自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

お悩み相談専門店(漢方薬局と心のケア)として営んでます。薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴ってます^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆13 頭痛 ②内傷頭痛  (東洋医学より)

Posted by あんく♪ on   2 comments   0 trackback  

『 内傷頭痛 』について   
            【 内傷頭痛(慢性) 気虚、血虚、痰湿 肝陽上昇 お血 腎虚 
                                                           西洋薬の特徴 漢方薬の特徴 闇と光 】



紅梅
紅梅 posted by (C)プレティオ



九州は、梅が咲く頃となりました
春の足音のようです。。。 春が、待ち遠しいですね


前回は、外邪の外感頭痛について、綴りましたが、 風邪などの頭痛は
経験のある方が多く、ご理解頂けたと思います

今回は、慢性の頭痛である
「 内傷頭痛 」について綴りたいと思います
慢性な頭痛のある方は、痛みで辛く大変と思います

この慢性頭痛は、臓腑の機能失調などによって現れる頭痛と言えます。
関係深い臓器は、肝・脾・腎であり、特に肝が最も関係が深い臓腑です。

では、フォト蔵さんの、素敵な梅とメジロさんのフォトと共にどうぞ



梅にメジロ III
梅にメジロ III posted by (C)プレティオ



【 気虚(脾虚不運)による頭痛 】

疲れたりして、気が不足した時に
清陽の気が脳を充足できず現れる頭痛で
身体がだるかったり、食欲が落ちたり、顔色がわるかったりの状態に
なりやすい人に多いとも言えます

気血の生成や運搬に関係している、「脾」の臓腑の機能失調とも言えます。

頭痛は、それほど強くないと言えます。


脾の機能を整え、気を補う「補気剤」の漢方薬が使用されます。

  補中益気湯(ほちゅうえっきとう) など があります。



青空と梅とメジロと
青空と梅とメジロと posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 血虚(脾虚不運) による頭痛 】

西洋で言う「 貧血 」とは、捉え方が異なりすが、
血が不足した状態で、脳を養うことができなく起こる頭痛です。

きりきりとした、ささるような頭痛と表現でき
顔色に色素がなく、青白い状態になりやすい人とも言えます

やはり気血の生成や運搬に関係している、「脾」の臓腑の機能失調や
もともと貧血傾向の人や、妊娠や出産による場合などにも
抱えやすい頭痛とも言えます。


脾を整えたり、血を補う「補血剤」の漢方薬が基本に使用されます。

  血を補う基本漢方・・・四物湯(しもつとう)
  脾を整える基本漢方・・・四君子湯(しくんしとう)

上記の漢方薬を併用したり、上記の二つを兼ね備えた下記の漢方薬
 人参養栄湯(にんじんようえいとう)、十全大補湯(じゅんぜんだいほとう)、   
                             など があります。



幹梅
幹梅 posted by (C)プレティオ                                   



【 痰湿・痰濁(脾虚不運)による頭痛 】

身体に余分な湿やネッバコイ湿(痰)が、体にたまり、
粘る性質をもつ痰濁が上昇し、頭に入りこみ起こる頭痛です。

湿を嫌う「脾」も湿の影響を受けやすく、「脾」の機能も低下しやすくなります。、

痛みは頑固で重たく感じ、長引きやすいのも特徴です
また、外邪の湿邪の頭痛を受けやすい人とも言えます


脾の機能を整え、痰湿を除く、化痰剤の漢方薬が基本になります。

 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじつてんまとう)  など があります。 



梅日和
梅日和 posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 肝陽上昇・肝火上炎・肝気鬱結などによる頭痛 】

ストレスでイライラが強く、怒ったり悩んだりすることで出やすい頭痛です。
ストレスなどにより、肝の機能が乱れ、気の流れに影響を与え、気が上昇したり、
気が滞り、頭部に頭痛などの症状がでる状態です。 

ストレスが強い場合や、
カッとした場合などに、特にひどくなりやすい頭痛と言えます


基本は、肝の気の流れを機能を整える漢方薬が使用されます。

 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)  
 釣藤散(ちょうとうさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、
                        など があります。

