自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

お悩み相談専門店(漢方薬局と心のケア)として営んでます。薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴ってます^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

◆40 『 チャノキ 2 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   4 comments   0 trackback  

食文化と薬膳 身近な 『茶』 の木 さんのご紹介     
          【 様々な茶の製法 文化とお茶 馴染み深い薬膳 身近なお茶の活用 】 



なかなか安定しない気候ですね。 
でも近頃、敷地で鶯が鳴いくれていて、癒されています
天候は不安定でも、身近な春を色々感じるこの頃です

気づけば、明日からゴールデンウィーク
皆さんのご予定はいかがでしょうか どうぞ、よい連休をお過ごしください
ちなみに、私はお仕事です



天空に咲く遠山桜
天空に咲く遠山桜 posted by (C)プレティオ



本日は、前回に続き 「 茶 」 について続きを綴りたいと思います
前回の記事を読まれてなく、ご興味のある方は、ことらからどうぞ

                 ◆40 『 茶 1 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」
               【 民間療法 効能・効果 茶の性質 漢方薬 水だし茶 】 



茶つみ娘
茶つみ娘 posted by (C)プレティオ


【 様々なお茶 】
日本のお茶といえば、代表が「 緑茶 」ですが 
他のお茶として、ウーロン茶、紅茶、プアール茶も
近年、日本でも親しまれてご存じですよね

ご存知の方もいると思いますが、意外に知られていないのが、
緑茶、烏龍茶、紅茶、プアール茶 は
皆同じ 「 茶 」の木の「 葉 」から作られた 「 お茶 」ということです

違うのは、『 茶の製法 』 なんです
製法により、味や見た目や香りなどはもちろん、性質も変わります。 
それと茶の生産地や品種などでも、味わいは異なりますね。

では次は、その違いを少し綴りたいと思います
ご存じの方は、お流しください
  

おちゃの花 0911
おちゃの花 0911 posted by (C)花信風


【 「 茶 」の木からできる有名なお茶 】

緑茶    : 茶葉を 蒸して発酵を抑えたもの で艶のある緑色。 ビタミンCが多い。
         生モノを食する日本文化では、解毒・殺菌作用が強く
         親しまれているお茶
と言えます。
          ★中国の緑茶は日本と異なり、蒸さなくて釜炒りをする「不発酵茶」。
           日本の緑茶にも色々種類がありますが、
           今回は、長くなるので割愛させていただきます。

烏龍茶   : 蒸すのでなく、釜炒りしてある程度発酵させたもの(不発酵茶)。
         発酵の度合いが幅広い。「 青茶 」 に分類される。
         中華料理を食べる中国、台湾では、緑茶より発酵のお茶の方が
         油性分を洗い流してくれ、スッキリさせるので食事に合う。

         現代食生活が変化して、日本でもおなじみの親しみやすいお茶。

紅茶    : 茶葉を完全に発酵してつくる。 ビタミンCは消失するが芳香がよい。
         香りを楽しむお茶として有名。
         紅茶は、イギリスのお茶のようだが、意外に発祥は中国である。
         中国の紅茶が渡来して、アフターヌーンティーなどで
         イギリスで広まったと言える。
          ★世界三大紅茶     中国    キームン紅茶
                         インド    ダージリン紅茶
                         スリランカ ウバァ紅茶
             世界最大の紅茶産地 インド   アッサム地方(紅茶)
           (意外に、アジアが主流

プアール茶  :  発酵させ、独特に熟成させたもの。緑茶のような生茶もある。
           餅のような形に固めて熟成保存された「 餅茶 」が有名。   
                        脂肪燃焼・分解促進作用があるとるとされ、
         油を多く使用する中華料理によく飲用されるお茶。

           ダイエット茶としても有名。 「 黒茶 」に分類される。
            ★黒茶が原料の物は、10~20年熟成。
              緑茶が原料の物は 30~40年熟成。
              よって、プアール茶には、ビンテージものがあります。



