自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

漢方薬局の薬剤師で、薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴った過去のブログ内容です^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆36 『 カニ 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   4 comments   0 trackback  

海や河の自然の恵み 『 カニ 』 さんのご紹介
  【 カニの注意 薬膳 寒性の性質 甲羅 カニ鍋 冷え性・アレルギー対処法 】 



早くも今年も残すところ 後わずかとなりましたね
今年もお世話になりました
今年前半は、事故の後遺症でご訪問もできず、ご迷惑おかけ致しました
お蔭様で、心配していた後遺症も今でななく元気になりました
色々、ありがとうございました


          カニ~
          カニ~ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



皆さん、今年はどんな年でしたか
来年は、どんな年になるでしょうね

何かとせわしい時期ですので、どうぞご自愛してくださいね



静物〈冬のズワイガニ〉
静物〈冬のズワイガニ〉 posted by (C)qooh



今年最後のテーマを何にするか、悩みました
本日は、高級食材でもある 『 カニ 』  です。

年末年始にも、召し上がる方は多いかもしれませんね
本日は、特に薬膳的な視点より、綴りたいと思います
何か、ご参考になれば幸いです



心頭滅却すれば…
心頭滅却すれば… posted by (C)qooh



【 カ ニ 】
科目 : カニ類の総称

      全世界で5000種類 日本でも1000類近く存在するといわれています。

      ( 日本 : ケガニ、松葉ガニ、ズワイガニ、タバラガニ ガザミ など )

収穫時期 : 種類によって異なる。

性味 : 寒 ・ 鹹

帰経 : 肝 ・ 腎   (心)

薬膳的な働き : 清熱散血 黄疸症 筋骨損傷 慢性皮膚炎 やけど
 


かにかにかに
かにかにかに posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 カニを食する場合の 注意事項 】
カニは、意外に注意事項が色々あります

・死んだカニは食べてはいけない。
・食べ合わせの悪いもの
   柿     腹痛の原因 
   ナシ    嘔吐・腹痛・下痢
  ピーナッツ  下痢

など 古典にも記載されているそうです

その他、シュウ酸を多く含むほうれん草なども、
消化できない物質を形成するとも言われてます
蜂蜜、棗、なども併用注意

・身はアレルギー反応を起こしやすく、特にカニ味噌には注意が必要です



かにみそ、焼いてみました
かにみそ、焼いてみました posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 薬 膳 】
カニは、体を冷やし血行を改善する作用があるとされています
よって、炎症により熱をもったうっ血した血行の悪い場合に適用します。
打撲損傷、骨折などにも応用できます。

逆に、「 冷え性 」 の血行が悪い方には向きません
そのような方の場合は、体を温める 活血作用がある「 紅花油 」を使用した料理法や、
体を温める作用がある、ニンニクや生姜などの薬味を上手く工夫して使用すると良いと思います

カニの「 寒性 」は、焼いたり、茹でたりして調理しても寒性は変化しないとされています
カニの寒性を和らげる為に、食するときに
体を温める 「黒砂糖の生姜湯」などをお茶として使用するのも、薬膳的予防です
黒砂糖も生姜も体を温め、生姜には殺菌作用などもあるからです

カニの寒性に注意が必要なタイプ
冷え性の人、特にお腹が冷える方、妊婦、幼児、高齢者、
衰弱した人、胃腸が弱い人、下痢気味の人なども、 注意が必要な食材です。


 その他下記の人も注意です。
  風邪気味で痰と咳がある人、
  痙攣やめまい、手の振るえなどがある人 パーキンソン病の人
  顔面神経麻痺がある人



          かにのてんぷら
          かにのてんぷら posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 カニ甲羅の栄養 】
甲羅には、タウリン、キチン・キトサン、ナイアシン、ミネラル類、など

≪ タウリン ≫
カニの甲羅にタウリンが多く含有されており、
動脈硬化や肝機能改善、カルシウム濃度の調節などによいとされています。
また、滋養強壮の作用もあると注目も集めています