  *竜肝瀉肝湯には、出典などにより数種類の処方があり、
   生薬の配合・組成などが異なるので注意



古木梅
古木梅 posted by (C)プレティオ



【 お血(血の流れが滞った状態)による頭痛 】

外感病、内傷病などにより、血の巡りが悪くなり滞る「お血」状態になる。
打撲などによっても、お血は生じます

脈管中の血の流れを塞ぐようになり、きりきりとしたような頭痛が起こる

女性の月経痛も、この「お血」による場合も多いです。


基本は、血の巡りを活血する、理血剤の漢方薬が使用されます。
 

 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、
 冠元顆粒(かんげんかりゅう)・・・保険適用外医薬品
                       など があります。



梅にメジロ VI
梅にメジロ VI posted by (C)プレティオ



【 腎虚(腎陽虚・腎陰虚、腎精虚)による頭痛 】

腎の機能が失調することで起きる頭痛もあります。
その場合の頭痛も、3つに区別できます。

腎陽虚・・・腎を温め陽気が不足して全体に寒が生じ、手足などが冷え、頭痛も起きます。

      腎の陽助する漢方薬が、基本用いられる。
       八味地黄丸(はちみじおうがん) など

腎陰虚・・・腎の陰・陽のバランスが崩れて、陰少陽多になり、肝にも影響を及ぼし
      気が上昇して、頭痛がする。のぼせや眩暈を伴う場合もあります。
     
      腎の陰を補い(潤す)、
       ほてりが強い場合は、清熱する漢方薬が基本に用いられる。
       六味地黄丸(ろくみじおうがん) など


腎精虚・・・腎精が不足すると、脳に影響を与え(空虚)、頭痛が生じる。
      眩暈・耳鳴り・健忘、性障害の症状を伴う場合もあります。

      腎精を補う漢方薬が基本に用いられる。  
       輸入品が多い。
       

 注意 上記のご紹介している漢方薬は、代表な一部です。
         他にも幅広く使用できる頭痛の漢方薬もあります。 
                           例:清上ケン痛湯 (セイジョウケンツウトウ) など



いいお天気だなぁ~(*´∇`*)
いいお天気だなぁ~(*´∇`*) posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 西洋薬の特徴 】

前回同様、
読んで、慢性頭痛にも様々な要因があることが、
お分かり頂けたのではないでしょうか

もちろん
頭痛のみでなく、頭痛以外の症状を伴うことも多いです

前回にもお伝えしましたが、
西洋医学では、通常の頭痛の場合、頭痛のタイプに関係なく
通常「 痛み止め 」のお薬が処方されると思います
この、痛みどめ、痛い時に効果を発揮して、効き目を感じて楽になると思います

外傷や手術などの後の疼痛などには、特に炎症を鎮め痛みも抑えるので、
有難いぁと思います

しかし、あくまでも炎症を抑え、痛みと止める対処法と言え、
慢性的に繰り返すの症状などには、常用がちになりますね

西洋薬の、利点と欠点といえると思います



紅梅一輪
紅梅一輪 posted by (C)プレティオ



【 漢方薬の特徴 】

ところが、体質や症状などの「証」を捉えて漢方薬を用いる場合は、
その頭痛の要因の根源の改善に努め、身体のバランスを整える事を大切にしているので
慢性頭痛の場合、漢方薬を試してみるのもお薦めです
体質改善に繋がる場合も少なくなりません

即効性を感じにくくとも、段々症状が和らいだり、気づけば改善したりする場合もります

時には、他の症状も改善する場合もあり、これが漢方薬の利点で特徴とも言えます
また、改善してないように感じても、悪化を予防できている場合もあると言えます

誤解されやすいのですが、漢方薬でも即効性を感じる場合もあります
西洋薬でなかなか改善しなくて、諦めていた症状が漢方薬ですぐに改善する場合もあります
もちろん、症状により長期服用が必要な場合もあります。

但し、長く続き悪化した慢性状態の場合などは、漢方薬でも改善が難しいとも言えます。
他の疾患と合併して進行している場合なども、難しいと言えます

これは西洋医学でも言えることですが、症状や進行状態で、
完治が難しい場合もあることは、ご理解頂けると思います。

西洋医学と東洋医学の特徴をご理解頂き、
症状や状況により、上手くご利用頂けると幸いです。 
  
   但し、漢方薬をご購入する場合は、専門の方にご相談し
  「証が合う」、漢方薬を服用するようにしてください。



白梅
白梅 posted by (C)プレティオ



【 闇 と 光 】

皆さん、「闇」というと良いイメージがないのではないでしょうか
悪いイメージが強すぎる・・・ と言えるのかもしれません
あなたは、「闇」に、どのようなイメージがありますか

