自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

お悩み相談専門店(漢方薬局と心のケア)として営んでます。薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴ってます^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

◆49 『 ネギ 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   4 comments   0 trackback  

青い部分 と 白い部分 の 『 ネ ギ 』さんについてご紹介  
 【 ネギ 民間療法 中国による性質(薬膳) 薬味 青ネギと白ネギ 優劣と尊重 】




今年も残り、一週間を切りました。 
今年も、お世話になりました
ご訪問やコメント、また応援下さり、ありがとうございました
来年も、のんびりながらも継続して更新したいと思っています



大興善寺(4)
大興善寺(4) posted by (C)プレティオ



では、今年最後の更新になります
今回は、寒い冬季に、鍋にも大活躍の
誰もが知っている 『 ネギ 』 について綴りたいと思います

皆さんは、ネギについてどのくらいご存じですか
何か、ご参考になれば幸いです


ネギも花咲く
ネギも花咲く posted by (C)花信風



【 ネ ギ 】

科名 : ユリ科

別名 : 葱、長葱、白ネギ、葱茎白、

原産地 : 中央アジア、シベリア、中国 など と言われています。

中国名 : 葱(そう)

開花期 : 春(5~6月)ごろが主だが、品種が多い。

日本には10世紀以前に渡来したと言われている。



葱坊主畑
葱坊主畑 posted by (C)花信風



【 民 間 療 法 】

薬用部 : 白い茎 (葱白:そうはく)

使用法 : 白い部分を切って天日乾燥する。または「生」を用いる。

薬効 : 風邪、のどの腫れと痛み、頭痛、去痰、健胃、整腸、
     不眠、肩こり 、疲労回復


≪ 使用例 ≫
◆寒気のする風邪、腹痛  

  生の刻んで、熱湯を注いで飲む。
  これに、味噌や生姜を加えるとよい。
  できれば、そのまますぐに就寝すると
  発汗が促され、熱が下がる。


◆咳、のどの腫れと痛み、不眠  
   
   白い部分を種に切って、ガーゼに包み、のどに巻く。
   (熱湯を掛けて少し冷まして用いてもよい)



ネギ
ネギ posted by (C)花信風  
 


【  「 葱白 」 の 中国による性質 (薬膳含む) 】

 ・六味の性質 (味の性質)            : 辛

 ・五気の性質 (温・寒)             : 温

 ・帰経    (関係深い作用する五臓六腑・経路) : 肺・胃 

 ・中国薬効   : 発汗解表、散寒通腸、解毒散結  など 


     [ 調理方法 ]
           肉・魚の臭いけし、煮物、など  薬味としても使用される。



ねぎ~♪
ねぎ~♪ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 薬 味 】

ネギは、身近な薬味として、現在も使用されていますね
生でも、料理しても、食べれる食材ですね。 

ご存知ですか
ネギの白い部分は、土をかぶせて白く栽培したものなんです。   

緑ネギと白いネギは、栽培方法が異なるのですね
では、成分の違いはというと・・・

 栄養面でみると
  全体的に → ビタミンB群、ビタミンK ビタミンC、
         カルシウム、カリウム、アリル化合物  など

 含有成分が高いものでみると 
  白い部分 → アリル硫化物 (アリシン)、
  緑の部分 → カロテン、ビタミンK、カロテン 、カルシウム、カリウム            
                               などのようです。



ひつまぶし
ひつまぶし posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)  



白い部分は、  
「 アリル硫化物 」などを多く含有して、薬効 があると言われており
 

これは、ユリ科の 玉ねぎ 、ニンニク、ラッキョウ などに、多く含まれています。
ともに、日が当たらない土の中で成長する白い部分ですね。
ネギの民間療法でも、ネギの白い部分が使用されており、一致します

このアリル硫化物は、ビタミンB1の吸収を高めると言われています 
ビタミンB1は、多量に摂取しても、体外に排出されてしまいます
よって、アリル硫化物(アリシン)の含有が高い、白ネギ、玉ねぎ、ニンニクなどと
ビタミンB1の含有が高い 豚肉、ウナギ、タラコなどと一緒に取ると吸収が高くなり
いいわけですね


緑の部分は、      
日光に当たり育ち、栄養価 が高いと言えます
 


つまり、ネギの白い部分が民間療法などの「 薬効 」として活躍し
また、ネギの緑の部分は「 栄養価 」 が高く活躍するといえますね

なんでも、バランスよく用いることは、大切よ思います
また、このことより、目的は何かで、
「 青 と 白 」の部分を使い分けることも可能です
ネギの性質を知ると、応用が利くのではないでしょうか