≪ キチン・キトサン ≫
体内の有害物質を排出する作用があり免疫を高める働きがあると
いわれています。
サプリで話題のグルコサミンも、キチン質のひとつです。
この成分の抗アレルギー作用が注目され、医療用の素材としても広く使用されています



鍋用
鍋用 posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 理にかなったカニ鍋 】
上記より、甲羅の栄養素も満遍なくカニを頂くには、
スープとしても頂ける鍋などがベストです

緑黄色野菜と一緒に頂くことで、栄養のバランスも整えられます
また、生姜や酢の薬味と一緒に頂くと、殺菌作用があり、更に寒性を抑えてくれ
理にかなっている訳です
ご存知の通り、薬味には、意味がありとても重要な役目があるのです

 (*酢は、書籍により捉え方が異なり、寒性 とも 温性とも 言われる場合があります。 
   
   酢の原料によっても、異なる場合があります。)    
 

もともと、「 寒性 」作用が強い カニ ですので、
妊婦さんや、体の状態に合わせて、食べ過ぎないように上手く調節しましょう。
冷え性のお子さんや虚弱なお子さんも、注意してあげてください



しゃぶしゃぶ
しゃぶしゃぶ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 フィンガーボール 】
カニは、甲羅が硬く、食べるのが難しいですよね~
私は、上手く食べれないタイプです
カニ料理には、指を洗う、フィンガーボール が付いている場合がありますね

中国などでは、この溶液に、焼酎や濃い菊花茶などを用いる場合があるようです。、
この溶液で、指を洗うと、カニの臭みを取り殺菌もできるようです
日本では、レモン汁が多いかもしれませんね。

    菊花茶に興味のある方 こちらからどうぞ    
         ◆34 『キク』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」
          http://ainote0707.blog.fc2.com/blog-entry-152.html



          しゃぶしゃぶ
          しゃぶしゃぶ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 冷え性 と アレルギー 】
私は昔、カニ・エビ アレルギーがありました。  どちらも大好きだったのですが・・・
特に、カニを食べるとすぐに下痢をして、数時間トイレにいる状態で、とても大変でした
その上、半端でない腹痛を伴っていました
今は、お蔭様で克服して、どちらも美味しく頂ける様になりました
当時は、大学生で薬膳や漢方の知識など、全くなかったので気づかなかったのですが
その頃、冷え性だったことも、その症状の要因のひとつだった可能性があるなぁ~と、感じてます。

先日、冷え性の方が来店され、色々薬膳と漢方についてお話していたときに、
冷え性なので、冬のカニにも注意してくださいね~ とお話しましたら、
エッという表情だったので、お聞きすると、
実は、先日カニの海鮮料理を食べに出かけて、帰りにとてもお腹が痛かったんですよ
との返答でした。 
お客様も、薬膳や漢方の話に腑が落ちましたと言われ、とても納得されたご様子でした



雑炊
雑炊 posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)


【 もしもの・・・ 対処法 】
もし、カニの食後の冷えによる腹痛や下痢や嘔吐の症状の応急処置には、
冷えたお腹を温め、温かい生姜茶やシソ葉茶を飲むことをお薦めします
水分も補えるので、下痢や嘔吐による、脱水症状の予防にもなると思います
但し、この場合の甘味には、黒砂糖を用いてください
蜂蜜は不適です。 蜂蜜は下痢を強める可能性がるからです。
     
生姜や紫葉(シソ)には、温めてくれ、特にカニ・エビ・魚介類の解毒作用もあり、
嘔吐の症状も軽減してくれます。
その目的で、生薬として配合されている漢方薬もあります

もちろん、ひどい場合は、速やかに病院で受診しましょう


ムツゴロウ(5)
ムツゴロウ(5) posted by (C)プレティオ


【 大切な知識や情報とは?】
日本では、意外に知られていない情報、知識のように感じています。
人間の身を守るための生きる基礎的な知識でもあると感じていますが・・・
なぜか、そのような情報や知識より、
別の情報が多く、情報に流されやすい情報現代なのかも・・・ 
大切な知識や情報って、本当は何だろう と考えさせられます


