自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

漢方薬局の薬剤師で、薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴った過去のブログ内容です^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆23 『ウラジロガシ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   8 comments   0 trackback  

ドングリの果実がなる『 ウラジロガシ 』 さんのご紹介
  【 民間療法 薬草木 韓国での見学 文化の違い 知恵や応用力 考える力 】



     ドングリ コロコロ ドンブリコ    
                お池にハマって さあ大変    


誰しも歌った事がある曲ではないでしょうか

実は、表題のように、ウラジロガシ とは、ドングリの果実がなる 
ドングリの木の名前です。  皆さんご存知でしたか

薬草に興味を持つまで、知らなかった私です
すべて、「 ドングリの木 」 とよんでいた私でした

今日は その 「 ウラジロガシ 」 さんについて、綴りたいと思います。 

(フォトは、ウラジロガシの木やそのドングリではありませんので、お間違えなく


          がりがり
          がりがり posted by (C)@ponyobei


ではまず、そのウラジロガシさんのご紹介から

【 ウラジロガシ 】

科名 : ブナ科

中国植物名 : なし     日本植物名 :   裏白樫 (ウラジロガシ)

分布 :  宮城県、新潟県の東北の一部 ~ 四国、九州、沖縄などに分布。
       海外では、朝鮮半島や台湾などに分布する。

特徴 : 常緑高木。 葉の裏に毛があり、色が白いのが特徴。 
       なので 裏(ウラ) 白(ジロ) 樫(ガシ) です!  
      枝は、灰白色。 

果実 : ドングリといわれる実。 通常より長い形をしたドングリ。
     
     *ドングリは、
      リス類やネズミ類の動物の 冬超えの貯蔵食糧にもなっており
      それにより、新たな場所で芽を出す 動物との共存性もうかがえる。


次に、恒例の民間療法について綴りたいと思います
 

吉野ヶ里公園 II
吉野ヶ里公園 II posted by (C)プレティオ  

 *ドングリの木さん (ウラジロガシの木ではありません。)


【 民間療法 】

≪葉・枝≫ 常緑であり、一年中いつのでも採取可能。
        細い枝ごと、樹皮を刻んで天日乾燥する。

      効能 : 尿路結石、腎臓結石、胆石、   など

        乾燥した葉と枝20g~50gを600ccの水に入れて
        30分程煎じる。
        それを 4~5回に分けて、温めて服用する。 

      備考 :  *他にも、民間療法としての使用はあるが、
             結石を溶かす民間薬として、古くから、使用されている。
             ウラジロガシには、カテコールやタンニンが含有されており、
             それが、結石を溶かす働きがあるとされている。
             その成分は、冷たくなると沈殿するので、
             必ず温めて服用するの事が大切である。
      
            *よく似た「シラカシ」や「アラカシ」の木や
             名前の似た、シダ植物の「裏白」もあるので注意。
     
   繝・ず繧ォ繝。+037_convert_20111028164850   繝・ず繧ォ繝。+040_convert_20111028165015
   ウラジロガシの茶葉               ウラジロガシのお茶

如何ですか
葉や枝が、主に民間療法で親しまれてきた ウラジガシさん です。
意外にも、ドングリの実の使用は、見当たりません。
ドングリさんは、冬超えの動物達の大切な食糧のようです

お茶で飲む場合、 癖が苦手な方は、薄めに飲めば緑茶に近い味と思います。
上記しましたが、温めて飲んでくださいね

ドングリは食することができますが、渋みが強いものから、渋みの少ないものまで
種類も豊富です。 渋みを抜く必要があるようです。
ちなみに、ウラジロガシさんのドングリの実は、渋みが強い部類になるようです

ウラジロガシさんの木を探したのですが・・・素人の私のは中々見分けられず
難しです


ころころ
ころころ posted by (C)@ponyobei   *珍しい帽子のドングリさん


【 韓国での見学 】
韓流ドラマが何年も前から流行っていますが、そのドラマに薬草や生薬や漢方などが
時々登場します。  これが、なかなか面白い 
私は、特にその点に興味があります

で、韓国の民間療法に関する事が知りたくて、お店をオープンする前に
身内の方の案内で、6年ほど前に、韓国へ旅行見学に行きました
(中国は、案内の方がいなかったので韓国へ)

で、専門市場に案内してもらいました。
すると、あるおばさんが、 しきりに日本人の私に 

『 「尿の出が良くなるよ」 と、らしき事』 を
言って 「 ドングリの木 (ウラジロガシ) 」 を勧めてくれた事を、思い出します
韓国では、日常的に知られているひとつのようでした。
ちなみに韓国では、ウラジロガシのお茶は「ペソッチャ」と呼ばれているようです

市場では、 高麗人参、ナツメ、トウガラシ、クチナシの実・・・などなど
実や独特な特徴のある薬草が目立ちました。  と言うより、
葉や枝は、乾燥して切られているので、よく見ないと何の植物かよく分からなく
また、通訳してくれる身内の方と一緒でしたが、韓国の植物の呼び名が異なるので
どの日本の植物と同じになるのか、分らない物が多く残念でした

韓国の方は、薬や生薬としてだけでなく、生薬を食にもよく用いる習慣性があります。
まさに 「医食同源」 の実践です
でも韓国も、近代的になりつつあり、昔より使用が減っているかもしれません・・・。


可愛い前足
可愛い前足 posted by (C)@ponyobei


【 文化の違い 】
その時の旅で、驚いた事があります
あるオシャレな喫茶店のメニューに、 漢方薬の煎じたものがあり
ドリンクとして、飲める形式になっているのに驚きました

