあるようです。
ご存知でしたか
今回の主人公は、その 「桑」 さんと、それを食べる 「蚕」 さんです


桑の実5
 
桑の実5 posted by (C)qumyah


正直私は、「桑」の存在は、知っていましたが、薬草に興味を持つまで、
桑さんが どのような木で、どのような実がなるのか知りませんでした
子供の頃に触れることがなかったように感じます
そして、こんな可愛い実がなる事をしりました
紫黒色が、熟しており甘みがあり、おいしいですよ~

桑と言えば・・・ 皆さんご存知のように、「蚕」さんです。
蚕さんは、この 「 桑の葉 」 が大好きですね
桑の葉は、品種によって葉の形が異なったりします


実は、子供の頃から私は毛虫さん類が苦手で・・・
特に、毛のない毛虫さんが、と~~~っても苦手で、泣いていました
でも毛虫さんから、あの軽やかな繊細な蝶さんが誕生する事を知って
不思議な感覚の私でした
どちらかと言うと・・・ 子供の頃から、男の子が好む
カブトムシさん クワガタさん トンボさんなどの昆虫が好きな私かもです(笑)

ある日、子供の頃、どなたかに「繭」をもらって、
不思議な形と肌触りに興味を持って、大切にしてました
が、それが毛虫さんが作って、蛾になると聞いて、慌てて・・・ 
子供部屋の窓から、投げてしまった事を覚えています
罪悪感がありながらも・・・ どうしてもダメなのですよね・・・
皆さんも、苦手なものって何かないですか


桑の実2
桑の実2 posted by (C)qumyah


【スピリチュアルな部分】
この部分は、信じる方やご興味のある方はどうそ

実は、毛虫がさんが嫌いな理由が、前世に絡んでいた事がわかりました
前世の記憶を思い出した私です。  1200~1300年ほど前でしょうか・・・
私には、自分でも誇りに思っていた本職があったのですが・・・ 
信頼していた人たちに、私は騙されて、別の仕事をさせられることになったのです
別の仕事が、蚕さんを育て管理して、絹を採取することだったのです。
昔は、蚕さんはとても大切にされていたようで・・・(神的な・・・)
でも、私は信じていた人達から、騙された上に、大切なものも奪われたショックで
悲しさや虚しさで、苦痛だったようです
その苦痛の中、感情を封印して、蚕さんなどの業務をしていたようです

そうです。蚕さんをみると
そのショックの悲しみや虚しさなどのた苦痛などを思い出すようなのです
何の臭いかわかりませんが・・・ その時の、独特な臭いもだめだった記憶まであります

人間の苦痛な感情が、「蚕」さんに閉じ込められるようです
今生でも、前世でも、クリアになってない事や、習慣や、場所や、食べ物  などなど・・・
苦手なものには、何かしら、そのような要因がある可能性が高いかもです。
現代では、トラウマとも表現できるかもしれません。

魂は、学びの終えてない苦しみなどの感情は、
どうやら克服するまで覚えているのですよね・・・


今の私は昔より、毛虫さんに対して、苦手な感情は随分よくはなりましたが、
大きな傷だったようで、なかなか克服に時間が必要なようです
でも、それに気付いた時、なんとも言えない感情がでてきて、複雑な気持ちの反面、
毛虫さんに対する罪悪感が薄れ、少し楽になりました

あなたの、「苦手」なものや事柄などには
もしかして、前世の何らかの要因が眠っているかもしれません
今生の過去、子供の時の封印した感情をなども、もしかして関係があるかもしれません
あなたが、苦手なものに向き合う事は、心と魂に眠っている傷を
癒す事に繋がるかもしれません・・・
 


桑の実1
桑の実1 posted by (C)qumyah


【名前の由来】
中国の古書には、蚕が葉を食べる神木ゆえに「桑」としたと解説されているとか。
漢名の「桑」とともに蚕は渡来したと言われ、
蚕の 「食う葉」 が転かして和名が生まれたそうです
唐から渡来したため、正名は 「トウグワ」 だそうです。


【桑】
科名 : クワ科   
中国植物名 : 桑(そう) 
                 葉  〔桑葉:そうよう〕    果穂 〔桑椹:そうじん〕 
                根皮 〔桑白皮:そうはくひ〕  枝  〔桑枝:そうし〕
ハーブの名 : マルベリー  (西洋でも使用されているんですよ)
株 : 雌雄異株が普通
花 : 四月ごろ
実 : 六月ごろ