冷えの状態にもよると思いますが、
冷え性の方には、特にお役に立てて頂きたい情報です

高級で、美味しい海や河の自然の恵みのカニを、
笑顔で無駄なく、有難く頂きたいですね。   



Kani
Kani posted by (C)プレティオ



皆さん、如何でしたか
       あなたは、海や河の自然の恵みの 「 カニ 」 さん から
                           どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




御輿来海岸の夕日
御輿来海岸の夕日 posted by (C)プレティオ


            皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください








【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   






スポンサーサイト

◆35 『ハーブ・紅茶』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   4 comments   0 trackback  

人気のハーブ紅茶のご紹介     
        【 ラベンダー レモングラス カモマイル ローズ 日本の民間茶 】



早くてもうすぐクリスマスですね
家族や、友人、恋人 など
皆さんは、どんなクリスマスイベントを予定されているでしょうか
また、クリスマスなんて関係のないお方も、いるかもしれませんね~

2012年も残すことわずか、 心残りないよう、お過ごしくださいませ


優しく微笑んで♪
優しく微笑んで♪ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



今回は、クリスマスにちなんで、 一般的に有名なハーブを主体にした
ハーブ紅茶について、いくつかご紹介したいと思います
ハーブは西洋などで、香りが高い薬草として古代から親しまれたものです

ハーブが苦手な方も、飲みやすくなる 「ハーブ紅茶」は、
香りも楽しめ、香りでアロマ効果も期待できますよ
当店でも人気です

クリスマスケーキと一緒に、いかがですか
是非一度、お試しください



白葉ラベンダー
白葉ラベンダー posted by (C)qooh



【 ラベンダー 】    < 科名 : シソ科の多年草  使用部 : 花 > 

「香りの庭の女王」と、呼ばれるほど有名で人気のある香り高いパープルのハーブです。
ラベンダーも生産地や品種により様々です。
特に、フランスのラベンダーが有名です

ポプリ、食用、オイルとして、幅広く使用されるハーブです


ラベンダー紅茶  ラベンダーと紅茶


≪ 効 能 ≫
鎮静作用、抗菌・殺菌作用、心身の緊張による不眠、ストレスによる頭痛や整理痛 など。

東洋で言うと、滞った気の流れを改善するハーブとされています。
ストレスでイライラした人に特にお薦めです
また、抗菌・殺菌作用もあり、風邪などの予防にもお薦めです。
ポプリとしては、この抗菌・殺菌・防腐作用と強い香りで、昔から使用されてきた訳です。

お好きな紅茶の茶葉に、ラベンダーのハーブを 1~2割りほどお好みで加えて
熱湯を注ぎ、数分蒸して、召し上がれ

  *注意 妊娠中は、大量に摂取しないように、控えめに



スジグロチョウの飛翔
スジグロチョウの飛翔 posted by (C)プレティオ  〔花:ラベンダー〕



【 レモングラス 】       < 科名 : イネ科の多年草   使用部 : 葉 >

ススキによく似た、とても育てやすく、繁殖しやすいハーブです。
名前のとおり、レモンに似た、さわやかな香りがします
東南アジアでは、料理にもよく使用されるハーブで、
タイ料理のトムヤムクンは有名だと思います。


レモングラス紅茶  レモングラスと紅茶


≪ 効 能 ≫
消化促進、腹痛、疲労回復、食欲増進、風邪やインフレエンザの症状改善 など。

食べ過ぎなどの消化を助けてくれるので、食前・食後にもよいお茶です
疲労回復にも効果が高く、リフレッシュにも最適です。
また、発汗や殺菌作用もあるので、
冬の風邪やインフレエンザの症状の緩和にも利用されるようです