それは、日本でも有名で病院でも使用されている漢方薬で、「 十全大補湯 」でした。
「 十全大補湯 」 は、病後などの疲労回復にも使用されたり、
免疫力をあげるとも言われている漢方薬でもあり、色々応用されています。

韓国では、疲れた時などに、滋養強壮的に飲む習慣がある漢方薬だそうです。、
特に、男性の方が好んで飲むようでした。
日本では、考えられない習慣です。  薬を、喫茶店で飲むのですから
文化による、習慣性の大きな違いを感じたひとつでした。

また、韓国には、東洋の医院と西洋の医院があり、その時の症状により、
各自で選択しているようです
また、医院に行く前の軽症の場合は、
漢方店(薬局)や市場で生薬(薬草)を各自で購入して、
煎じて飲んだりもしているようです
そして、韓国の東洋の医院では、
同じ医師から、針治療も受けられ、漢方薬を処方してもらえます

日本では、資格習得が別々になっているので難しい現状があります
繋がりの医療なので、一緒に資格が取れるといいなぁって思います



リスの忘れ物
リスの忘れ物 posted by (C)ゆずか    *一般的なドングリさん


【 知恵や応用力 考える力 】
日本も、もっと東洋医学のすばらしさが民間に広がり、一般の人にも知識があれば、
予防にも繋がり、医療費の増大も減少できるように感じる私です。

また近年日本では、サプリに頼る現状になっている傾向を感じます。
サプリは、簡単に補える長所はありますが、
一度頼ると、飲み続けないと・・・ という現状が出てくると思います。
体がそれに慣れてしまい、逆に回復力を衰えさせる可能性もあるのでは と感じています。
本当に適切なサプリの選択が、各自で出来ているのか、疑問に思います。

50、60年程前までは、まだ日本にも民間的に応用できる知識や知恵があったようですが・・・

もしかすると、物があふれ、便利になると 、 それらに頼ってしまい、当然になり
知恵や応用力などは、薄れていく・・・
もしくは、「 もっと便利に・・・などの欲 」 がでてくるのかもしれない と感じます。

便利になっていることは、有り難いことですが、 この追求は、何処まで続くのか・・・ 
この便利さは 「 本当の意味 」 で、我々人間の為になっているのでしょうか
何か、大切な事を見落としていないか。。。 考えさせられる・・・ように思う私です


このバランスは、とても難しいのかもしれません。 

もしかすると、本来の 知恵や応用力を、維持したり大切にするには、
不便さや苦労する事は、欠かせないのかも・・・


なぜかと言うと、知恵や応用力は、  
 ただ楽や便利性や利益になる、「 欲の為 」 の方向性は、
     後に何らかの危険性や害をふくみ易く、 
 不便や苦労から産れる、人の為の 知恵や応用力は、
    「 温かい強い想い 」 の方向性になり易く、
        後にも、人にも自然にも優しいのかもしれない・・・  
と感じる部分があるからです。   もちろん、その割合も色々とは思います。

もし、目の前から、(自然なもの以外) すべて消滅したら・・・
頼りになるのは、知識を用いる
知恵や応用力・・・ 考える力かもしれません。

便利になっている世の中、この事は、『 考える大切なテーマ 』 かもしれませんね



          ハイポーズ
          ハイポーズ posted by (C)@ponyobei


皆さん、如何でしたか
 あなたは ドングリ木の 「 ウラジロガシ 」 さん や 「 知恵や応用力 」  から
                                どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです





【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。




注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 


スポンサーサイト

◆ 2  『 五臓六腑について』  東洋医学(五行)より

Posted by あんく♪ on   10 comments   0 trackback  

『 五臓六腑 』の臓器について 
            【 印象深い祈り 五臓六腑 役割の違い 対の関係 繋がり 】


いつも、ご訪問くださり、長い記事を読んでくださり、ありがとうございます
更新がのんびりになり、申し訳ありません
無理なく、自分のペースでさせていただきたく思います
思い出した時でも、覗いて頂けたら幸いです
どうぞ、よろしくお願い致します


          里山の秋桜
          里山の秋桜 posted by (C)ao☆ryouma(写真展準備中・・・)


随分、秋めいてきましたね~
紅葉の楽しみな季節になりました

そんな中、最終の 「 秋の桜 」・・・
フォト蔵さんの、素敵なコスモスさんのフォトと共に
今回は、『 五臓六腑 』 について、綴りたいと思います。 


あた~♪
あた~♪ posted by (C)あお☆りょうま(ぼちぼち・・・)


【 印象深い祈り 】
7年程前に、90代の一人暮らしのおばあ様と知り合いになりました
そのお方は、 毎朝、 亡きご主人や家族と自分 
ご近所の方 すべての方などの、 健康と幸せ、平和の願いを込めて 
「 般若心経 」を3回唱える事を、日課にしていると知りました
代々家系が仏教ですが、特に信仰がある方ではありません。

昔の方の、この感謝や祈りの深さには、頭が下がります。
自分の繋がりだけでなく、すべての繋がりを大切になさっている、
おばあ様だなぁと感じてます

「 五臓六腑 」の言葉は、皆さん耳にした事はあるのではないでしょうか
その臓器について、意外に知られていないように感じます。
東洋医学に触れるまで、私もその一人でしたから・・・

である日、そのおばあ様が、『 五臓「六腑」』って一体どの臓器か分らないけど
毎朝、朝陽に向かって、五臓六腑にも感謝して、
手を合わせて、朝陽とお話していると話して下さいました
体の全体の健康だけでなく、内臓の対する、「 いたわり 」 の気持ち・・・

五臓六腑 の言葉で、思い出すおばあ様のお話です

では、五臓六腑 とは・・・


影
posted by (C)プレティオ


【 五臓六腑 】

五臓とは

      肝 ・ 心 ・ 脾 ・ 肺 ・ 腎  (心包路) の 5つ です。

また六腑とは

     胆 ・ 小腸 ・ 胃 ・ 大腸 ・ 膀胱   そして 三焦  の6つ なのです。

えっ、三焦って何って思いますよね!