中国北部や朝鮮半島などに部分する落葉高木で
養蚕のために、広く栽培され桑は、「低木」に作られているようです。
日本で野生するのは、ヤマグワだそうです。
お花さんは少し地味で、下向きに垂れた目立たない、気付き難いお花を咲かせますよ


桑の実6
桑の実6 posted by (C)qumyah


前にも紹介しましたが、生薬や民間療法としても使用されいます

【薬草木】

≪ 葉 桑葉 ≫     六月頃 (秋と書いている本もある) に採取して、天日乾燥する
              葉は、「てんぷら」などで食用もできる

              疲労回復、滋養保護、貧血症の増血、風邪、咳、高血圧、めまい など


≪ 実 桑椹 ≫    六月頃に採取し、天日乾燥する
                      また、ホワイトリカーに漬け込む これを 「桑酒: 桑じん酒」と言う。
                      ヨーロッパでは、食用として栽培されているそうです

                 滋養強壮、腎機能改善、腰痛、不眠、かすみ眼、便秘  など


≪ 枝 桑枝 ≫    初夏に天日乾燥する

               関節痛、神経痛、むくみ、 など


≪ 根皮 桑白皮 ≫  秋から冬 (六月~七月という本もある) に根を取って皮をはぎ、
                外皮を除いて、白い部分だけ天日乾燥する
                現在でも漢方薬の 「五虎湯」などに配合され使用されている。

                高血圧、咳、喘息、むくみ、消炎、利尿、補血強壮 など


などなどです
部位によっても様々で、使用法が異なる事が「桑」の木さんより、良くわかると思います。
また、薬草の本によっても、マチマチの効能や内容が書かれています。
地方によっても異なったり、使用法も幅が広い「桑」さんのようです


    P1010122_convert_20110710232545.jpg      P1010121_convert_20110710232500.jpg

    左が 桑茶の色です。 とても飲み易く、後味にほのかな甘味が感じられます。
    右が 桑の葉の茶葉です

    P1010120_convert_20110710232430.jpg      P1010119_convert_20110710232321.jpg

    左が、 桑の実のホワイトリカーに漬け込んだ 「 桑椹酒 」 です
    右が、 葉と茎をホワイトリカーに漬け込んだものです。


【蚕】
実は、なんとなんと・・・・ 蚕さんも 「生薬」 なんですよ

≪ 白彊蚕 (ビャッキョウサン) ≫
     白彊菌(カイコの幼虫に寄生するキノコの一種)の感染で
     なんと、死んだカイコの幼虫を用いたものです
     感染させて死なせた、蚕さんなんですよね・・・
     誰がこれを用いる事を考えたのか・・・ さすが奥が深い未知の漢方薬です

     効果 : 解熱・鎮痙作用などがあり、小児熱性病によるひきつけ・喘息・
           顔面神経麻痺・破傷風 など

≪ 蚕砂(さんしゃ) ≫
     なんと、なんと・・・ カイコガ科のカイコの幼虫の糞の乾燥したものです
     特に秋蚕(晩蚕)の糞が重用されてため 「晩蚕沙」ともいわれそうです。
     カイコの糞は薬用だけでなく、栄養価が高いので家畜の飼料や
     化粧品、塗料、なんと鉛筆の芯など、様々な形で応用されているそうですよ

     効能 : 四肢の関節の痛み、麻痺、腹痛、下痢、乳房種 など

私が薬局の許可を得て最初に販売したのが、なんと 「白彊蚕」の生薬でした
蚕が苦手ながらも、お仕事なので ご希望通り、丁寧に粉砕にしてお渡ししました。


後で気づいたのですが、この作業は、前世を思い出すような出来事でした・・・
私や友人には他にも、前世に似た経験が色々あるんですよ~
意識的な記憶がなくても、魂はちゃんと覚えており、
同じ事を繰り返して、癒したり学んだりしているようです
これは、学びが終えるまで、何度も繰り返す・・・ 
勉強や技術などにも言える事だと思います
あなたは、どう思いますか



