自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

漢方薬局の薬剤師で、薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴った過去のブログ内容です^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆56 『 クヌギ 』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   0 comments   0 trackback  

ドングリの樹の 『 クヌギ 』 さんのご紹介
  【 クヌギ  生薬  漢方薬   他の活躍  夏休みの研究課題に 】




なかなか梅雨が明けない福岡ですが、
本格的に夏を迎える頃となりました。 

私は夏に咲く、可憐なハスの花が大好きです
早くて子供たちは、夏休みが楽しみな頃でもありますね

本日は、意外に身近な 『 クヌギ 』 さんについて綴りたいと思います



花トンボ
花トンボ posted by (C)プレティオ



【 クヌギ 】

科名 : ブナ科

自生 : 低山や原野に多く 雑木林の代表的な落葉高木
     ブナ科で、「どんぐり」の樹の仲間になります。  
     *果実は下記のフォトを参考に

開花 : 五月ごろ  (雌雄同株)

      雄花 → 黄褐色で新しい枝の基部から垂れ下がる。
      雌花 → 1~3花からなり短く、新しい枝の上部の葉腋につく

果実 : ほぼ球形で、長く反り鱗片が密生する殻斗がつく

近緑種 : アベマキと極めてよく似ている。
      アベマキの樹皮はコルク質で厚く、葉の裏面には綿毛が
      張り付くように密生しているので区別できる。


さて、この「クヌギ」さんは、どんな効能・効果を有しているのでしょうね・・・
次は。その効能・効果について綴りたいと思います。 

                                             ≪「栗の木」の 花と葉に似た、クヌギ さんです。 ≫


クヌギの花2
クヌギの花2 posted by (C)花信風     



【 生薬 】

実は、「クヌギ」の樹は、生薬として使用されています

<生薬>
ブナ科のクヌギもしくは、その他近緑植物の樹皮を、
( 夏に)採取して水洗い後、乾燥させたものを生薬の
 「樸樕(ボクソウ)」 と言います。

< 性質 >
 ・六味の性質 (味の性質) : 苦
 ・五気の性質 (温・寒   : 平

< 効能 ・ 効果 >
  ・下痢を止め、お血を除く
  ・外傷のお血を除き、膿血を除く。   など
 

  「お血」とは、血の巡りが悪く、停滞した状態。
    もしくは、血が停滞して発生したもの。

《 中国生薬 》
中国では、「樸樕(ボクソウ)」 とは同族植物の「カシワ」の事で、
その樹皮を「槲皮(コクヒ)」と言い、生薬として用いられている。
また、クヌギの樹皮を中国では「橡木皮(ショウボクヒ)」と呼び
生薬としてはあまり利用されていないようです。



      区の名木 クヌギ
      区の名木 クヌギ posted by (C)花信風



【 漢方薬 】

現代でも用いられている漢方薬の  
打撲による腫れや痛みを治す 『 治打撲一方 (ジダボクイッポウ) 』 の漢方薬に、
このクヌギの樹皮である
お血を取り除き、血の巡りを改善する、「樸樕(ボクソウ)」が配合されています

他にも、 腫れ物、湿疹、ニキビなどに使用される
『 十味敗毒湯 (ジュウミハイドクトウ )』 という漢方薬があります。

但しこの漢方薬の場合、「樸樕(ボクソウ)」でなく、
「桜皮(オウヒ)」が使用される場合もあります
これは、「樸樕(ボクソウ)」もしくは「桜皮(オウヒ)」と
「桔梗(キキョウ)」 との組み合わせで 
排膿を促進する作用などがあるからです

  桜皮については、過去の記事をご参考ください。 こちらからどうぞ
        ◆26 『サクラ』 前編 自然の「触れ合い」と「贈りもの」
        【「観賞・食・生活」 「民間療法・漢方薬・生薬」など 活躍と個性より 】



ソメイヨシノ(3)
ソメイヨシノ(3) posted by (C)プレティオ



【 クヌギの他の活躍 】

実は、意外に身近で親しまれている「クヌギ」さんです

クヌギのタンニン → ①染料やなめし皮剤
クヌギの木材   → ②シイタケ栽培の榾木(切られた原木に植菌して栽培)
         → ③木炭用

などにも使用されています

また、夏は男の子が好む クワガタやカブトムシなどの昆虫が樹夜に集まる木なので
夏休みに触れる子供達もいるかもしれませんね。 

その際に、生薬としても活用できる樹と知れるといいなぁと思います



クヌギの花1
クヌギの花1 posted by (C)花信風    


【 夏休みなどの研究課題に 】

ちょうど、「 (財)兵庫県園芸・公園協会 」 が制作された 
「どんぐりマップ」を見つけました。 
様々なドングリの樹について紹介されています。
もちろん、クヌギについても書かれており、ブナ科のどんぐりの違いが知れると思います。 
        
 【 明 石 公 園 どんぐりマップ 】 


   


となりのトトロにも「どんぐり」が出てきますね
子供達が魅了される、自然の果実ですよね

また、食糧に困った時代は、貧しい民の空腹を満たす食べ物でもあった
ドングリです

食にも、遊びにも、薬にもなる樹と言えますね

果実は、秋に実りますが、樹は年中あります
夏には、果実の成長過程などが、観察できるかもしれません。
夏休みの、研究課題などにもなるかもしれませんね


以前 ブナ科のどんぐりの樹である「ウラジロガシ」について
薬草としてご紹介しました
ご参考になれば幸いです。 ご興味のあるお方は、こちらからどうぞ
                    
 ◆23 『ウラジロガシ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」
  【 民間療法 薬草木 韓国での見学 文化の違い 知恵や応用力 考える力 】



クヌギの実
クヌギの実 posted by (C)花信風


皆さん、如何でしたか
     意外に身近などんぐりの樹の「 クヌギ 」さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
                    「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、
         必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   





   

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。