自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

漢方薬局の薬剤師で、薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴った過去のブログ内容です^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆63 『 ダイコン 』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on  

万能なお野菜「ダンコン」さんのご紹介
【 ダイコン 民間療法  栽培  ネーミング 
         種・根の中国の性質の捉え方 薬膳 一物全体 】




梅の花が美しい頃となりました
立春とは言え、まだまだ、寒い日々が続いていますね


梅林寺の梅(1)
梅林寺の梅(1) posted by (C)プレティオ


こんな寒い時期のお野菜と言えば、
皆さん、どんなお野菜を思い浮かべますか

今回は、冬に大活躍する野菜のひとつ
『 ダイコン 』 について 綴りたいと思います

皆さん、お好きですか  私は好きなお野菜の一つです
誰もが知るお野菜のダイコンに関して、皆さんはどのくらいご存知ですか
消化によいと言われ、
私が子供の頃、大根おろしが朝の食卓に時々あった記憶があります

では、ご紹介したいと思います



                ナンでも図鑑 ダイコン2
          posted by 『ナンでも図鑑』より  ダイコン



【 ダイコン 】

中国植物名 : 莱菔(らいふく)

科名 : アブラナ科

別名 : スズシロ、オオネ、ネジロ、カガミグ

原産 : 西アジア、地中海地方  多源説ある。
      (ヨーロッパから中国を経て渡来したともいわれる。)

品種が多く、年中流通している。

*大根の収穫
  春の栽培         夏の栽培(高冷地)
  秋の栽培10月~11月   冬の栽培は1月~3月   

    ・もっとも収穫が多いのは晩秋、冬
    ・青首ダイコンが主流で、様々な料理、加工しても味がよく
     万能ダイコンである。 

*花 : 白から淡紫色の十字花を総状花序に咲かせる。

*種子 : 脂肪油30%と微量精油を含み、生薬としても使用されてきた。



     すずしろの花
     すずしろの花 posted by (C)花信風   ダイコンのお花



【 民間療法 】

≪ 種子  [莱菔子(らいふくし)] ≫ ← 生薬名

採取 : 種子を採取して天日乾燥

効能 : 食べ過ぎ、咳

使用法 : ・煎じて服用する。
        ・粉にして、又は噛み砕いて服用する。


≪ 根莱  [莱菔(らいふく)] ≫

採取 : 太く成長した根を採取する。

成分 : ビタミンC、ジアスターゼ、食物繊維、オキシターゼ

●内服
効能 : 食べ過ぎ、喉の渇き、咳が出て声が出ないとき、去痰、
      健胃、食あたり、下痢、偏頭痛、二日酔い

使用法 → ・生食する、大根おろしや煮物など
         ・コップ一杯の短冊に切った大根に
         蜂蜜か水あめを、大匙2,3杯加えてまぜておき、
         その浸出液を飲む。

●外用
効能 : 打ち身、捻挫
      
使用法  → ・ダイコンのおろしの絞り汁で冷湿布すし、
          その後は、ショウガのおろし汁を混ぜて
          温湿布する。
          ・おろし汁で、1日数回うがいをする。      



ベニダイコン
posted by 『 ナンでも図鑑 』   紅大根



≪ 葉 [干場(ひば)] ≫

採取 : 青葉を採取する。陰干しする。

成分 : 鉄、ビタミンB、A、C カルシウム

●内服

効果 : 栄養補給として
 
使用法 → ビタミンA、Cなどが多く、青汁の原料とする。

●外用

効能 : 冷え性、疲労回復

使用法  → 陰干しした干葉を、保温性浴料として用いる。



daikon
daikon posted by (C)花信風



【 栽培 】

ダイコンは、比較的栽培されやすいお野菜で、
田舎では、自宅で栽培している方も多いお野菜と思います
ただ、ダイコンが大きく長く育つには、土が固いと難しいので
深く土を耕して、栽培する必要があります

また、自然に自生し生育する 「ハマダイコン」があり
野草として食用もできます。
ただ、このダイコンは、通常のダイコンイメージとは異なり、
根は太くなく細く、短いダイコンです
だからでしょうか、
少しでも育ちやすいように、砂浜などに好んで生育する野草です
自分の事をよくわかっている ハマダイコンさんだなぁと 思います



ナンでも図鑑 ハマダイコン4
posted by 『 ナンでも図鑑 』    自然に自生する浜大根の花  



【 ネーミング 】

 ・ギリシャ語の ラファノス「容易に生える」に宛字して
  中国植物名の「莱菔(らいふく)」 「ラーフー」と温釈字となる。

 ・古事記(712年)に「うち於保禰(おほね)」とあり、
  鎌倉時代にオホネが大根(おおね)と変化したといわれる。

 ・カブにスズナの別名があり、それにかわる意で、スズ代(すずしろ)
  の別名がある。

ネーミングって、その植物の背景や情報が詰まっていますね



daikon-01  daikon-03 
daikon-01 posted by (C)花信風    daikon-03 posted by (C)花信風  大根の花