蚕さんと言えば・・・ 「絹」ですね~。
下の You Tube は 蚕さんが繭を作る様子です。 




実際にみると、蚕さんがとても地道に、時間をかけて繭を作っている様子がわかります
これを人は、高級品として使用しているのですね~。
「大切にする」とは、高級だからなどではなく、
もっと感謝が必要だと言う事ではないでしょうか

私自身、綴りながら 意識が低い自分を実感する部分です・・・



【絹】
実は、桑の木さんと触れて知ったのですが、
桑の木の、葉や枝を切ると、白い液が出てくるんですよ
そして、真っ白い小さな虫さんがついていたり・・・ 
まさに、美しい「白」と深い関係があるのですよ~
絹の糸は、蚕さんが、この桑の成分を摂取することから、
「蚕さんの体の中で生産される事」 を実感した私でした
経験でしか知れない、実感する学びでした
蚕さんの代謝と、桑の木さんの成分により誕生している 「絹」 なんですよね~


「絹」は、高級品ですが、絹の成分も、肌を綺麗にすると言う事で、
石鹸などにも使用されています。


下の You Tube は蚕さんから 繭の絹部分を分ける作業です




また、蚕さんが苦手で、絹は大丈夫の私自身・・・ 
そんな自分の矛盾に違和感があります
あなたには、そんな矛盾はありませんか
例えば、動物虐待はかわいそうといいながら、肉を食べたり・・・

ここでも、色々と考えさせられます。
本当に、絹がそんなに必要な時代なのか・・・  
気付かない自分の中の矛盾・・・


今回、蚕さんが苦手な私が  蚕さんの You  Tube 探しましたが・・・
自分の魂を癒す、また苦手なものを克服する、作業でもあったように感じています



皆さん如何ですか
あなたは、桑の木さんや蚕さんから、何を感じましたか


より自然を身近に感じて
何かしら、自然と自分と向き合うキッカケとなれば幸いです







【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。

You Tube : 共有させて頂きました。
        (貴重な資料を、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 
 










◆七夕 青く輝く地球の希望

Posted by あんく♪ on   9 comments   0 trackback  

『 希望 』


7月7日は、七夕ですね~
宇宙の天の川で、彦星様と織姫様が年に一度の再会の日・・・
あなたは、どんな願いを星に届けたいですか

そんな、七夕に  スピリチュアルな視点を持って
いつもと異なり、想いを綴りたいと思います



せせらぎを聞きながら
せせらぎを聞きながら posted by (C)ここわんこ



地球から、空を見上げる七夕

逆に、宇宙から地球はどう観えるのだろう

地球は青い

なぜ「青い」のだろう・・・




青き輝きに満ちて
青き輝きに満ちて posted by (C)ここわんこ



その地球の我々は

宇宙から見たら、星のように輝いて見えるのかもしれない


その輝きは、個性により、様々で、まるで逆宇宙

あなたは、どんな輝きを放ち、輝いているのだろう



星の広場
星の広場 posted by (C)ここわんこ



箱の中に希望が残されたと言う 『 パンドラの箱 』 ・・・

この地球は、「パンドラの箱」であり

我々一人ひとりは、その「希望」かもしれない


一人ひとりが、輝く希望の星


この地球で与えられた生命



青い惑星
青い惑星 posted by (C)ゆずか



あなたの星は、あなた次第 

あなたの責任で、どう輝いても自由なんだよ・・・

この青い惑星で

それが「希望」かもしれない



By あんく♪



         青い揺らめき
         青い揺らめき posted by (C)ここわんこ




【パンドラの箱の神話】
  ゼウスがパンドラに持たせた、あらゆる災いの詰まった箱(本来は壺)。
  彼女が、地上に着いたとき好奇心から、その箱を開けたところ、
  すべての災いが地上に飛び出した。
  急いでふたをしたので、その箱に、希望だけが残ったという。

  詳しく知りたい方はこちらをどうぞ     
      ◆パンドラの箱について


【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。






◆9 『天然の甘味』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   6 comments   0 trackback  

『天然の甘味を持つ植物達』のご紹介  
                                【民間療法・薬草・医食同源】


今回は、前回の紫陽花さんの仲間の「甘茶」に引き続いて、
「甘いお茶」が主人公です
様々な、天然の「甘味のお茶」について綴りたいと思います。    
ダイエットに興味がある方は、参考になるかもしれません

