自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

お悩み相談専門店(漢方薬局と心のケア)として営んでます。薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴ってます^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆50 『 ユズ 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   2 comments   0 trackback  

香り高く酸っぱい『 ゆず 』さんのご紹介
    【 ユズ 民間療法 食 中国の性質の捉え方(果実と果皮) 
                  食予防 漢方薬 発展と伝承のバランス 】




寒い毎日ですが、寒さはまだまだ続きますね~
どうぞ、ご自愛くださいませ

本日は、秋から冬に緑から黄色に実る 『 ユズ 』をご紹介したいと思います
柚子と言えば、何を思いだすでしょうか
私は、柚子胡椒や柚子茶が浮かんできます。

では、そんな 「 柚子 」 について、綴りたいと思います



お目目に見えるかなo(*^▽^*)oエヘヘ!
お目目に見えるかなo(*^▽^*)oエヘヘ! posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 ユズ 】

科名 : ミカン科

中国植物名 : 香橙 (こうとう)  

原産 : 中国(揚子江上流)原産とされている、常緑低木。


開花期 : 初夏に白い五弁の花をつけるが、すぐに落下する。

果実 : 緑から熟すと黄色に変化する。果皮がボコボコしている

栽培 : ミカンの仲間でも、特に寒さに強く病虫害に強い。
     しかし、結実するまで、接ぎ木でも5~6年かかるとされる。
     枝には、鋭い棘があるので注意が必要。

近縁種  :  カボス(芳酢・大分特産) スダチ(酢橘:徳島特産)



果樹栽培ナビーyuzu-hana-021 
可愛い白い柚子の花   posted by 果樹栽培ナビ サイト



【 民間療法 】

使用部 : 果実(橙子:とうし)  果皮(橙子皮:とうひし)

薬効 : 悪心、嘔吐、二日酔い、魚や蟹の中毒
     肌荒れ防止、発汗解熱、補温
     血行促進、疲労回復、神経痛、リウマチ

採取・保蔵 : 11月~12月に採取して冷暗所に保存。
        または輪切りにして天日乾燥する。

使用例
  ・乾燥したものを煎じて飲む。、
  ・生の皮を少しすって入れて、お湯を注ぎ飲む。
  ・果実を絞って、カップに入れ熱湯を注いで飲む。

 《 柚湯 》
   柚子に含まれる精油(ピネン、シトラールなど)の皮膚刺激により、血行をよくして
   身体を温め、疲労回復、神経痛、リウマチ、冷え性などに効果があるとされている。
   冬至の日に、柚湯に入ると風邪を引かない という民間療法は有名。 



果樹栽培ナビーyuzu-mi02
柚子の果実   posted by 果樹栽培ナビ サイト



【 食 】

果実には、ビタミンCが豊富で、 その他にクエン酸、酒石酸などを含みます。
酸味が強いので、直接食べるというより、工夫して食されていると言えますね。
未熟なユズの果実は、果実酢や酒、料理の香味料や薬味として使用されています。
薬味として使用される、柚子胡椒なども有名ですね


    P1010067.jpg 
    頂いた手作りの美味しい「柚子胡椒」 posted by あんく♪ 


   《 柚子胡椒 》
    主に柚子の皮と唐辛子で作られた柚子胡椒は、薬味として有名と思います。
    柚子が完熟する前の果皮が緑で作れれた柚子胡椒が定番ですね。
    黄色い果皮でも作れ、使用される唐辛子の種類でも
     色や辛さも異なる柚子胡椒もあります。

   《 柚子茶 》
    日本では柚子の果実を絞った、
    柚子茶やジュースなどが主体だったかもしれません。
    現在、韓国の柚子茶が日本でも流通して有名になっていると思います。
    日本でまだ流通していない頃、韓国で飲み、寒い身体を温めてくれ、
    とても美味しく忘れられずいたら、日本でも流通されるようになりました。
    韓国では、柚子の皮も使用した蜂蜜漬けで、各過家庭でも作られる身近なお茶で、
    また、カリン茶、ナツメ茶などの蜂蜜漬けも身近なお茶と言えます。
    もちろん、パンやヨーグルトにも使え、美味しく頂けます。

   《 柚子酒 》
    ホワイトリカーにつけて、柚子酒もできます。
    但し皮を沢山漬けると、香りは良くなるが、苦味が強くなるので
    少な目に調節するとよいと思います。
    残った皮は、冷凍して保存して使用することも可能です。