光は、暗闇の中で、強い輝きを確認できます
逆に、闇も光がないと闇として存在できないといえるのではないでしょうか
闇と光は、お互いが、存在を確認できる存在で、
お互いになくてなならないもの・・・。 
 
美しい暗い夜空に輝く星は、「 光と闇 」のバランスある美しさではないでしょうか
まさに、人間にある「 真実の感性 」のように感じる私がいます


西洋医学と東洋医学も、同じと感じます。互いに必要な医療
あなたは、どのようにとらえていますか・・・。
他にも色々、
イメージや思い込み、決め付けなどはありませんか・・・
「 真実の感性 」が、求められている時代と感じる私がいます

あなたは、どう思いますか



梅にメジロ V
梅にメジロ V posted by (C)プレティオ



皆さん、如何でしたか

    「 内傷頭痛 」 や 「 東洋医学の捉え方 」  から
                        何かご参考になりましたか

自然哲学でもある東洋医学に触れ
      何かしら、医療や自然、自分と向き合う キッカケ となれば幸いです






【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。

                  
説明の表現について : このブログの「東洋医学」とは、
            中国医学より発展した、日本の漢方医学などを含めたものです。
            中国医学は、古くからの書籍や学説(者)などにより少々異なり、
            色々な「派」の考えの中で、発展してきた経緯もあります。
            また日本に伝わり発展した、日本独自の「漢方医学」でも
            異なる部分もあります。 しかし根源は、同じものです。
            よって、表現や説明にも様々な部分があり、奥が深い医学ですので
            あくまでもご参考にして下さい。


東洋医学 : 中国医学や漢方医学また薬膳の捉え方の一部を、ご紹介させて頂いています。  
       東洋医学は、奥の深い医療です。
       同じ症状でも、個人により漢方薬は異なる場合もありますし、
       また、異なる疾患でも同じ漢方薬が処方される場合もあります。
       ご興味のあるお方は、まず専門の医師や薬剤師の方にご相談ください。 








スポンサーサイト

◆13 頭痛 ①外感頭痛  (東洋医学より)

Posted by あんく♪ on   2 comments   0 trackback  

六淫による 『 外感頭痛 』について
  【 急性頭痛 六淫理論 風邪 風寒邪 風湿邪 風熱邪 西洋医学と東洋医学 】



寒い毎日ですね
寒くなると、調子が悪くなるという方もいると思います

現代、頭痛で悩まれている方も、とても多いと思います
頭痛薬が手放せない方も多く、悩んでいる方もいるのではないでしょうか

頭痛にも、急性のものから、慢性のものがありますが・・・。

本日は、外因子の影響による
急性の頭痛について、東洋医学的な捉え方の一部を 、ご紹介したいと思います



カピパラの打たせ湯^^
カピパラの打たせ湯^^ posted by (C)プレティオ



【 急性頭痛 】

様々な内因性の病が要因で、発する突然の頭痛や
事故や怪我などで、外傷やショックを受けて起こる頭痛もあると思います

今回の「 急性の頭痛 」とは、
前にご紹介した、外因性の六淫の外邪により、発生する頭痛です
この頭痛は、外感頭痛と呼ばれています。


その場合の頭痛には、悪寒がしたり、熱やほてりが出たり、
いくつかの症状が伴なったりする場合が多いと思います

 六淫とは
   暑、火、寒、風、湿、燥   のそれぞれの邪です。


まずは、六淫について、過去に綴った内容を再度ご紹介したいと思います



世界遺産 白川郷 (2)
世界遺産 白川郷 (2) posted by (C)プレティオ



【 六淫(ロクイン)理論 】

東洋(中)医学では、六輪理論 の考えがあります。
『 六淫  』 とは、外感病を引き起こす発病因子(気)となるものがあります。

自然現象の中に現れる
・ 寒 ・ 暑 ・ 湿 ・ 燥 ・ 熱(火)  を 六気 と言います。

六気が突然、 あるいは激しく変化すると、
人体に影響を与え、発病の原因となる場合があります。
発病の原因となった 六気を  

   風邪 (ふうじゃ) ・ 寒邪 (かんじゃ)  ・ 暑邪 (しょじゃ) ・
 湿邪 (しつじゃ) ・ 燥邪 (そうじゃ)   ・ 火邪 (かじゃ) (熱邪ねつじゃ)
 