甘いと言えば・・・ デザート
私は、デザートは好きですが・・・ あまり沢山食べれないタイプです。
どちらかというと、果物などを好んで食べます
それでも、洋菓子系のデザートを食べたくなる時もあります
皆さんは、如何でしょうか


      諢帙・謇祇111_02_convert_20110704165710


甘いものを食べたいとき、人間は疲れから「糖分」を欲しているときがあります。
通常は、何らかの形で、甘い糖分を補えば改善される部分だと思いますが・・・
現代では、「デザート」になっているように思いませんか
これは、ストレスや現代の習慣性からだと感じます
人間の本来の本能が、ストレスなどから薄れて
「頭」で行動になっている部分なのかもしれません



【甜茶(テンチャ)】

皆さんアレルギーに良いとされ有名な、中国のテンチャ(甜茶)をご存知ですか
当店でも「テンチャ(甜茶)」は、とても人気があります
何故なら、甘くて飲みやすいからです。お子さんにも、人気なお茶です
実は、「テンチャ(甜茶)」とは、中国では、甘いお茶の総称です。
よって、中国では一般的に、甘いお茶を、通常「テンチャ」と呼んでいる事になります


        P1010115_convert_20110704134603.jpg      P1010114_convert_20110704134455.jpg
     ( テンチャのお茶の色 )      ( 当店のテンチャの茶葉 )


で、日本で使用されている「テンチャ」とは、バラ科の
生薬名は、「葉懸鈎子(テンヨウケンコウシ) 」です。
これが、花粉症やアレルギーの症状によいと、されているのです

砂糖の甘みの300倍以上の甘みがあると言われ、
その糖分は、人の体内では消化吸収されにくいので、
糖尿病患者や肥満症患者の甘味料として有効に作用すると言うわけです

バラ科と言っても、通常の西洋のバラのようでなく
日本のキイチゴに似た白色5弁花を、下向きにつけます。
中国南部広西省チワン族自治区の山地に自生しているそうです。

アレルギーやアトピーのある方は、砂糖などの甘いものは、よくないと言われています
そんな方が、甘いものを欲しているときなど、このようなお茶で甘味を補えると思います。
一石二鳥ですね
当店では、甘いお茶を希望されるお方には、この「テンチャ」を用いて
紅茶やハーブとブレンドしています
とても人気がありますよ~


砂糖きび畑の風景
砂糖きび畑の風景 posted by (C)よしぼー


【他の天然甘味 (矯味:きょうみ)】
ステビア(葉)   パラグアイ原産 キク科の多年草。 
           抗酸化・殺菌・抗ウイルス・抗糖尿病予防・・など 

ラカンカ(羅漢果)  中国南部広西省原産 ウリ科の多年草木。 
             なんと、「テンチャ」と同じ地方でのみ自生して栽培され、
             『 神実 』 と言われています。
             アレルギー体質改善・糖尿病予防・抗酸化・・・   など

カンゾウ(甘草の根)  シベリア南部や中国西部原産 マメ科の多年草。 
               生薬でもあり、多くの漢方薬に配合されています。
               またハーブでは「リコリス」という名でもあります。
               鎮痛・抗炎症・胃痛・鎮咳去痰・解毒・十二指腸潰瘍・・・ など
                (*疾患のある方や長期使用、摂取量に注意が必要)


それと、前回ご紹介した「甘茶」が、日本の原産になると思います。
まだ、様々なものがあると思います。
これらも、砂糖やショ糖などの数百倍の甘味があるとされ、
その糖分は、人の体内では消化吸収されにくいので
これらを料理などに上手く用いれば、カロリーを抑える事ができますね
ただ、やはり取り過ぎはよくないと思います。

気になる事は、必要なものはその場所に存在するならば・・・
日本人は、砂糖にかわる糖分は、本来は特に必要でないのかもしれません。
または、果物や蜂蜜などに含まれる糖分で、充分なのかもしれませんね



砂糖きび畑
砂糖きび畑 posted by (C)よしぼー


【漢方薬】
漢方薬に用いる生薬にも、上記の「甘草」をはじめ、
「大棗 タイソウ (ナツメ)」などの「甘い生薬」があるんですよ
この二つ(甘草・大棗)は、特に、多くの漢方薬に配合されています。
皆さんがよくご存知の漢方薬 『 葛根湯 』 に、この二つは配合されいるんです
漢方薬は「苦い」のイメージですんが、稀に、甘い味がする漢方薬もあるんですよ~