嬉野の100年桜
嬉野の100年桜 posted by (C)プレティオ  福岡県:嬉野茶畑の百年桜


【 お茶と文化 】
上記のように、国の食文化の違いにより 
飲むお茶が異なる
事が、おわかり頂けたと思います。 

製法により、お茶の性質は変化しますが、どのお茶も食べ過ぎに使用するお茶と
言う点では、共通していると言えます

日本の食生活には緑茶がよく合い、様々な
蒸し緑茶、煎茶、玉露、番茶、抹茶などが生まれたと言えます。
何といっても、茶道は 日本独自の文化ですよね

文化や風土により、身近な物を上手く活用する、またできる人間だと思います。
この活用法の知恵を、他でも失われず活かされればいいなぁと思います


ちなみに中国ではお茶は、大きく6・7種に分類されるています。
白茶、緑茶、黄茶、青茶、黒茶、紅茶 そして特殊な 花茶。

花茶や民芸茶は、とても綺麗で見た目も楽しめますよ
これも、中国の文化と言えると思います。
下のフォトは、その一である、中国の民芸茶です。 


002.jpg                      民芸茶 001
「民芸花茶」 入れる前の状態      お湯を注いでしばらくすると花が咲きます

*上記の民芸花茶の写真(左)が別のものでした。
  ご迷惑お掛け致しまして、申し訳ございません。平成28年3月9日に差し替えしています。



【 なじみ深い日本の薬膳 】
日本で親しまれている緑茶は、
生モノを食する日本人には、必要で欠かせないお茶でした

一番分かりやすいのが、日本食のお寿司
お寿司では、生の魚を食べるので、 その御供として
緑茶、生姜の酢漬け、ワサビ、 そしてお刺身に添えられるシソなどは、
殺菌・解毒の役目を担ってくれます。
生姜、ワサビ、シソは、生モノで体を冷やしすぎないように、体を温める作用もあります。
お刺身に付く大根は、生モノの消化を助けてくれます。

これは、薬膳そのものです。  医食同源ですね
身近な緑茶も、薬膳を担っています



待つ茶娘
待つ茶娘 posted by (C)花信風



【 冷え性の方 と 暑がりの方 の身近な飲料】
女性は、冷え症の方が多いですよね
緑茶は、冷えやすいので、できれば冬の緑茶は控え目に
冷えるときは、体を温める、発酵された黒い色のお茶や、
また話題の生姜茶などがお勧めです

逆に、暑がりの方は、夏には緑茶や麦茶などがおすすめです。 
特に、よく喉が渇く方や抗菌作用を求めるかたなどは、緑茶がお勧めです。
(前回の記事を参照してください)
麦茶は、ノンカフェインで血をサラサラにしてくれると言われてます
暑がりで、夏に多量の汗をかき血が濃くなりやすい体質(コレステロールが高い方などの)
に、よいと思います。

脂っこい物を食べるときは、ご存じと思いますが、烏龍茶やプアール茶がお勧めです
日本では、この開発されたペットボトルのお茶の飲料が増えていますね

今年(2013年)3月に、サントリーから、女性向きの 「黒烏龍茶 香るジャスミン」
が新発売 されています。 全国発売は、5月中旬のようです。
これ、「特定保健用食品」 なんですよ。  (1本 350ml 定価160円)
女性向きとは、ラベルやパッケージ、イメージなどが可愛くスマートで
ジャスミン入りで香りも女性に好まれるようになっているようです
ジャスミンは、リラックス効果もあるといわれてますよ
ダイエット茶として、話題になるかもしれませんね

前回に引き続き、生薬であり身近な 「茶」 の木さんについてご紹介いたしましたが、
いかがでしたか
緑茶はもちろん、身近な飲料を上手く、活用して頂ければ幸いです



          吉田の百年桜
          吉田の百年桜 posted by (C)プレティオ   
          福岡県:嬉野の茶畑の百年桜




皆さん、如何でしたか
       あなたは 身近な  「 茶 」 さん から
                        どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです









【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
    









スポンサーサイト

◆40 『 チャノキ 1 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   4 comments   0 trackback  

生薬でもある 『茶』 の木 さんのご紹介 ①      
    【 民間療法 効能・効果 茶の性質 漢方薬 水だし茶 】 



福岡の桜は、葉桜になりつつあります
この頃、日本列島異常な天候です
色々気になるところです
どうぞ皆さま、ご自愛くださいね。

ことろで、4~5月上・中旬ごろが、ちょうど新茶が出回る時期ですね
皆さん、どのくらい 「 お茶(緑茶) 」 についてご存知でしょうか

では本日は、「 茶 」①として、生薬・漢方薬 の視点で綴りたいと思います



嬉野の百年桜(1)
嬉野の百年桜(1) posted by (C)プレティオ  福岡県:嬉野茶畑の百年桜



【 茶(チャ)】
科名 : ツバキ科

原産 : 中国 暖地性の常緑低木
      ・野生 7~8mとなり細かく枝をつける
      ・ 栽培 茶用に栽培するものは1mぐらいに仕立て生垣とする。
  
若葉 : 春

花 ; 秋~冬 椿に似た白い花を咲かせる。  

緑茶は、春の若葉を使用しているので、お花や実は、秋~冬なんですね~。
下の写真が、茶の木の お花です。 可愛いですよね

実はお花、食べることが出来るようですよ~。
これは、地域性があるのかもしれません。

では、お茶の民間使用や漢方使用はどうでしょうか
えっ お茶が 民間療法 って思われるかもしれませんね~
ご紹介したいと思います
  


はずかしがりの茶娘
はずかしがりの茶娘 posted by (C)花信風



【 民間療法 】

≪ 葉 (若葉) ≫

 生薬名 : 茶葉(ちゃよう) or  細茶(さいちゃ)

