自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

お悩み相談専門店(漢方薬局と心のケア)として営んでます。薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴ってます^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

◆32 『ソバ②』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   6 comments   0 trackback  

無駄なく食したい 「 ソバ 」 さんのご紹介
     【 薬草として 薬膳 蕎麦湯 地域性 食する工夫 無駄なく 】



随分朝晩涼しくなってきましたね~
秋を感じる、この頃です

 ところで、このブログを始めて、もうすぐ一年半になります
 「愛の手」のお店の宣伝を、殆どしていなく、
 連絡先を調べる為に、ブログにご訪問して下さった方がいらしたり、、
 ブログより、お店にご興味を持って頂いた方も、いらっしゃいました。
 今まで、ご迷惑おかけしました
 追突事故より、製作が遅れていましたが、
 ようやく、お店のホームページを、四苦八苦しながら作成しました
 ご興味のあるお方は、どうぞ右側にある ★お店のご案内 の 
 漢方薬局・喫茶 『愛の手』ホームページ のタグよりご訪問くださいませ。
 よろしくお願いいたします


では、前回に続きまして、蕎麦について綴りたいと想います

   前回の記事は、こちらからどうぞ  
   ◆32 『ソバ①』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」
  【 そばの特徴 栄養 ソバの雑学 食と文化 どんな未来の地球を望みますか? 】


まず最初に、薬草としての使用をご紹介したいと思います
どうでしょうね


秋色の共演
秋色の共演 posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【使用部分】

≪ そう果(種子の部分)≫
  日干し乾燥する。
  果皮を除いた種子を炒る。

  ●効能・使用例
   高血圧・動脈硬化の予防
   炎症・止血・下痢・食べすぎ・刺のささりもの

   打ち身・捻挫・腫れもの ・・・ そば粉を酢や酒で練り患部に塗布する。
   高血圧 ・・・ ソバ・ソバ湯・ソバ茶を、飲食する。
   下痢 ・・・ 胃腸に熱があり、食べ過ぎて下痢をする人に向く。

  ●注意
   胃腸が冷えやすい人は不向き。
  
≪ 茎葉 ≫
  実の収穫後、茎葉を採取して、日干し乾燥する。
  
  ●効能・使用例
   小さな切り傷 ・・・ 乾燥した茎葉を焼き、その灰を水に溶き、
            アクを患部に塗布する。

  洗髪 ・・・ 上記のアクは、瓶で貯え、洗髪に用いる事もできる。


以上です。 いかがですか
洗髪に使われていたのは、私自身、意外でした

以下の記述もありました

   刺がささった患部に、酢で練った蕎麦粉を塗布する事は、
  「刺が必ず出てくること妙なり、殊に竹の刺によし」
   
古書に記されているほどだそうです

蕎麦は、生薬や漢方薬として用いられたと言うより、
身近の民間療法として用いられたようです

では、次は「薬膳」として、ご紹介したいと思います



ちょうちょのかくれんぼ♪
ちょうちょのかくれんぼ♪ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 薬膳 】
前回、蕎麦の栄養面から、「ルチン」のお話をしました。
ルチンは、蕎麦の特徴成分であると言えます

≪ 性質 ≫
 五気 : 涼 
 五味 : 甘 
 帰経 : 脾・胃・大腸 
 分類 : 理気類

≪ 働き ≫
 

   開胃寛腸 ・・・ 食べすぎ 腹痛、服張、
   下気消積 ・・・ 下痢、帯下(おりもの)

胃腸などに強い冷えがある人は注意。

蕎麦は、
気機の巡りをよくし、臓腑の働きを調節し、気滞・気逆を改善する
『 理気類 』の分類になります。

特に、食べ物などによる「 食積 」を改善するなどしてくれる食材なので、
食べすぎなどや食べ過ぎによる下痢などに、おすすめです

特に昔から消化に良いとされる 「 大根 」 と一緒に料理すると、
食べ過ぎによるお腹の張りや、服満のある方の薬膳の一品になると思います。
消化にとても良い組み合わせです。
大根を炊く時に、蕎麦茶を加えたり工夫するとよいと思います。

また、「 そば米 」 として、雑穀のひとつとしても有名です
他の雑穀と上手く組み合わせて、ご飯と頂くのも、とてもお勧めです



優しい笑顔
優しい笑顔 posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 蕎麦湯 】
蕎麦で有名なのは、麺で頂く「 蕎麦 」ですね