レモンピール(レモンの皮) や レモンバーム(シソ科) などのハーブとの相性もよいですよ。
紅茶とお好みのレモン系のハーブをブレンドしてみてはいかがですか
レモン系は、アイスティーとしても、さわやかでお薦めですよ



カモミール中convert_20121208193156
お店の敷地に咲く*カモミール



【 カモミール・ジャーマン 】    < 科名 :キク科の1年草  使用部 :花 >

「 大地のリンゴ 」を意味するギリシャの語源をもつ1年草のハーブ
花の部分が使用されます。
名前のとおり、リンゴに似た甘い香りで、やはり人気が高いハーブです
カモマイル・ローマンという、見た目も味もよく似た多年草のハーブもあります。
ローマンは、花だけでなく、葉にも強い香りをもっています

≪ 効 能 ≫
鎮静作用、消化促進、風邪・インフルエンザ・アレルギーなどの緩和、
消炎・鎮痛、婦人科系のバランスの調整   など。

様々な用途で幅広く使用されたハーブです。
ヨーロッパでは、子供にもお茶として使用されるほどです。
特にミルクとの相性がよいので、ミルクティーとしてお薦めです

紅茶もミルクと愛用のよいアッサム紅茶(インドのアッサム地方で取れる紅茶)と
お好みのカモマイルを適宜ブレンドして、「 ミルクティー 」としていかがですか

  *妊娠中は、多量摂取はしないこと、控えること



初夏の‘マダム・アントワーヌ・マリー’3
初夏の‘マダム・アントワーヌ・マリー’3 posted by (C)qooh



【 ローズ 】      < 科名 : バラ科   使用部 : 花 >

ローズには、いくつか種類があります

 ローズレッドやローズペダルは → 花びら
 ローズバッツ → 蕾

色も 赤やピンクやパープルなどの色もあり、生産地や、品種も色々あります。
よく使用されるのが、レーズレッドの 「赤い花びら」 のようです


ローズ紅茶  ハーズレッドと紅茶


≪ 効 能 ≫
沈静作用、生理不順、更年期障害の緩和、ホルモン分泌の調整、美肌効果、消炎 など

昔から、女性のホルモンバランスと整えるとされ、香水や化粧水、入浴剤としても使用され
愛さたれてきたローズです

お好きな紅茶の茶葉に、ローズのハーブを1~2割、お好みの量を加えて
熱湯を注ぎ、数分蒸して、召し上がれ



Rクレール・マタン
Rクレール・マタン posted by (C)qooh


【 ハーブ 】
ハーブは、香りが高いものが多いのが特徴だと思います
西洋で主に使用されたハーブといえると思います。
東南アジアでは、スパイスとして料理に使用されてきました。
インドなどのカレーのスパイスも、そのひとつと言えると思います
現代でも、その国で愛され受け継がれているように思います

どの国も身近な植物と共に歩み、助けられきた事には変わりないと思います。
その地域の風土に合った、植物たちと共に生きてきた人間です



初夏の‘マダム・アントワーヌ・マリー’2
初夏の‘マダム・アントワーヌ・マリー’2 posted by (C)qooh



【 日本の民間茶 】
日本人は、その風土を忘れつつあるのかもしれません
緑茶や玄米茶などは、いまでも愛用されていますが
日本の昔ながらの民間茶の知恵が消え去ろうとしているように感じます。
ハブ茶、ドクダミ茶、ハトムギ茶、ソバ茶、ゲンノショウコ茶、  などなど
随分減少しており、
それどころか、ペットボトルのお茶を手軽に買うようになっているように感じます

日本の風土に合った植物たちとの交流も大切に、
他国で活躍してきたハーブ達の力も、お借りできればなぁと思う私です

ハーブの良さも感じながら
      この機会に、日本の風土や伝統も振り返り
            日本の良さも思い出していただければ幸いです




        光のチャペル
        光のチャペル posted by (C)プレティオ



皆さん、如何でしたか
       あなたは、香り高い薬草の 「 ハーブ 」 達 から
                      どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです








【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。