        P1010117_convert_20110705014415.jpg      P1010118_convert_20110705014325.jpg
             (甘草 根)          (大棗 実 3cm程の大きさ)


【天然の日本の甘味達】
日本では、もっとも有名な天然甘味植物は、「サトウキビ」だと思います 。 
主に、このサトウキビから、砂糖がつくられています。
白糖と黒糖は、製法の違いですね
現代、黒糖の方が身体によいとされています。
より、自然に近いものが身体にやさしく
より「ありのまま」に接することが大切のように感じます


これは、現代言われている、白米より玄米が身体に良い・・・
と同じような事になると思います

自然が、「ありのまま生きるについて」、人間に問いかけている部分かもしれません


         砂糖きびの穂
         砂糖きびの穂 posted by (C)よしぼー


と薬の違いは、用量であることが多い・・・
「砂糖や塩」それぞれ取りすぎると、高血圧と糖尿病を引き起こす事に繋がります。
これは、普通の食品などにも言えると思います。
ここでも、バランスが大切なことが伺える


また、砂糖や塩は、摂取する為だけでなく、
より 「自然な保存食」 を作る為に助けになる、大切な天然物であるのかもしれません


ご参考に・・・
マヨ・クリニックのドナルド・ヘンズラッドと
ダグラス・ヘイムバーガーは
  癌にたいしての食事の影響についての総説で
  『 胃腸の癌にたいして、もっとも強力かつ、
      もっとも着実な保護効果があるのは、野菜と果実である。』
  と結論している。
 『 最良の効果をひきだすには、含有物質を分離抽出したものでなくて
      食物を「ま・る・ご・と」食べることが重要だ。』
とつけくわえているそうです。


加工したものより、より自然なものが身体に優しい事が、ここでも伺えます


山法師の実
山法師の実 posted by (C)qumyah

   『フォト蔵さんのフォトで初めて観ました
     現在では、なかなか見れなくなった、果実のひとつです。
        果実には 「さくらんぼ」 のような 「小枝」 がついています。
           大きなさくらんぼ? って感じでしょうか・・・
              実は食べれて、滋養強壮などがあるそうですよ~


人間は、「良いもの」を追求して、その成分を分離抽出したり、利用したりしがちですが、
「ひとつの生体」 は、 「各々でバランス」 が取れているように感じます。
「良いものだけの成分」を抽出するのは、逆に言えば
「毒(害)になりやすい」ことなのかもしれませんね

また、必要なもののみの分離抽出は、
他の部分が残って、不必要になってしまう部分が存在する事にもなります

これは、地域でも、国でも、地球でも
必要なものだけ、必要以上にを大量に採取すると、
その部分の形態が、バランスを崩してしまう、 『自然の摂理』の乱れが・・・。
効率が良いようで、効率の悪い事をしている事に気付いていない
人間なのかもしれません
悪くなって、気付くのが現状かもしれません
人間が、動物より賢いようにみえて、 動物達のほうが自然と共生しており
実は、自分達の首をしめている事に気付いていない人間なのかもしれませんね
 



桑の実3
桑の実3 posted by (C)qumyah

   『 天然の桑の木は、随分減少しているようです。
       桑も薬草木で、実も葉や根も使用されます。
         ベリー系のような可愛い実をつけていますね。』

     
漢方薬は、同じ薬でも、様々な異なる「効能・効果」があり、
現代でも、科学で証明されにくく、なぞの部分も未だにあるのです
ある漢方の講習会に参加している時、有名な漢方の先生が
 「漢方薬の生薬達は、人間の身体に入って、
     その症状に必要な生薬の成分は、その効果を発揮してくれ、
       その症状に必要でない生薬の成分は、
            自分で認識し、速やかに体から出て行くようだ」
と、経験して感じていると話していました。