実は、関東地方では、特に馴染み深い食のようです

皆さん、「 蕎麦湯 」ってご存知ですか
この「 蕎麦湯 」は、特に蕎麦で馴染み深い関東地方が主流で、飲まれてるようです。
他の地域では、あまり馴染みがないのではないでしょうか
もしかしたら、蕎麦専門店などでは、扱っているお店もあり
ご存知の方もいるかもしれませんね~。

そもそも「 蕎麦湯 」とは、「 蕎麦を茹でた湯 」の事です。
この湯をどうするのかと言うと・・・
ざる蕎麦を食べた後のお汁に、 蕎麦の茹でた湯「 蕎麦湯 」を加えての飲むのです

知らない方が、蕎麦湯が出てくると、「白い湯」
って不思議に思われるようです。
想像はつくと思いますが、それだけ飲んでも美味しいものではありません

なぜ、蕎麦湯が飲まれているかというと、
実は、蕎麦の特徴成分である 『 ルチン 』 が、水溶性である為、
蕎麦を茹でると、湯に 「 ルチン 」が溶け出してしまうのです


つまり、蕎麦の栄養素を無駄なく摂取することが、ひとつの目的でもある訳です

あと、蕎麦は、身体を冷やす 「 涼 」の性質があり、更にざる蕎麦は冷たい食べ物なので、、
蕎麦湯の温かい湯を飲む事で、お腹の冷えすぎを抑えてくれたり、適度な水分を補う
などの配慮もあると思います

昔の方々の知恵とも言えると思います



蕎麦の花がいっぱいです♪
蕎麦の花がいっぱいです♪ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 地域性 】
私の父は、蕎麦が大好き人間です
蕎麦にはとても、拘りがあります。
父は九州出身ですが、昔、関東で暮らした時に、 美味しい蕎麦に出会い、
そして特に、蕎麦湯もその頃知ったようです。

近所のお蕎麦屋さんで、蕎麦湯が出ないので、「蕎麦湯は
と聞いたら、お店の方もビックリされたと言ってました。
九州では、習慣がほとんどなく、好んで飲まれる方が少ないからです
その後は、父がその蕎麦屋に行くと、何も言わなくても
蕎麦湯の容器で、蕎麦湯が出るようになったそうです。

で、実は、父は「 高血圧 」で、薬も常用しています
前回、効果などについて綴りましたが
蕎麦は、高血圧や生活習慣病によいとされています。
父は、身体が自然に蕎麦を欲しているんだぁと 感じている部分です。
私も父と蕎麦屋に行ったときは、蕎麦を食べなくとも、
わざわざもらって、蕎麦湯を飲むようになりました

特別美味しい訳ではありませんが、
なんだか飲むと、とても落ち着く味がするんですよね~



        P1010238.jpg
        お店の「韃靼ソバ茶」 
        通常の蕎麦茶よりルチンが多く、色が黄色。



【 蕎麦を食する工夫 】
よって、蕎麦を大切に、無駄なく食する工夫としては、
『 水溶性の成分のルチン 』 を上手く摂取することだと思います

そば粉を用いて、お菓子に加えて焼いたりするのも良いと思います。
蕎麦クレープなども知られていると思います。

お好み焼きに加えたりするのも、よいと思います。

で、手軽に「 お茶 」として頂くことも出来ます
蕎麦茶は、香ばしくて美味しく飲みやすいですよ
当店も取り扱っていますが、特に 「 韃靼ソバ 」が、ルチンが多くおすすめです
食べ過ぎた後の食後に飲んだりする工夫をするとよいと思います。

また、蕎麦茶は、炒ってあり香ばしいので、そのままお菓子や料理にも
応用しやすいと思います。
煮物に加えて料理してもよいと思います

蕎麦の特徴を知ると、利用法も広がり、蕎麦を上手く摂取できると思います



おいしいお蕎麦になりたいわ♪
おいしいお蕎麦になりたいわ♪ posted by (C)ここわんこ



【 無駄なく活かす 】
皆さん、身近な蕎麦の事を、どの位ご存知でしたか
引越し蕎麦や、年越し蕎麦として知られている蕎麦だと思いますが、
意外に、蕎麦の実質の特徴が知られてないか、忘れられている現代かもしれません