三焦とは
  飲食物を消化し、それを気血、津液(しんえき)と化して
  全身にめぐらし、体内の水路を整え、不用の物質を尿便として
  排出させる、「 総体的な機能を持つ腑 」  
とされています。


笠岡 絵画
笠岡 絵画 posted by (C)プレティオ


【 臓 と 腑 の役割の違い 】

「 臓 」 も 「 腑 」 も、ともに臓器の事なのですが、
役割の捉え方が異なります。

 六腑
   腑の役割は、飲食物を運搬して、その運行中に消化吸収(清濁の選別)をする臓器

 五臓
   臓の役割は、六腑の働きで出来た栄養物質を(精)を貯蔵する臓器


とされているのです。  (素問・五臓別論篇より)

なるほど って感じで分り易いですよね


          笠岡 コスモス(6)
          笠岡 コスモス(6) posted by (C)プレティオ


【 臓 と 腑 の関係 】

実は、この臓と腑は、「 裏・表 」の関係があるとされています

どういう事かというと
  
   「 裏 と 表 」

    心 と 小腸      肺 と 大腸         肝 と 胆

    脾 と 胃       腎臓 と 膀胱      ( 心包路 と 三焦 )


で、それぞれは密接な関係があり、切り離して考えることは出来ないのです。
この関係を、漢方医学では「表裏関係」と呼んでいます。    (素門・血気形志篇より)

これらが、東洋医学の基本の臓器の、考えと捉え方 なのです

腎の故障は、膀胱の病変と結び易く、  肺の異常は、大腸の異常を招き易い
というような 考えなのです
通常、腎臓と膀胱 や 肝臓と胆嚢の関係は、分り易いかもしれませんね。
しかし、心と小腸、肺と大腸は・・・ 西洋医学ではって思われるかもしれません。

漢方医学の五臓と、西洋医学の五臓は 異なるものであり
よって、西洋医学的な先入観をもって理解する事はできない東洋医学なのです。



笠岡 コスモス(2)
笠岡 コスモス(2) posted by (C)プレティオ


【 まとめ 】
今回は、東洋医学の基本部分の臓器について、ご紹介させて頂きました
あまり、珍しくない、面白くない内容だったかも・・・ すみません

意外に言葉は知っていても、内容は知らない事は多いように感じますので、
もし参考になれば幸いです

また、この東洋医学では
なんらかの様々な 「 対 」 になる部分があり、それらの 「 対の関係や繋がり 」 を考えます。
その繋がりと、全体のバランスを大切にして問診します。
また、身体全体との繋がりはもちろん、
過去に、ご紹介させて頂いたように、臓器と季節感にも繋がった関係がある捉えかたがあります。 
                                    ◆ 1  『 気候の変化と身体の関係 』  東洋医学より

東洋医学には、様々な自然界や感情など・・・ とも繋がっている、考えと捉え方があるのです。
興味深く、面白い東洋医学の部分だと感じています


時々、この五臓を基本に、5行に関する様々な繋がりも紹介させて頂きたいと思います


笠岡 コスモス(1)
笠岡 コスモス(1) posted by (C)プレティオ


【 繋がり 】
生きている日常生活でも、「 対 」や「 繋がり 」には、様々な事があると思います。

どんな、対の関係が浮かぶでしょうか・・・  何処までも続く様々な対の関係・・・
あなたは、どんな繋がりが浮かぶでしょうか・・・  何処までも続く様々な繋がり・・・
切ってもきれないものだと感じます

あなたが大切にしている、また大切にしたい繋がりはなんでしょうか

それは、何処までも続く「 自然の摂理 」と同じなのかもしれません

私は、見えない繋がりを信じて、大切にしたいと感じます
それは、どうしたら繋がっていくのでしょうね~
もしかしたら、まず自分のすべてを(長所・短所)も 
心から好きになる事からかもしれません

そう感じる、私がいます。

あなたは、自分の事が好きですか



          こすもす
          こすもす posted by (C)ao☆ryouma(写真展準備中・・・)


皆さん如何でしたか
   あなたは  「 五臓六腑 」 や 「 東洋医学の捉え方 」 から
                           どんなメッセージや何を感じましたか


より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。



東洋医学 : 東洋医学の捉え方の一部を、ご紹介させて頂いています。  
         東洋医学は、奥の深い医療です。
         同じ症状でも、個人により漢方薬は異なる場合もありますし、
         また、異なる疾患でも同じ漢方薬が処方される場合もあります。
         ご興味のあるお方は、専門の方にご相談ください。 
        






◆22 『イチョウ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   8 comments   0 trackback  