と呼び、 あわせて 「 六淫 」  あるいは  「 六邪 」  とも呼ばれています。

現代の日本では、「 カゼ = 風邪 」 と表現されているので分かりやすいと思います

よって、季節や環境に関係が深く
外部からの侵入による因子で、外感病 外観六淫 とも表現される場合もあります。

  以上は、下記の記事の内容です。
  ◆9 『 外湿 』 湿邪と梅雨 : 東洋医学(六淫)
  【 六淫理論 日本の風土 外湿と内湿 湿の性質と症状例 梅雨の注意と対策 】


つまり、これらによって起こる急性頭痛が、外感頭痛になります。
以下、六淫の「外邪」の頭痛について、いくつか分かりやすくご紹介したいと思います



青き空に舞う
青き空に舞う posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 風邪 】

いわゆる通常の風邪による頭痛。

これは、経験した方は多く、わかりやすいと思います。
風により体が侵され、頭痛がする状態です

風は、陽の性質を持っているので、体の上昇部へ移行しやすく、
頭痛や鼻つまりなどの上部に症状がでやすく、
また症状は、短期間で変化しやすい性質もあります

この場合は、風邪を解表する漢方薬が使用されます。

ただ、通常 「 風邪 」 は、寒・熱・湿・燥 他の邪と、
いくつかとセットで身体に侵入しやすいのも特徴です。

一般的に、「 風寒・風熱・風湿 」 の邪が一般的に多く、
頭痛が現れやすく、頭痛の症状も異なります

有名な、葛根湯は、「風寒邪」の風寒を発散させる 辛温解表剤になります。
では、まず最初にこの「 風寒邪 」についてご紹介したいと思います。



氷の世界(4)
氷の世界(4) posted by (C)プレティオ



【 寒邪(風寒邪)】

寒は、凝縮して滞る性質があるので、寒邪に侵されると
気・血のめぐりを滞らせて「不通則痛」となります

   *不通則痛とは
     東洋医学の病理原則の一つで、「通ぜざればすなわち痛む」と読み、
     通っているものが通じないと痛みが発生するという意味です。


冬の一般的な風寒邪に侵されると、寒は痛みが強く、この寒邪が多いほど
頭痛が強くなる傾向です


この風寒邪の場合、熱が出る前は、「 悪寒 」も出やすいですよね。
この言葉は、わかりやすい表現だと思います

また、痛みは体にも及び、風邪の関節の痛みもその一つと言えます

冷え性の人や、陽の気などが不足した人は注意が必要です

このような頭痛の場合は、
痛みの要因の「 寒 」を発散させる漢方薬が基本的になります

代表的な漢方薬には、風寒を解表させ、痛みを止める
「  川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん) 」などが用いられます

また、外感風寒の頭痛以外の症状も強い場合は、
上記でご紹介した風寒解表の「葛根湯」や、
「 麻黄湯(まおうとう) 」 「 桂枝湯(けいしとう) 」 などが用いられます



水滴!!!!!!!
水滴!!!!!!! posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 湿邪(風湿邪)】 

風湿邪に侵され、
頭全体が重たく、下へ押しつけられるような重い痛みで、
イライラして、気分が悪い状態の場合などです


湿は「 陰 」に属しており、陰邪(外湿と内湿も含む)が頭に集まると、
頭が重く締めつけられるような痛みを感じやすいのです。

体質的に、湿を溜め込みやすい(内湿)タイプの人や、梅雨の時期、
環境的に水と関わりが多い人などは注意が必要ですね
また、消化器官の胃腸系が弱い方も注意が必要です

  上記でもご紹介しましたが、
  過去に「湿邪」についてご紹介しましたので、ご参考ください。
    ◆9 『 外湿 』 湿邪と梅雨 : 東洋医学(六淫)


このような頭痛の場合は、
風邪を発散して、湿を除く漢方薬が基本になります

代表的な漢方薬には、化湿解表剤の 
「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」[保険適用外 ]
(別名:勝湿顆粒)などがあります



炎舞う
炎舞う posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 熱邪(風熱邪)】

暑さに侵され、熱が体に侵入すると
熱は上昇する性質があるため、まず上部を犯し
熱感をともなった、張ったような頭痛が発生します


暑がりや、潤いが不足した(陰虚)の火照りやすいタイプは、注意です

頭痛以外にも、高熱や異常な汗が出るので、冷たいものを欲したがったり
喉痛、口渇、咳など症状も現れやすくなります。

このような頭痛の場合は、
風熱を除く漢方薬が基本となります

代表的な漢方薬には、「 銀翹散(ぎんきょうさん)」[保険適用外] や
急性発疹にも使用される「升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)」
などがあります