 採取  : 春に採取するものがよい。
        葉を摘んで短時間蒸らして発酵を止め、
        熱を通しながら手でもんでヨリ、再び加熱して作る。

 〔効能・効果〕
   頭痛、、下痢、食べ過ぎ、のどの渇き、発汗、利尿、
   風邪の予防、二日酔い、消化促進、解毒、多眠   など

  その他
   ・外用として うがい 
   ・軽い強心発作時に、葉を噛んで応急処置に用いられた事もある。
   ・カフェインやタンニンなどを多く含む。
   ・近年注目成分 : カテキン、ポリサッカラドなど 


茶つみ祭
茶つみ祭 posted by (C)プレティオ



≪ 種子 ≫

 生薬名 : 茶子(ちゃし)
 
  採取 : 秋に採取して、乾燥して粉砕にして使用


 〔効能・効果〕     
    黄色い痰が出る咳


いかがですか
日本人が通常飲んでいる緑茶は、民間療法でもあるんですよ

今は、日本のお茶が、海外でもヘルシーだと人気が出ているほど注目されている飲料ですね
 
では、中国での 「 お茶 」 の捉え方も以下にご紹介いたします



お茶の実 1
お茶の実 1 posted by (C)花信風



【 参考に、中国で使用されている「茶」の性質 】

≪ 茶葉・細茶 ≫
 ・六味の性質 (味の性質)            : 苦・甘
 ・五気の性質 (温・寒)             : 涼  (寒性より穏やか)
 ・帰経    (関係深い作用する五臓六腑・経路) : 心・肺・胃
 ・中国薬効   : 清頭目、除煩渇、化痰、消食、利尿解毒   など


≪ 茶子 ≫
  ・六味の性質 (味の性質)           : 苦
  ・五気の性質 (温・寒)          : 寒
  ・帰経 (関係深い作用する五臓六腑・経路)   : 肺
  ・中国薬効                   : 祛痰止関



お茶の蕾
お茶の蕾 posted by (C)花信風



【 漢方薬 】
ちなみに 「茶 」 は、民間療法だけでなく、漢方薬でも使用されている 「 生薬 」 です
有名なものに、

眼精疲労や視力障害に用いられる漢方薬として
「 滋腎明目湯 (じじんめいもくとう) 」、

頭痛などに用いられる漢方薬として
「 川芎茶調散 (せんきゅうちゃちょうさん) 」  などがあります
漢方名に 「 茶 」 が付いていて分かりやすいですよね

実は、この「 川芎茶調散 」に 「 茶葉 」 が配合されている漢方薬と、
「 茶葉 」 が配合されてない漢方薬があります。 どういうことかと言うと、
「 茶葉 」 は配合されず、
【「 川芎茶調散 」の薬末を 「 茶水 」 にて調え、のみ下す】と
原方に記載されているからのようです
 面白く興味深い部分だと思います

緑茶の成分の  『 カテキン 』 は、抗酸化、抗菌、抗腫瘍作用の様々な作用で
有名になって話題になりましたが
さらに近年、緑茶の 『 ポリサッカラ ド 』  が、血糖値を下げる成分として話題になり
この成分は、熱で分解されやすい成分なので、水出しの緑茶も注目されています

現代の 「 水だし 」 と 「 茶水 」 に共通する部分があるならば、面白いと思います
このように、日本人が愛飲してきた緑茶の魅力は、奥深いと感じます

馴染み深いお  「茶 」 の魅力を、改めて感じて頂ければ幸いです
次回は、お茶 ②として 「 製法 と 薬膳 」 の視点で、続きを綴りたいと思います



吉田の百年桜
吉田の百年桜 posted by (C)プレティオ  福岡県:嬉野茶畑の百年桜



皆さん、如何でしたか
       あなたは 身近な  「 茶 」 の木 さん から
                        どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです









【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。



【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
    










トランサミン 漢方・薬膳・薬草・自然 東洋医学 心身共に健康 漢方.にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