P1010064.jpg    柚子でマーマレード作ってみました
「ゆず蜜」茶 posted by あんく♪   柚子でマーマレード作ってみました
 (杉養蜂園)            posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)


 
【  「 ユズ(香橙) 」 の 中国によるt性質の捉え方  】


◆「 ユズの果実 : 橙子(とうし) 」 

 ・六味の性質 (味の性質)            : 酸

 ・五気の性質 (温・寒)             : 涼

 ・帰経    (関係深い作用する五臓六腑・経路) : 肺 

 ・中国薬効   : 止嘔悪、寛胸膈  


◆「 ユズの果実の皮 : 橙子皮(とうしひ) 」 

 ・六味の性質 (味の性質)            : 苦・辛

 ・五気の性質 (温・寒)             : 温

 ・帰経    (関係深い作用する五臓六腑・経路) : 脾・肺 

 ・中国薬効   : 化痰、利膈、消食、止嘔


上記より、「 果実 と 果実の皮 」の違いが分かりやすいと思います。
柚子の皮の部分が、寒い冬に身体を温めてくれます

柑橘系の「果皮」で、特に「みかんの皮」は、薬効がある部分として、
生薬「 陳皮(チンピ)」として、よく使用されて活躍しています
また、別の機会に、ご紹介したいと思います
 
 

雪の中に
雪の中に posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)    「ゆず」



【 食予防 漢方薬 】

寒い冬は、寒気による風邪にかかりやすいですよね。        

通常、うがいをしたり、手をよく洗ったり、マウスくしたり、
身体を冷えないように、気を付けたりする予防が多いのではないでしょうか

残念ながら現在は、 成分的な栄養面の食の捉え方はあっても、
昔ながらの、民間的な食による知恵の予防が忘れられているのではないでしようか

毎日でなくとも、弱った時などに使用できる知恵がある伝承や伝統が
今、とても見直される必要な時といえるようにも感じています

風寒(寒気)の風邪には、体の寒気を発散させたり温めたりするものがお勧めです
前回の ネギ、今回の ユズも、風邪に使用できる食材であり薬味ですね。
    
 ◆49 『 ネギ 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」
  青い部分 と 白い部分 の 『 ネ ギ 』さんについてご紹介  
 【 ネギ 民間療法 中国による性質(薬膳) 薬味 青ネギと白ネギ 優劣と尊重 】

また、風寒の風邪には、体を冷やす食事などは、逆に悪化させることもあります
知らずに、悪化させている可能性もありますね

ちなみに、漢方薬では
「 風寒邪の風邪 」には、寒さを発散させる「 辛温解表剤 」が使用されます。
その有名な漢方薬には、皆さんもご存知の 葛根湯、麻黄湯 などがあります

 備考:風熱邪による風邪 →「辛涼解表剤」の銀翹散(ぎんぎょうさん)
    湿邪による風邪  →「化湿解表剤」の藿香正気散(かっこうしょうきさん) 
               など がありますが、 詳しくは、またの機会に



酸っぱいのはお好き?
酸っぱいのはお好き? posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 発展 と 伝承 のバランス 】

現代の医療は進化して発展し、薬も開発されて助けられてきたのも事実ですが
逆に、体に優しい、日常の予防の知恵が便利になり失われつつある事実もあります
発展と伝承のバランスの大切さ

これは、医療だけでなく、様々なことに当てはまると感じてます
発展や進化と共に、便利になっても失ってはいけないもの、大切なものがある・・・。
それを見直す時 と感じる私がいます

皆さんは、どう思いますか



融けて落ちて
融けて落ちて posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



皆さん、如何でしたか
    あなたは 香り高い酸っぱい「 ユズ 」 さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                






【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
                    「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、
         必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
    








スポンサーサイト

◆ご挨拶

Posted by あんく♪ on   2 comments   0 trackback  

H225.1.28 012 
               「ツバキ」敷地にて By あんく♪
 

   明けまして おめでとうございます。


 旧年中も、ご訪問くださり、またコメントや応援まで、ありがとうございました。
 心より感謝申し上げます。
 
 本年も、のんびりペースながらも 更新し継続したいと思っております。
 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
 皆々様の、ご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。


                     平成26年 元旦  あんく♪


トランサミン 漢方・薬膳・薬草・自然 東洋医学 心身共に健康 漢方.にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。