私は、その言葉が印象的でした
植物達 の凄さと優しさ、そして、
「すべてが必要」でバランスが取れている事を、感じた部分でもありました


今回は特に「バランス、より自然に、ありのまま・・・」の
『 自然の摂理 』 の大切な部分に触れた内容だったように感じます



皆さん如何ですか
自然の「甘味」から、何を感じましたか

より自然を身近に感じて
何かしら、自然と自分と向き合うキッカケとなれば幸いです





【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 





◆8 『紫陽花』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   6 comments   0 trackback  

沢山の仲間がいる 『紫陽花』さん のご紹介


普門寺の紫陽花(3)
普門寺の紫陽花(3) posted by (C)プレティオ


雨が多く、蒸し暑い日々が続いていますね。皆さん、体調など崩されていませんか~
でも、梅雨らしい今年だと感じます。この時期の降水量は、夏に向けて大切ですね
梅雨のお花と言えば、紫陽花さん。 今回は、紫陽花が主人公です
梅雨明けまじかに、「紫陽花」さんについて綴りたいと思います
フォト蔵さんの、様々な顔の素敵な紫陽花さんのフォトとをまじえて・・・


神宮寺のアジサイ (4)
神宮寺のアジサイ (4) posted by (C)プレティオ  ☆



「額紫陽花(ガクアジサイ)」から、日本で育生された園芸種で
観賞品としてつくられたようです。

紫陽花さんは、品種改良などがされて、現代では3000種以上あると言われますが、
それも、定かでな無いほど、品種が増えているようです
もちろん、海外での品種改良も多いようです。

確かに、私が子供の頃よりかなり珍しい紫陽花さんが多いですね~。
年齢にも、よるかなぁ



康徳寺の紫陽花(2)
康徳寺の紫陽花(2) posted by (C)プレティオ  ☆



子供の頃、子供部屋の机から、紫陽花さんがよく見える場所にありました
今でも、枯れることなく、咲いてくれています
観るたびに、子供の頃の観ていた映像を思い出します

お花さんや植物さんなどは、姿や香りから、シーズン的な部分を含め
記憶を蘇らせる力がありますよね
あなたは、どんな植物さんに、どんな思い出があるでしょうか・・・




光と影
光と影 posted by (C)プレティオ  ☆



【名前の語源】
アジサイは、『集真藍(あづさい)』のナマッタもので、
「あづ」は集まると言う意
「さい」は真の藍の略     だそうです。
つまり、藍色の花が集まって咲くと言うことから、きているようです。

で、紫陽花さん・・・ 薬草
って思われるでしょうね~
そうなんですよ! 効能があるんですね~


神宮寺の紫陽花(7)
神宮寺の紫陽花(7) posted by (C)プレティオ


【紫陽花】
科名 : アジサイ科(属)  ユキノシタ科
生薬名 : 紫陽花(シヨウカ)〔花を乾燥させた部分の呼び名〕
薬用部 : 花 (日干し乾燥させる)
効能 : 解熱

シンプルな薬草さんですね~
紫陽花さんも薬効あるの ってはじめ薬草の本を観て知った時、ビックリした私でした
って言うか、そのようなものが多く、驚きが多かったですが・・・

紫陽花さんの花は、民間療法では、風邪などで解熱して咳などが出るような時に、
用いられてきたようです



神宮寺のアジサイ (1)
神宮寺のアジサイ (1) posted by (C)プレティオ  ☆


【花まつり】
話は少し変わって・・・
4月(又は5月)の 「花まつり」 灌仏会(かんぶつかい) ってご存知ですか
他にも、降誕会(ごうたんえ) や 仏誕会(ぶったんえ) とも言われるようです。

4月8日のお釈迦様の誕生日とされている日に、
全国のお寺で、仏像に「アマチャ」の水煎液を注いだり 飲用したりする習慣があるんです
宗派に関係なく、どの寺院でも行なわれる行事のようです。
参加された事のある方などは、ご存知だと思います
 
アマチャをかけるのは、九つの竜が水を吐き、
生まれたばかりの釈迦の体に注いで、産湯としたという伝説に基づいているようです。
約2500年前に、産まれたとされるお釈迦様に関する言い伝えのひとつです。


神宮寺の紫陽花(1)
神宮寺の紫陽花(1) posted by (C)プレティオ


【アマチャ(甘茶)】
みなさん、「アマチャ」って聞いたことありませんか
アマチャは、『甘茶』 と書きます。 名の通り、甘いお茶です
天然の甘味料として用いられる、アマチャさんでもあります。