銀杏で有名な 『 イチョウ 』 さんのご紹介
              【 民間療法 薬草 視点の違い 銀杏(種子) 強い生命力 】



秋と言えば「〇〇の秋」・・・、色々ありますね
紅葉もそのひとつで、落ち葉が冬の足音を知らせてくれるようですね

今日は、落葉樹で有名な、葉が黄色に色付き落葉する「イチョウ」さんについて
綴りたいと想います


          しっとりと秋
          しっとりと秋 posted by (C)ここわんこ


イチョウの木は、皆さん子供の頃から親しんでいる木だと思います
独特な扇の葉の形をしていますよね
保育園で落ち葉拾いをして、イチョウさんの葉を用いて、何か作品を作った覚えがあります

秋になり、葉が綺麗な黄色になりますね
そしてその頃、ギンナン(銀杏)の実も色づきりますが・・・
このギンナンの実は、まん丸で独特の強い臭気が・・・  ありますが 

でも、まん丸の臭いがある肉厚の実の中に、硬い殻付いたギンナンがあるんですね
これまた、面白いですよね  
もしかしたら、臭気で大切な実を守っているのかもしれませんね~

では、ギンナンさんのご紹介をさせて頂きます


081129-08
081129-08 posted by (C)花信風


【 イチョウ 】

科名 : イチョウ科

中国植物名 : ギンキョウ (銀杏)

原産 : 中国原産で、 日本には古くに渡来。 栽培の落葉樹で、自生はないようです。
      寺社境内などに、植えられてきたとの事。

名の由来 : 「 一葉 」 と言う説があります。
         また、中国では、カモの足の形に似ているとして、鴨脚(ヤーチャオ)と
         呼ばれており、それが転じて 「 イチョウ 」 になったと言う説もあるそうです。
         
              同じ方を向く(軽鴨ver.)2
              同じ方を向く(軽鴨ver.)2 posted by (C)qumyah

        白い種子を銀、形はアンズの果実に似ているので、銀杏(ギンアン)と言われ
        それが転訛して、「 ギンナン 」 となった。       とか・・・色々あるようです。


では続いて、恒例の民間療法について、綴りたいと思います
どんな 有効性があるでしょうね

                  
秋の味覚1
秋の味覚1 posted by (C)@ponyobei


【 民間療法 薬草 】

≪  種子 : 白果 (ハッカ)  銀杏( ギンキョウ)  ≫

  採取例    秋の成熟した種子をとって、肉質部分の外種皮を水洗いして除き、
           天日乾燥する。

  有効性     慢性喘息、頻尿、夜尿症、鎮咳、去痰、滋養保健  など

              乾燥した銀杏を、15個位、煎じて飲む。
              生の種子は、焼いたり煮たりして、1日 5~10個ほど食する。

  注 意     * 臭気の強い肉質の外種子は、ギンナン酸などを含み、直接肌に付くと
                 ギンナンかぶれを起こすので注意する事。
             *   種子の食べすぎは、中毒をおこし 嘔吐や胃部の不快感などを
                 起こすので注意が必要。 特に、子供は注意する。
                     * 冷え性の人は、注意する。 手足が温かくほてる傾向の者に良い。  など


イチョウ 新緑3
イチョウ 新緑3 posted by (C)花信風


≪   葉 : 白果葉 (ハッカヨウ)  銀杏葉 (ギンキョウヨウ)  ≫

       採取例    葉は青い内に採取して、天日乾燥する。  など
 
       有効性    高血圧予防、狭心症、高コレステロール、血管壁強化、血行促進、 
                脳障害  など

                   乾燥した葉を、煎じて飲む。
                   または、お茶代わりに飲む。
                
             * 冷え性の人は、注意する。 手足が温かくほてる傾向の者に良い。  など
 

臭いの元
臭いの元 posted by (C)@ponyobei


いかがですか
昔から馴染み深い、ギンナンの種
茶碗蒸しに、子供のころ入っていたのを覚えています
子供のころは、苦手だった事を覚えていますが・・・ 皆さんはどうでしょうか

最近は、あまり見なくなり、食べなく事が減っているように思いますが・・・
(と言いながら、先日は、有り難く貴重な銀杏ご飯を頂きました
皆さんはどうでしょうか

また、近年、ドイツをはじめ欧米では、葉の成分に薬効が確認されています
  高血圧、動脈硬化、脳障害の予防をはじめ
  肩こり、頭痛、耳鳴り、記憶力や集中力、思考力の低下  などを防ぐとされて
イチョウの葉のエキスが、医薬品として認められたり、薬用とされています

アジアでなく、欧米で医薬品として利用されているのは、面白いですね


PHOTO239
PHOTO239 posted by (C)花信風


【 早いの? 遅いの? 視点の違い 】
ご存知の方も多いと思いますが、
イチョウの木は、 『 成長が遅く 』、 孫の代になってやっと種子をつけると言われています。
それで中国では、漢名としての 「 公孫樹 (コウソンジュ) 」 と言う別名もあるようです

「 成長が遅い 」・・・確かに種がなるまでは遅いと言えると思います。
でも、ある視点からすると・・・

父が、「 イチョウの樹」 は、家などの敷地に植える木ではないと言ってました。
なぜなら、育て易く大きく成長して、すぐ家より大きくなるから
家が木に負けてしまう・・・ ような事を話していました。


つまり、大きく成長して、やっと種子を付ける木でもあるんですね

なかなか種子をつけないが、でもドンドン成長して大きくなる木
つまり、種子を付けるのは遅いが、大きく成長するのは早い。 
早いのか、遅いのか・・・ 視点により異なりますね


歩道などによく、イチョウの木が植えられているのを見かけます。
そのイチョウの木は、春前になると枝を大きく、沢山剪定されているのを見かけます
早く大きく成長するのは良いけれど、大きくなりすぎるのは困るのでしょうね・・・