冬季は鍋のシーズンですね。
薬味として、また具材として、是非活用してください



P1010026.jpg
 プランターで育った 青ネギ(小ネギ)  posted by あんく♪



【 青ネギ と 白ネギ 】

最後に、ネギのおかしな話について触れたいと思います

ネギは昔 関西の人は、関東のものは葱の白い根を食べると笑い
     関東の人は、関西はケチだから、ネギの青いところまで食べると笑った
   
とか・・・

白い部分が多い、東京ネギ(根深ネギ)
青い部分が多い、京ネギ(葉ネギ)      と言えます

今では、東日本でも西日本でも、共に流通され随分差がなくなっているようですが、
上記の なごりはあるようです。

これは、面白いと言うより、人間の 「 自分の方が ま・と・も(正しい)」と
思い込んでいた例の 話しとも言えますね



葱坊主にジャコウアゲハ
葱坊主にジャコウアゲハ posted by (C)プレティオ



【  比べる… 優劣 と 尊重  】

上記の話は、「 比べる 」本質を外れた、
人間の愚かな可笑しな話とも言えるかもしれません

本来、「 比べる 」 とは、それぞれの違いを知るために用いるものであると思います 
比べて、批判したり、見下したり、卑下したりするものではないですよね~。
つまり、「 比べるは、優劣を付けるものではない 」事を、
意識する必要があると感じます
無意識に、優劣をつけているのは、我々人間である事実・・・。

比べる場合、表面的な事だけでなく、人間の
ぞれぞれの価値観などの捉え方や、思考の違いに過ぎない場合も多く、
互いに、認め合うことが大切ですよね。

「 お互いを認め合う・尊重する 」 ことができれば、
争い事も起きないのではないでしょうか

これ、実は意外に、日常の会話にも多いと思います
気づかないうちに、ついつい優劣で 「 比べてしまっている 」 ということです
認め合いや尊重は、簡単のようで、とても難しい人間の課題と感じています

私自身、自分にハッとしたり・・・    日々が学びの連続・・・
皆さんは、どうですか



りぼん
りぼん posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



皆さん、如何でしたか
    あなたは 青・白「 ネギ 」 さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです


                 では皆さん、どうぞ、良いお年をお迎えください







【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
                   「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、
         必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
    





スポンサーサイト

◆48  『 サツマイモ 』  自然の「触れ合い」

Posted by あんく♪ on   2 comments   0 trackback  

紀元前1万年前からあった! 『 さつまいも 』さんのご紹介
 【 薩摩芋 甘薯(中国)による性質の捉え方 民間療法 注意点や薬膳的工夫
                  ルーツ さつまいもの栽培 地球に順応する 】



初冬といえば、枯れ葉や落ち葉が舞う季節ですね
その落ち葉とセットで知られる 焼き芋

私は子供の頃から、大好きでした
寒い季節は、なんだか恋しくなりますね。
皆さんは、如何ですか

今回は、その「さつまいも」について 、色々綴りたいと思います



落ち葉 2012年
落ち葉 2012年 posted by (C)プレティオ



【 薩摩芋 】


生薬名 : 甘薯(かんしょ)

科名 : ヒルガオ科

原産地 : 南米(熱帯地方)など
      各地で食料とし栽培される多年草。

収穫時期 : 晩秋から冬にかけて掘り出す。
       金時 → 10~3月 
       ベニアズマ → 9~11月
       その他 通年収穫されている。



657a73df64b5ff7f5593d79e1376e0d2_s.jpg 
                             By Photo AC
                                           

【 「 甘薯(かんしょ) 」 の 中国による性質の捉え方 】


 ・六味の性質 (味の性質)     : 甘

 ・五気の性質 (温・寒)     : 平

 ・帰経 (関係深い作用する五臓六腑・経路)    : 脾、腎 (肺、肝)

 ・中国薬効(働き)  : 益気健脾、和胃調中、潤腸通便、退黄乳通 など



お芋が焼けたよ~♪
お芋が焼けたよ~♪ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 民間療法 】


使用部分 : 塊根部分(サツマイモ)→ 番薯(ばんしょ)

使用方 : 似たり焼いたりして食べる。

薬効 : 疲労倦怠、食欲不振、便秘

     虚弱体質のため食欲がないとや、疲れやすい子供にもよい。

   ★備考
    アルカリ性食品
   サツマイモに含まれる、ビタミンCは でんぷんに包まれた形成をしており
   加熱に強いので、調理しても失われない

≪ 外 用 ≫
 皮膚潰瘍 生のまま粉砕し湿布をつくる。ケガ、虫刺されなどにも使用できる。
 虫刺されは、サツマイモの柔らかい葉をすりおろして使用もできる。



いただきまーすヾ(=^▽^=)ノ
いただきまーすヾ(=^▽^=)ノ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 注 意 点や薬膳的工夫 】

≪ 保 存 ≫
寒さに弱くなるべく常温で風にあてないように保存する。
新聞紙に包んで日の当らない場所に置くのが一番。
水がつくと腐りやすい。

≪ 食する ≫ 消化性潰瘍 腹が張る人 には適しません。
ガスがでやすい。 肥満の方は控えましょう。

●便秘タイプ
 繊維質が多く、胃腸を温めるので冷え症の人の便秘に向いています。
   注意 →  生野菜をいくらとっても便秘が改善しない人は、 
         返って生野菜で、胃腸を冷やしてしまい、
         改善しない場合があります。 そのようなタイプには、
          サツマイをはじめ、ジャガイモ、トウモロコシなどが
         向いている場合があります。
          但し肥満の方は、控えたほうが良いです。