実は、このアマチャさんとは・・・
なんと、山紫陽花(ヤマアジサイ)の栽培品種や変種の、「アマチャ」のことなんですよ~
よって、アマチャさんは、紫陽花さんの親戚で仲間になります


このアマチャの葉に含まれる、「フィロズルチン」がその甘味であり、
なんと、ショ糖の200倍~1000倍の甘味があると言われています


紫陽花 -春日池(1)-
紫陽花 -春日池(1)- posted by (C)プレティオ


【アマチャ「茶」】
葉を9月中旬~下旬にかけて地上部を刈り取り、葉を採取して、(日干し)乾燥させます
カラカラに乾いた葉を、水を加えて湿らせ(もしくは一晩、水につける)
再び、乾燥させます。
二度目の乾燥の時に、手でよく揉んで茶葉のように仕上げるのが特徴です

なんですよね~。
揉んで乾かす製法の薬草は少ないと感じています。
これが甘味を引く出す、昔の知恵なんだと感じます
でも、飲みすぎは禁物のようです。 


神宮寺の紫陽花(6)
神宮寺の紫陽花(6) posted by (C)プレティオ


【アマチャの使用例】
*糖尿病患者や肥満症の、砂糖代わりに甘味料としてもちいる。
*生薬としては、抗アレルギー作用、歯周病に良いとされる。
*口腔清涼剤、醤油、菓子、煙草、歯磨きの甘味料に用いる。
*中国では同続植物の葉を、抗マラリア薬に配合し用いる

ちなみに、「アマチャ」さんは、一般的なテマリ形の紫陽花さんでなく、
下記の写真のような姿の紫陽花さんで、葉も少し小さいです。
(下の写真の紫陽花さんが、アマチャかどうかは?です。)

3~4弁(花びら)がある花のように見えるのが、ガクが変形した中性花で、
内側の子花が両性花です。


春日池公園のアジサイ
春日池公園のアジサイ posted by (C)プレティオ


【よく似た、ネーミング】
お店に、ご来店頂いたお客様に、
「アマチャズル」のお茶をブレンドしてお出しする事があります
その時に、「花まつりの・・・」とよく聞かれます
アマチャズルさんは、「ウリ科のつる性の多年草」で、アマチャさんとは異なるんですよ
また、ネーミングから、甘そうなイメージですが・・・ 甘くない伝承茶です。


紫陽花-(2)
紫陽花-(2) posted by (C)プレティオ


【崇拝】 (スピリチュルな視点より)
お釈迦様が登場しました。 スピリチュアルな部分でもあると思います
それに関する、あくまでも私のスピリチュアルな視点ですが・・・

確かに、お釈迦様をはじめ、世界的な宗教などを説かれた有名なお方は、
すばらしいお方だと思います。
でも、宗教を説かれたお方も、人間として産まれました
人間が、人間を崇拝する事に、少し違和感がある私はおかしいでしょうか・・・
説かれた教えなどの部分を、理解して信仰し、
そのお方に、敬意をはらうのでしたら分かるのですが・・・
例えば・・・ あなたは、お釈迦様の説かれた事をどのくらい知り、理解されていますか
そう聞かれると、漠然としか知らない・・・ って言うお方が、多いのではないでしょうか・・・
そう言いながら、実は、私もその一人でしたから・・・



紫陽花 -春日池(2)-
紫陽花 -春日池(2)- posted by (C)プレティオ


なんとなく、説かれたお方(人)を、「凄いんだ・・・」と
無意識に崇拝している部分があるように感じます
本当に、崇拝するのは、人間ではまく、
「凄いんだ」の、「見えない真実」にあると感じる私です。
もちろん、宗教や神仏を否定しているものでは、ありません。
現に、宗教や神仏などは、見えないものですから・・・
「見えな真実」・・・ とても奥が深いと想います。 
皆さん、いかがでしょうか



神宮寺の紫陽花(2)
神宮寺の紫陽花(2) posted by (C)プレティオ


皆さん、如何でしたか
意外な紫陽花さんと、また親戚のアマチャさん。
そして、崇拝について・・・


より自然を身近に感じて
何かしら、自然と自分と向き合うキッカケとなれば幸いです




【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。