なので、イチョウの木は、寺社などに植えられている、理由のひとつかもしれませんね


大銀杏
大銀杏 posted by (C)プレティオ


【 種子(銀杏)】
子供のころ、「 ギンナン 」 がイチョウの木の種子と知り、不思議でした
その理由のひとつに、殻がある実が、木になっていると思っており、(苦笑)
そのギンナンさんの実がなっている木を、見たことなかったから、不思議だった私です

当然ですね(笑)  肉質の外種皮があったのですから
そして、基本的に大きく成長した樹にしか、種子を付けないのですから
子供ながらの疑問・・・ そのまま聞く事無く、大人になって知りました

ギンナンを取りに行かれた方が、ギンナンにかぶれになった話などを聞きます。
私は、かぶれた事がなかったですが・・・ 
かぶれた経験のある方も多いかもしれませんね~。
ギンナンの外種皮が、手に付いたまま、別のところを触ると、
その部分もかぶれる事があるようなので、注意されてくださいね

ギンナンは、なかなか種子がならず貴重で、採るのも大変な種子なんですね~
有り難い、秋の味覚ですね
知らなかった方は、食べる時に、一味違ったものになるかもしれませんね



大洞院 【 だいとういん 】の銀杏の樹
大洞院 【 だいとういん 】の銀杏の樹 posted by (C)カノープス


【 生命力の 強い木 】
木にも、いろんな性質がありますよね~。
乾燥しやすい木や、硬い木、柔らかい木、などなど・・・。
実は、イチョウの木は、柔らかい木なんですよ~。  
なので、包丁を傷めずに、まな板に適した木でもあるようです
他にも、 水切れが良い、臭いが付き難い、抗菌・殺菌作用でがある、 復元力がある など・・・
なので、料理人などには、人気のまな板の木ようです
現代では、木ではない、まな板が多いのかもしれませんが・・・
また、大きなイチョウの木は、とても貴重になり、かなり高価なものになっているようです。   

そんなイチョウの木さんは、温度や土質をあまり選ばなく、寒さにも強く成長するようです
成長しやすい、生命力の強い木  なんですね
なので日本では、北から南まで幅広く植えられているようです。 
そして、海外でも多く植えられているようです

ある薬草の本に
  「イチョウは古生代に生まれて、氷河期にも中国東南部の温暖な地で生き残った・・・」
と、ありましたよ
凄いですよね   氷河期以前からあった地球を知っている木さんだなんて・・・
事実かは、定かではありませんが・・・ 

実は、火事になると、水分を多く含むイチョウの木は、燃え難い木でもあるようです
また、それだけでなく、その水分を噴出し周りを守ると・・・ 聞いたことがあります
どこまで真実かは?ですが、凄いですよね  まるで、万能の木のようですね
ここにも寺社に植えられている理由があるように感じます
  
 
かな~り、 『 強い生命力ある木 』 で大きく成長する木と言えるのかもしれませんね

「 公孫樹 」と いう名は、孫の代までも、代々成長するって意味でもよさそうですね


大洞院 【 だいとういん 】の銀杏の葉の道
大洞院 【 だいとういん 】の銀杏の葉の道 posted by (C)カノープス


【 まとめ 】
昔から、民間療法でも用いられてイチョウさんですが、
現代でも医薬品として、海外で活躍している 「 イチョウの葉 」なんですね
もともとアジア産の木のようですが・・・。
『 どこで、どう、何が 』 注目され用いられるかわかりませんね

また、木の性質をよく理解され、まな板に使用されてきた木でもありました。
やはり、昔は自然の事を理解して、上手く共存・共生していたと言えるのではないでしょうか

また
同じ木でありながら、「 どの部分に視点をおき成長を捉えるか 」で、
異なった捉えかたになる事が 伺えたのではないでしょうか

これは、日常的な生活の中でも多いように思います。
ひとつの事柄を、様々な人の状態や立場を含め
『 色々な視点で捉える 』 と、自分の中の世界(意識)が広がるように感じてます
もしかしたら、視点は限りなくあるのかもしれません・・・ そう感じてます


ひとつの事だけで、その事を鵜呑みにしてしまわずに
『 色々な視点で、見て、考え、思い、感じたい 』 私がいます


また、これからの時代に、とても大切な部分かもしれませんし、そう感じる私がします
生命力の強い 「イチョウの木」さんは、そんな事を伝えてくれているのかもしれません。



          銀杏並木の下で・・・
          銀杏並木の下で・・・ posted by (C)あお☆りょうま(退院しました・・・)


皆さん、如何でしたか
   あなたは 「 イチョウ 」 さん から  どんなメッセージや何を感じましたか


より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです







【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。



注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 



◆21 『カキの木』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   6 comments   0 trackback  

実りの秋、親しみ深い 『 柿の木 』 さんのご紹介
                     【 民間療法 薬草 熱・寒 バランス 柿渋 あなたの役目 】


実りの秋ですね~
皆さん,は、どんな果物がお好きですか

その中でも、誰もがご存知の  「 柿の木 」 さんについて、今回は綴りたいと想います
カキさんは、秋の風景のひとつとしても、なじみ深いですよね

色づくまでは、木になってても気付き難いですが、最近寒くなってきて
柿の果実が色づき始め、眼に留まります


出番待ち?
出番待ち? posted by (C)ここわんこ


皆さん、柿の木のお花さんを観たことありますか
カキの果実は、遠くからでも存在感がありますが、お花は意識的に観る事ないように思います
フォト蔵さんが、素敵に柿のお花を、撮影なさっていました