●お腹が張りやすいタイプ
 気の巡りの悪い「気滞」の人には、ガスが溜まりやすく向いていません。
   薬膳的工夫 → お腹が張りやすいなどの人は、
              気を巡らす「そば茶」などと一緒に摂取すると
              摂取した薩摩芋の気を、巡らせて助けてくれます。
              
●胃腸の弱いタイプ
 胃腸に負担かかると言えます。
    薬膳的工夫 →  サツマイモを食べて、胸やけをする場合は、
               胃に作用してくれる生姜と一緒に煮る工夫も
               良いかもしれません。
               但し、胃熱がある人は、向いていません。
            →  胸やけしやすい人、慢性胃酸過多や慢性胃炎の人などは、 
                塩分の多い漬けものと食べると良いと言われています。



スイートポテトとチョコ
スイートポテトとチョコ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)
(娘さんの手作りだそうです)



【 ルーツ 】


南米のペルー海岸から、紀元前1万年の炭化しやサツマイモが出土したそうですよ
驚きですね。 かなり古代から親しまれた事がわかりますね

1492年に、コロンブスがスペインに持ち帰った以来、
世界に普及したといわれています

日本には、中国の福建省を経て、
1698年に鹿児島の薩摩に伝来して、江戸時代から栽培が始まったようです。
意外に、日本の薩摩芋の歴史は、浅いですね。

鹿児島の薩摩芋で有名ですね



   ph_food01_0001.jpg
              素材箱 by Tryout



【 さつまいもの栽培 】


秋に 「 薩摩芋 」 を頂きました。
早速、焼き芋にして食べたのですが、甘味が少なかったのです。
父に話すと、「 あそこの畑で栽培したのだから、そうだろうね 」 って言うのです
いつも美味しい野菜を下さる畑なのに・・・ と不思議に思い、詳しく聞くと。。。

私は、知らなかったのですが、サツマイモを美味しく育てるには
「 土 」 がとても重要なようです
どんな植物や野菜でも、育てる為にはそれぞれに合った土が
大切なのはわかるのですが・・・

それが意外にも・・・
土に栄養分がない、砂のような土のほうが 甘くなり適してるとか

なるほど、色んな野菜を作られている畑の栄養がある土には、サツマイモの栽培は
向いてないと言う事だったのです

そういえば、サツマイモ掘りで見る時の土は、
パサパサな水はけのよい土の映像が浮かんできました
子供のころ保育園で、秋に薩摩芋堀りするのが楽しみだったので、覚えています

強い生命力がある 「 さつまいも 」 さんと言えるのかもしれませんね

大地から得た、見えないエネルギー(気)を秘めた、
元気を与える「 補気食材 」の薩摩芋さん。
サツマイモの甘味には、不思議なパワーが秘められているように感じる私でした



サツマイモのタルト
サツマイモのタルト posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 地球に順応する 】

薩摩芋さんのように、すべての植物や人間を含む生き物達は、
その住む地域に順応して、地球は進化してきたと思います
氷河期などにも負けずに、再度蘇生して発達してきました。

ただ現在の人間は、わずか数百年、あるいは数十年の間に、
自分たちが順応するというより、
自分たちの都合で、気づかない内に、どんどん地球の環境を変化させてしまい
現代、それに苦しみだしている人間であるのも事実と思います。

現在、温暖化問題をはじめ
太陽活動の低迷による小氷河期の可能性も科学者により発表されています。

世界各地で、 
   ・かつてない 猛暑や寒波
   ・かつてない 生き物たちの大量死 or 大量発生
   ・かつてない 地殻活動による、地震や噴火や津波
   ・かつてない 様々な他の天災                 などなど
様々な異常現象が、地球で多発しています。  それを、どのくらいご存知ですか

もちろんこれは、人間の責任だけとも言えない、地球や宇宙規模のタイミングなどもあり、
様々なメッセージがあると感じている私です

それにしても、ちょっと、危機感が薄い人間と言えるようにも感じています
情報社会と言え、本当に重要な真実の情報を
どのくらい我々人間は知っているのでしょうか。    私は疑問です

それに対して、自然界に生きる動植物達などは、地球の変化にとても敏感と感じます

でも、危機感を持ってもどうしようもできない現状・・・とも思います。

なので、良くも悪くも、いつ何が起きても、
  後悔のない納得できる今を大切生きる生き方・・・
  流されやすい無意識的でなく、意識的に考えて想う、責任ある生き方・・・・ 
   
                            を心から願う私がいます。

自分自身が、その生き方に四苦八苦し、経験して学ぶ日々です

あなたは、地球に順応するについて、どう思いますか



クリスマスツリー
クリスマスツリー posted by (C)プレティオ



皆さん、如何でしたか
    あなたは たくまく育つ 「サツマイモ 」 さん から
                     どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです



               





【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 
     「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
     許可を得て共有させて頂いています。
     よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけを
         採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。    








トランサミン 漢方・薬膳・薬草・自然 東洋医学 心身共に健康 漢方.にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