蕎麦の特徴を知れば、今後、蕎麦を頂く時の気持ちが
異なるかもしれませんね~

一番良いのは、『 美味しく、無駄なく、食材を活かして頂く事 』 のように感じます。

それは、食材だけでなく、
なんでも当てはまり、それぞれの本質を知り、上手く取り入れる事でもある感じます

それには、まず、様々な本質を知る事から始める必要があるかもしれません。

何でも、『 大切な部分を無駄にせず活かせる世の中 』 になると、もしかしたら、
心も豊かになるかもしれません

古代人や、昔の人は、何でも大切にして、
今より無駄の少ない生活をしていたように感じます


が、さて、『 無駄 』 と言う言葉ですが・・・
人により 『 無駄 』 の捉え方も様々だと想います。

あなたにとって、無駄とは何でしょうか

『 世の中には、無駄なものは何ひとつ無く 』
『 無駄を産み出しているのは、人間自身 』 なのかもしれません・・・・
 その無駄で苦しんで、学んでいる人間かも
その無駄が、人間の学びならば、それも無駄でない
そう感じる、私がいます
 



蕎麦の蝶 モンシロ君
蕎麦の蝶 モンシロ君 posted by (C)プレティオ



皆さん、如何でしたか
       あなたは、馴染み深い 「 ソバ 」   から
                              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです。 




               ブログランキング・にほんブログ村へ
             (この天使さん達に、笑顔を頂いている私





【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   






スポンサーサイト

◆32 『ソバ①』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   8 comments   0 trackback  

古代、凶荒時の救済だった「ソバ」さんのご紹介
    【 そばの特徴 栄養 ソバの雑学 食と文化 どんな未来の地球を望みますか? 】


朝夕、少し過ごし易くなってきましたが、
まだまだ残暑厳しい日が続いていますね
でも、夏の終わりを感じる、植物や昆虫達の姿も見かけますね

みなさん、夏の疲れが出る頃です。
どうぞご自愛くださいね

本日は、春、夏、秋に収穫ができる
「 ソバ 」をテーマにしたいと思います

皆さんは、日本で馴染み深い 「 ソバ 」 について、どのくらいご存知ですか


今回は、①として、「 ソバ 」に関する様々なご紹介で
次回は、②として、薬膳・薬草としての「 ソバ 」について綴りたいと思います



ツーショット1
ツーショット1 posted by (C)qooh(qumyah改)


【 ソバ 】
科名 : タデ科 の 一年草
別名 : 蕎麦(ソバムギ)   
原産国 : 中央アジア
生薬名 : 蕎麦(キョウバク)
生育 : 種を撒いて 35日ほどで開花して、80~90日で収穫できる。
収穫 : 春蕎麦  夏蕎麦  秋蕎麦 
      (一般的には、夏と秋の収穫が多い)
種 : 黒い三角錐形で黒褐色か灰褐色 
     硬い果皮に包まれている。



ミゾソバ【溝蕎麦】の花C
ミゾソバ【溝蕎麦】の花C posted by (C)カノープス


【 特徴 】
≪長所≫ 
生育が早く、日光を独り占めするので雑草も生えにくく、
痩せた土地でも育ち易い

≪短所≫
暑さに弱く、実が落ち易いので収穫が少ない
また、保存がきかない短所もあります


蕎麦は昔から親しまれていた、食品で古代から「ソバムギ」として
親しまれていたようです。

秋の収穫のものが、香りも優れ収量も多いようです

意外にも、世界各地で栽培されており、日本原産はわずか2割ほどです

蕎麦は、昔はソバ米(雑穀に含まれる)として煮て食されていたようですが、
戦国時代より、
挽いた粉を湯で練って食べる、「そばがき」が主流だったようです。
それが、江戸時代頃から、
そば切りが出てきて、現代に至っているようです。
また蕎麦は、昔は、凶荒時の救済非常食としても有名でした



蕎麦のお花畑
蕎麦のお花畑 posted by (C)ここわんこ



【 栄養 】
蕎麦には
良質なルチン、タンパク質、ミネラル、ビタミン(特にビタミんB群)などが
バランスよく含まれています。
その成分の中で「ルチン」は蕎麦の特徴成分と言えます

「ルチン」とは、ポリフェノールの一つであり、
一時期は、ビタミンPと呼ばれていた栄養素です。

「ルチン」には、
毛細血管を強くする作用や、血圧を下げる作用があることで有名で
高血圧の予防として注目されています
動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防にも期待されれている食品です