柿の木のお花は気付き難い、ちょっと地味なお花さんですね。 
実は、春の5、6月ごろに、お花を咲かせます
お花の時に、カキの蔕(ヘタ)になる部分が、既にあるのがわかりますね

ではカキさんについて、ご紹介したいと思います。


柿の花が咲きましたヾ(=^▽^=)ノ
柿の花が咲きましたヾ(=^▽^=)ノ posted by (C)ここわんこ


【 カキ(柿)】

科名 : カキノキ科

中国植物名 : 柿 (シ)
          葉 〔 柿葉 : シヨウ 〕 ヘタ 〔 柿  : シテイ 〕  果実 〔 柿子 : シシ 〕
                          柿渋 〔 柿渋 : シジュウ      柿漆 : シシツ 〕

原産 : 中国が原産とされており、渡来して品種改良され広く栽培されるようになった。 
      アジア特産。
     
品種 : 「 甘柿 」 と 「 渋柿 」 に大きく分類される。 現代では、品種も多くある。
      柿には、「 タンニン 」 が多く含まれているが、
      甘柿のタンニンは 「 不溶性 」であり、 渋柿のタンニンは 「 水溶性 」 であるため、
      渋柿は生で食し難い。  


さあ、そんなカキさんは 民間療法や薬草として・・・ 
どのようなものがあるでしょうね
あなたは、ご存知ですか


RIMG2388
RIMG2388 posted by (C)花信風


【 民間療法 薬草 】

* 採取は、渋柿の木が望ましい。

 ★ 葉 〔 柿葉 : シヨウ 〕 
  
       〔 採取例〕    5~6月頃、  * 若葉を採取して乾燥させる。
                                   * 熱湯(3~4分)につけて、水を絞り、日干しする。
                                   * 蒸して(3分程)、陰干する。
                             * 葉をフライパンで炒って用いる。    などなど    

   〔 効 能 〕  高血圧予防、咳、出血、シミ・ソバカスの改善 など ・・・ 柿の葉茶として飲む。

    〔 備 考 〕  柿の葉の若葉には、特にビタミンCが多いのが特徴。
            柿の葉のビタミンCは、プロビタミンCとも言われ、
            水に弱いビタミンCと異なり、 比較的「熱」に強く身体に入って 
                   ビタミンCになる特徴があるそうです。 
                   よって、温めて飲んでも、効率的に摂取できるのです。 
                   また、「 柿葉茶 」 は弱酸性で、胃腸にもやさしいようです。 
                   カフェインも無く、ストレスに強い身体作りの手助けをしてくれるようです。
         *  その他、注意事項などは下記参照


RIMG2779
RIMG2779 posted by (C)花信風


★  ヘタ 〔 柿蔕 : シテイ 〕  特に渋柿を用いる。 
  
         〔 採取例 〕  秋に採取して、天日乾燥する。
     
        〔 効 能 〕   しゃっくり ・・・ ヘタを5~10個(大きさによる)ほど煎じて飲む。
                                   生姜を加えて煎じると、なお良い。
       
           〔 備 考 〕    現代でも、「柿蔕 丁香 生姜」 の配合の 
                            『 柿蔕湯 』 の漢方薬があります。
                          胃の冷えによる、しゃっくりに用いられてます。
           *  その他、注意事項などは下記参照


CIMG2965
CIMG2965 posted by (C)花信風



★ 果実 〔 柿子 : シシ 〕     甘柿 もしくは 干柿 を用いる。
    
    〔 採取例〕    秋に実った果実を採取。
             木の上で、熟した柿を採取する。
              渋柿は、干し柿にする。  

          〔 効 能 〕    咳、喉の痛み、二日酔い、動脈硬化の予防、成人病の予防 
                                             ・・・ 干し柿、もくは、生の果実 を食する。
                           
                   *木の上で熟した柿は、二日酔いや咳止めに良い。
      
         〔 備 考 〕   干し柿は、ビタミンCは消失するが、βーカロチンが増えるようです。   
                        空腹時の食べすぎには、注意です
             「 柿 と 蟹 」 の食べ合わせはよくなく、腹痛や下痢になる場合があります
             食べすぎは、タンニンにより便秘になる事があるので注意です
           *  その他、注意事項などは下記参照

   
   ☆ 干し柿の表面の白い粉 〔 柿霜 : シソウ 〕  

          〔 効 能 〕  咳止め、咽頭痛、口内炎、など
  
          〔 備 考 〕  白い粉を加熱して飴状にしたものが 『 柿霜餅 』と言われています。
                  清涼感ある食べ物。
     
         
CIMG2966
CIMG2966 posted by (C)花信風


★ 柿渋 〔 柿渋 : シジュウ  柿漆 : シシツ 〕
    
      〔 採取例 〕   渋みの強い青柿から果実をすりつぶし、水を加えて、
                    2~3日放置して汁をとり、瓶に詰めて、  
                    半年から1年程置いて作る。   など

      〔 効 能 〕      高血圧 ・・・ 柿渋少し(盃1)と大根おろしを混ぜて飲む。
                       痔     ・・・ 柿渋にミョウバンを加えて患部に塗る。
                    やけど、しもやけ、虫刺され、打ち身、など ・・・ 柿渋を塗る。