【  「莱菔子 : ライフクシ(大根の種子)  中国による性質の捉え方  】

 ・六味の性質 (味の性質)            : 辛、甘

 ・五気の性質 (温・寒)             : 温  ( 涼 or 平 )

 ・帰経   (関係深い作用する五臓六腑の経路) : 肺、胃  ( 脾 )

 ・中国薬効   : 下気定喘、消食化痰


【  「莱菔 : ライフクシ(大根の根菜)  中国による性質の捉え方  】

 ・六味の性質 (味の性質)            : 辛、甘

 ・五気の性質 (温・寒)             : 涼

 ・帰経   (関係深い作用する五臓六腑の経路) : 肺、胃 

 ・中国薬効   : 消積滞、化痰熱、下気、解毒

 
 但し ①「気血両虚」タイプで、下痢傾向の胃腸が弱い方には向かない食材です。
     ② ダイコンは料理によって、食材の性質が変化するとされます。
       生食は気を上昇させ、加熱食では気を降ろすと記載された古典もある。

日本の民間療法にも一致する「中国薬効」ですね



f3e108c70cb596b5b35a7a36fa0a2812_s.jpg 
ダイコン (無料フォトをお借りしています)



【 薬膳 】

春の七草と言えば、
「セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」 で、
上記でも綴りましたが スズシロ は、ダイコンの事ですね

七草がゆを 1月7日の朝に頂くことは有名だと思います
これは、無病息災を願って食べられるだけでなく、
お正月で食した 祝膳、祝酒で弱った胃を休め整える薬膳と言えます

昔から、ダイコンおろしは、消化を助ける事で有名ですよね。
上記の 中国薬効 「 消積滞、解毒 」など にも当てはまりますね

また、ダイコンは、
生ではコリコリ、煮たり茹でると柔らかく、おろすても食べれて 
更に、干して保存食にもでき 幅広く活躍する食材ですね

おでん、煮物、サラダ、千切り大根、お漬物(タクワン) 大根おろし(みぞれ) 
などなど 様々な方法で頂ける有難いお野菜ですよね



すずしろ
すずしろ posted by (C)花信風  ダイコン



【 一物全体 】

その上、葉や皮まで頂けるのですから、万能なお野菜で、薬膳の食材と言えます。
私は、ビタミンなどの栄養ある、葉付きの大根を頂くと、とても嬉しく思います

このように、食材の一部分のみでなく、すべてを食することを 
薬膳でも  「 一物全体 ( いちぶつぜんたい) 」 と言います

「 一物全体 」 とは 「 全体で1つとする 」 と言う意味です。
  食物は、切り分けることなく、丸ごといただくのが良い、という考えです。
  自然界の食材となる動植物はみな生きており、人間と同じように、
  ひとつひとつの生命が、全体でバランスを取りながら自然と共に生きています。
  よって、食材の必要な部分のみ食べるのでなく、
  全体を無駄なく頂くことが良いと述べているのです。
  例えば、大根は「根・葉・根の皮」を、それぞれ活かして、
  大根すべてを食してきました。
  お米も、白米より玄米で食したほうが、身体に良いといわれている部分に繋がります。
  また、食材を無駄にしないことにも繋がり、食材を大切にすることにも繋がっています。
  全体を頂くことでバランスが取れ調和され、害が出にくいと表現もできるのかもしれません。
  食材を大切に活かし、料理をする大切さも、薬膳のひとつです。

                     愛の手(漢方薬局・お茶カフェ) のHPより

過去にも触れていますので、ご興味のある方はこちらからどうぞ
     ◆4 『 陰と陽 バランス ④』 東洋医学(漢方・薬膳)より
     陰と陽 すべてのバランスの大切さ 4       
    【 漢方薬・薬膳 ご用心 一物全体 体質を知る 未病のうちに 早めに対策 】


最後に・・・
あなたは、何人ですか? と問われたら なんと答えますか
日本人 アジア人 地球人 ・・・ 
すべて答えは正しく、同じ地球で生きている人間ですね

私は 「全体で一つ」 と捉える大切さのメッセージを
身近な 大根さんが伝えてくれているようにも感じます

皆さんは、どう思いますか 



ナンでも図鑑 ハマダイコン3
posted by 『 ナンでも図鑑 』    自然に自生する浜大根の花  



皆さん、如何でしたか
     万能なお野菜の「 ダイコン 」さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。