また、ビタミンCの吸収を助け酸化を防止する効果もあるため
皮膚を健康に保つ働きもあるとされています。

他にも脳の記憶細胞を保護したり、活性化するとも言われます。

蕎麦のたんぱく質には、脂肪の蓄積を抑える作用もあることが、わかったきたようです。

更に、食物繊維も多く便秘解消にもよいと言われています。

食品の中でも、ルチンを多く含む代表でもあるのが蕎麦です
中でも、「 韃靼ソバ 」 の品種には、通常のソバより 「 ルチン 」 が多く含まれています。

今回は栄養面から綴ってみましたが、次回は、薬膳・薬草の視点で綴りたいと思います



溝蕎麦
溝蕎麦 posted by (C)カノープス



【 雑学 】
≪引越しそば≫
切りそばが食されるようになった、江戸時代から始まったとされる習慣で、
ソバが長く切れない事から、“おソバ(側)で 長くお付き合いできますように”
という願いを込めて、ご近所さんに配られたことが習慣になったようです
昔は、手ごろで安いお蕎麦で、振る舞いやすい事もあったようです。


≪ソバ枕≫
ソバ枕は、昔から有名ですね。
実は、ソバは、寝つきがよい健康枕として馴染まれた枕です
私が子どもの頃、家にあった事を覚えています。

そば殻は、熱を伝えず通気性もよいので、枕に熱がこもらないとされ、
夏は特に安眠でき親しまれた枕のようです。
自然を無駄にしない、昔の方の知恵ですね


≪年越しソバ≫
昔、金箔を延ばすとき、飛び散った金粉をそば粉で寄せ集めていたため、
金銀を引き寄せる縁起をかつぎ
「年越しソバ」を食べる習慣が、残ったとも言われているようです



ピンクの恥ずかしがり屋さん
ピンクの恥ずかしがり屋さん posted by (C)ここわんこ



【 食と文化 】
雑学で記したように、食から文化や時代の流れを感じますね

しかし、この近年、特に30年~50年程で、
日本独自の文化や習慣が、急激に消え去ろうとしているものが多いように感じます

時代と共に、必要でなくなったから、消え去ろうとそているのか
拘りがなくなっているから、消え去ろうとしているのか
便利になっている為に、消え去ろうとしているのか
習慣を気にしない、大切にしなくなっているために、消え去ろうとしているのか
大切なものが置き去りになっているために、消え去ろうとしているのか、  などなど

本当に消えてしまってよいものか、どうか、
奥が深いので、一言では言えませんが、何か寂しい気がします



ミゾソバ【溝蕎麦】の花E
ミゾソバ【溝蕎麦】の花E posted by (C)カノープス



【 どんな未来の地球を望みますか 】
言える事は、
古代や昔の人々と、現代の人々とは、
「 ソバ 」 に対する認識が大きく変化している事実ですね

しかし「ソバ」自体は、昔から「ソバ」なんですよね・・・

これは、何にでも当てはまる事だと思います。

人間の意識の捕らえ方が、すごく大きな影響を様々に与えていると言うことです

今は便利になった時代ですが、まだまだ便利の追求は続いています。
便利になったことで、有り難い事も沢山ありますが・・・
でも、大切なものが置き去りになっている事も多いのでは・・・ と感じる私です

前にも記しましたが、
実は、これ以上、便利になる世界を望んでない私がいます
便利になるにつれ、大切なものが置き去りになっているように感じるからです

「 便利さ 」や「 裕福 」よりも、まずは「 心が満たされる 」世界を、私は望んでいます

「 便利 」で「 裕福 」によって、心が満たされたとしても、
その「 心が満たされた裕福さ 」の場合、ずっと続くかは、疑問だからです

人間の心が満たされれば、地球も満たされると感じる私もいます

もしかしたら、心底心が満たされてから、
全体が、便利や裕福になる事を望んでいる、私がいるのかもしれません

また、心が満たされれば、裕福や便利さより、
『 自然と共に生きる事を望む 』 ようになると感じる私もいます

人間の心と、地球環境には、大切な相関関係があると感じる私がいるからです





蕎麦の花と彼岸花
蕎麦の花と彼岸花 posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



皆さん、如何でしたか
       あなたは、馴染み深い 「 ソバ 」   から
                              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです






【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   






トランサミン 漢方・薬膳・薬草・自然 東洋医学 心身共に健康 漢方.にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