        〔 備 考 〕     渋には、タンニンが多いので、便秘に注意。  
              *  その他、注意事項などは下記参照
             * 柿渋の渋みを除く方法は、いくつかあります。
                例:アルコールに漬けるなど
            

カキの実2 2010
カキの実2 2010 posted by (C)花信風


いかがですか
とても、色々ありますよね
昔は特に、活用されていた「 柿の木 」さんのようですね

特に 「 ヘタ 」 が使用されて、現代でも、「 漢方薬 」でもあるのは意外ではないでしょうか
しゃっくりが出てなかなか、止まらない時って苦しいですよね
そのような場合、試してみるとよいかもしれません


実は、
「 柿が赤くなると、医者が青くなる 」 と巻説  があるほど、柿には効用が多いとされ、
「 煮まぜの記 」  には、干し柿を噛み砕いてマムシの噛まれた傷にぬれば、後が残らない・・・ と
書かれているほどだそうです

内容は定かではありませんが、昔から、親しまれ、活躍していたカキさんである事が、
伺えますね


3個で100え~ん
3個で100え~ん posted by (C)ここわんこ


【 注意  寒性 】
「 柿の木 」 は、ヘタ 以外は身体の熱を冷ます  「 寒性 」の薬草です
冷え性や下痢しやすい食欲不振の人 妊婦さんなどは、注意が必要です
柿には、タンニンが多いので便秘にも注意です。 


よく子供の頃 、
「カキを食べすぎると、体が冷やし、便秘になるから、気を付けなさい」と
言われていたのを、思いだします。 
皆さんは、そんな思い出はありませんか

干し柿は 干している事もあり、あまり身体を冷やさない性質に変化しています。
私は、干し柿は子供の頃、あまり好んでなかったのを覚えています

漢方薬を販売する時は、問診で、症状だけでなく「 証 」などを色々確認します
そのひとつに、「暑がり か 寒がり 」 などを確認して
「 熱 」「 熱・寒 」「 寒 」の性質の漢方薬を選ぶのが、基本にあります。
それが、体のバランスを整えるひとつでもあるからです
冷える人に、身体を冷やす漢方薬や生薬を用いると、症状を悪化させる考えです

これは、様々な食べの物にもあります。
それは、薬膳料理の基本でもあるのですね

東洋の考えには、身体のバランスを整える事が基本にあり、それは簡単なようですが・・・
現代では、簡単な事が難しくなっているのかもしれません



清々しい空気の中で
清々しい空気の中で posted by (C)ここわんこ


【 昔の柿の採取 】
柿の実を、採取する場合、昔の人は
  「下枝(木の下)のカキの実は、飢えた旅人の為に、
           一番裾(木の上)の柿は、冬の野鳥の為に取り残した.。」 

と、ある薬草の本に書いていました
この意識が、現代の私たちには、欠けているのかもしれません
この心得の気持ちは、大切にして受け継ぎたいものです


近所の良く知るおばあ様が
  田んぼに残飯などを撒けば、肥やしにもなり カラスなどの餌にもなる。
  すると、カラス達などは、畑の野菜を荒らさなくて済むだろう・・・

という、考えである事を聞きました。 

自然界への心遣いと、バランスの考えだなぁって、心に響きました
大切なもの、、、 温かい想い・気づかいのバランス意識のように感じます



甘くなるまでもうちょっと待ってね♪(゚▽^*)ノ⌒☆
甘くなるまでもうちょっと待ってね♪(゚▽^*)ノ⌒☆ posted by (C)ここわんこ


【 柿 渋 】
実は、柿渋には、木が腐るのを防止したりする、防腐や殺菌の作用もあるのですよ
父から聞いた話ですが、
昔は漁業用の網などにも、柿渋をぬって丈夫にしていたそうです
すると、長く使用できたようです
自然の共生の知恵は、今では本当に無くなっているように感じます


実は、私のお店は、より自然なお店にしたいと想い、
木の温もりを感じるように、多くの木を主に用いました
その際に、自ら柿渋を取り寄せ、塗装屋さんに頼み、表面を柿渋で塗って頂きました
塗った始めは、凄い独特な臭いがしましが・・・数日で自然な匂いに変り
4年経った今でも、お客様には、「 木の香り 」 がすると言って頂く事があります
今でも、時々柿渋を利用する事があります
色は、何度も塗ると濃く黒くなり、塗る回数で調節できます。

それと、民間療法でご紹介しましたが・・・
火傷の痕が残らないと言われていた、有名な地元の医院がありました
そこでは、火傷に塗る、塗り薬には、柿渋を用いていると噂でした
柿渋は、塗ると真っ黒になります。  実際そこの塗り薬は、塗ると真っ黒でした。
それは、柿の 「 タンニン様物質 」 の成分によるものと考えられます。
植物の多くにタンニンは含まれていますが、渋柿の含有量はかなりなんですね~。
ただ、手に着いた場合、タンニンの黒は、なかなか取れ難いですが・・・


みんなで日向ぼっこ♪
みんなで日向ぼっこ♪ posted by (C)ここわんこ


【 まとめ 】
柿の木さんは、食でも、日常でも、民間療法でも、
身近な馴染み深いものであった事がわかりますね
また、それだけ 「 カキ 」 の事を良く解かって、使用していたと感じます

子供の頃、なんで 「 渋柿 」 と 「 甘柿 」 があるのか  ちょっと不思議に感じてましたが、
渋柿も、色々活躍していたのですね

この世に存在する、すべてのものに、大切な役目がある・・・
この事を知って、実感してから、まだ10年も経たない私ですが、
子供の頃に、この事を知っていたら、もっと世界をみる眼が変っており
もしかしたら、生き方も異なっていたのかもしれないなぁ~ って感じます