いかがでしょうか  六淫の 風邪を主体にご紹介しましたが
単独や複数の外邪に侵されている場合もあり、邪によっても症状も異なり、
また病状の進行過程にによっても、症状は変化しますね。

更に、各自の体質や、持病などの影響も大きいといえ
症状が複雑な場合も少なくありませんので、 あくまでもご参考にしてください



炎の風車
炎の風車 posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 西洋医学と東洋医学 】

外邪の外感頭痛について、綴りましたが、
季節による風邪の経験のある方が多く、ご理解頂けるのではと思います

読んで頂き、東洋医学の捉え方は、
様々な異なった頭痛の自覚症状も大切になり、
また、風邪の頭痛にも様々な要因の捉え方があり
人により漢方薬も異なることが、 お分かり頂けたるのではないでしょうか

また、今回記載してませんが、頭痛がおこる部位にもよって捉え方が異なり、
特徴があると言えます
もちろん、病状の進行具合でも変わってきます。
風邪の症状が長引いた時などは、紫胡の生薬が入った紫胡剤が用いられます

西洋医学では、通常の頭痛の場合、頭痛のタイプ(症状)に関係なく
「 痛み止め 」の鎮痛薬が、処方される事が多いと思います

この、痛み止めは、様々な痛みに広範囲に使用でき、
効き目も早く感じる傾向があり、楽になると思います
これは、西洋薬の、利点と特徴ともいえると思います

また、頭痛によっては、脳疾患なども考えられ、
様々な検査を受けれる安心感もある、西洋医学と言えると思います

西洋の鎮痛薬は、痛みが強い場合などに助かると思います。
ただ、その場合は、その痛みや炎症を抑えるという対処法となりやすく
逆に、常用しないと痛みが辛い症状の人の場合は、
服用量が増えたり、副作用が現れやすくなり
効きにくくなる場合もありますね
利点と欠点ですね



支えあってる?
支えあってる? posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 補い合う大切さ 】

よって逆に、慢性の頭痛の場合や、検査しても異常がなく要因が不明な場合は、
漢方薬のほうが向いている場合が多いとも言えます

対照的な、西洋医学と東洋医学が、
症状や状態により、上手く用いる事の大切さが、
ご理解頂けると幸いです

一方に捉われず、「互いに補い合い、助け合う(支え合う)」ことが大切と思います

なんでも、バランスよく責任もって使用することが求められた時代と感じてます
これが、様々な調和や平和に繋がっていると痛感しており、そう願っています



では、次回は、漢方薬が得意といえる  慢性の頭痛  である
「 内傷頭痛 」について綴りたいと思います



可愛いカマクラ
可愛いカマクラ posted by (C)プレティオ



皆さん、如何でしたか

   六淫による 「 外感頭痛 」 や 「 東洋医学の捉え方 」 について
                          何かご参考にありましたか

自然哲学でもある東洋医学に触れ
      何かしら、医療や自然、自分と向き合う キッカケ となれば幸いです






【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 「クリエイティブ・コモンズ」 の
     規定に基づいて、 許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。

                  
説明の表現について : 
      このブログの「東洋医学」とは、
      中国医学より発展した、日本の漢方医学などを含めたものです。
      中国医学は、古くからの書籍や学説(者)などにより少々異なり、
      色々な「派」の考えの中で、発展してきた経緯もあります。
      また日本に伝わり発展した、日本独自の「漢方医学」でも
      異なる部分もあります。 しかし根源は、同じものです。
      よって、表現や説明にも様々な部分があり、奥が深い医学ですので
      あくまでもご参考にして下さい。


東洋医学 : 中国医学や漢方医学また薬膳の捉え方の一部を、
       ご紹介させて頂いています。  
       東洋医学は、奥の深い医療です。
       同じ症状でも、個人により漢方薬は異なる場合もありますし、
       また、異なる疾患でも同じ漢方薬が処方される場合もあります。
       ご興味のあるお方は、まず専門の医師や薬剤師の方にご相談ください。 













トランサミン 漢方・薬膳・薬草・自然 東洋医学 心身共に健康 漢方.にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。