あなたが誕生して、生きて存在している大切な役目は、なんでしょうか~
現代の大切な教え、気付きのひとつでもあるように感じます



          かき
          かき posted by (C)ここわんこ


皆さん如何でしたか
   あなたは 「 柿の木 」 さん から  どんなメッセージや何を感じましたか


より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです







【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。



注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 





◆ 1  『 気候の変化と身体の関係 』  東洋医学(五行)より

Posted by あんく♪ on   8 comments   0 trackback  

季節の移り変わりと、身体(臓器)との関係について
                            【 東洋医学 季節の変化 五臓と五悪 五行 】


皆さん、いつもご訪問くださり、
また応援やコメントなどありがとうございます
長い記事を読んで下さり、大変有り難く思います

実は、仕事の都合により、恒例の薬草や民間療法のご紹介の更新が
手付かずとなっております。  すみません

で、今回はいつもと異なり更新させて頂きます


夕暮れの揖斐川
夕暮れの揖斐川 posted by (C)あお☆りょうま(腹八分目で・・・)


ちょうど暑い夏を終え、涼しい秋へ変化しているこの頃ですね
四季の秋は、一日で言うと夕方とも表現出来ると思います

で本日は、いつもお世話になっているフォト蔵さんの
薬草や植物達とは異なる
素敵な 秋の夕焼けから夜、そして夜明けの朝方までの
移り変わりの景色のフォトと共に、
東洋医学の 『 気候の変化 と 身体(臓器)の関係 』 について、綴りたいと思います

実は、東洋医学の考えの中に

自然界の万物を、「 五行理論 」 に分類し、それらの相関関係を示した 
『 五運五行大論 』 の図があります
その中のひとつの、 「 気候 と 臓器 」 の関係をご紹介致します


清流に沈みゆく
清流に沈みゆく posted by (C)あお☆りょうま(腹八分目で・・・)


【五臓と五悪】

五臓 ( 肝、心、脾、肺、腎 ) は、
気象や四季の変化に適応していると言う考えあります。 

 肝は、春に通じ   

 心は、夏に通じ   

 脾は、長夏に通じ 

 肺は、秋に通じ  

 腎は、冬に通ず        と述べられています。 


鞆の浦 十六夜
鞆の浦 十六夜 posted by (C)プレティオ


またこの反面 に 各五臓に対して

 肝は、風   

 心は、暑    

 脾は、湿    

 肺は、燥    

 腎は、寒    

つまり、それぞれの五臓に、

「 風、暑、湿、燥、寒 」 が 嫌悪すると言う考えです。  (これを五悪という)


弥高山雲海 オレンジの時
弥高山雲海 オレンジの時 posted by (C)プレティオ   〔日の出前の雲海〕


どういう事かと言うと・・・

例えば、秋の乾燥が身体にひどく堪える時は、肺の病かどうか考える教えであり、
反対に、肺の病気の時は、乾燥を避ける事を教えています

つまり、このことからは、喘息などがある方は、乾燥に注意が必要になると言う考えです。

またこれから寒くなりますが、寒さは腎との関係があるので、
冬、寒くておトイレが近くなりやすと思いますが、この事との繋がりが伺えますね

つまり、健康を保持するためには、気候の変化に順応する事が必要で
もしこの変化に逆らうと、

「 風、寒、暑、湿、燥 」 が五臓を傷つけて

病変を招く原因となると言う考えです。   (素問:六節臓象論篇より)


田尻 オレンジの時
田尻 オレンジの時 posted by (C)プレティオ  〔日の出前の海〕


東洋医学の考えは、自然の薬草を使用しているのみでなく
自然界の営みに添った考えがあるのです

自然のバランスが崩れると、その廻りにも影響を及ぼす
人間の身体も、自然の仕組みと同じように捉え考えているのです


五行と言う言葉は、聴いたことがある方も多いと思います
この 「 五行 」 の考えは、面白い事に占いなどにもあります

私は、小学生の頃から占いが好きで
なぜ、様々な占いがあるのか不思議で、西洋から東洋の様々な占いについて
独自ではありますが、学んでいました
で、漢方の東洋医学と出会い、 「 なるほど」 って思った私です

で現在、タロット占いもしている私なのです
自然の仕組みや摂理などは、様々な仕組みと関係があり深いように感じてます


朝日
朝日 posted by (C)よしぼー


ひとりひとり、体質が異なると思います。
「 五臓 と 五悪 」の考えは
あなたの体質や体調と、何か当てはまっている部分はありませんか
思い当たる事は、ありませんか

あなたの苦手な時期と気候で、もしかしたら それにより
あなたの臓器や身体に対して、いたわりが持てるかもしれません
また、病気の予防や対策になるかもしれません

何か、ご参考になれば幸いです


宮古島・来間大橋の夜明け
宮古島・来間大橋の夜明け posted by (C)よしぼー


皆さん如何でしたか
   あなたは  自然の「 気候の変化 」 や 「 東洋医学の考え 」 から
                           どんなメッセージや何を感じましたか


より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。




東洋医学 : 東洋医学の捉え方の一部を、ご紹介させて頂いています。  
         東洋医学は、奥の深い医療です。
         同じ症状でも、個人により漢方薬は異なる場合もありますし、
         また、異なる疾患でも同じ漢方薬が処方される場合もあります。
         ご興味のあるお方は、専門の方にご相談ください。 
        








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。