自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

お悩み相談専門店(漢方薬局と心のケア)として営んでます。薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴ってます^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆66 『 ユキノシタ 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on  

キュートで大活躍の『 ユキノシタ  』さんのご紹介
【 ユキノシタ 民間療法 中国の性質の捉え方 食用・薬膳 
            ネーミング 耳の形に似た葉 (メッセージ)】





2015年 河内藤園(3)
2015年 河内藤園(3) posted by (C)プレティオ


皆さん、春のゴールデンウィークは如何すごされましたか
それぞのの思い出ができたことと思います
この時期、藤の花を見ると、保育園で咲いた藤を思い出し、懐かしく感じます
皆さんは、どんな花に思い出がありますか

本日は、私の大好きな植物のひとつである、
「ユキノシタ」さんについて綴りたいと思います

実は、申し訳ございませんが、
本日の更新で、しばらく更新を休止予定でいます
休止のご挨拶は、また改めてさせて頂きたいと思います

この区切りに、大好きな「ユキノシタ」さんをご紹介できることを、有難く思います
では、ご紹介したいと思います



お澄まし顔で♪
お澄まし顔で♪ posted by (C)ここわんこ



【 ユキノシタ 】

科名 : ユキノシタ科  多年草

原産 : 日本の草花のようだが、古くに中国から渡来した植物。
    

自生 : 日陰の湿ったな所に群生する。石垣や岩場を好む。
     常緑の多年草。
     観賞用としても庭園などにも植えられている。

開花期 : 初夏 (5月~7月頃)
      個性ある、円錐形の花びらの白い可愛い花を咲かせる。

中国植物名 : 虎耳草(コジソウ)

生薬名 : 虎耳草(コジソウ) [  葉  ]

地方名 : イドクサ、ミミダレクサ

類似植物 : ハルユキノシタ、ダイモンジソウ などがある。



ユキノシタ1
『 ナんでも図鑑 』(植物・動物)より     < ユキノシタ >



【 民間療法 】

《 葉 》

採取 : 開花期に全草を採取し、乾燥させる。
      生葉を、必要時に採取する。 (年中常緑植物)

●内服
 < 効能・効果 >

  解熱・解毒、消炎、利尿、健胃、整腸、小児のかん(ひきつけ) など

   
  使用法 → 乾燥したものを、煎じて飲む。

  *小児のかんには、葉の裏が赤いものがよいと言われており、
   塩で揉んだ生汁を、口に含ませ飲ませたようです。


●外用
 < 効能・効果 >

  軽いやけど、しみゃけ、あせも、切り傷、
  化膿(中耳炎や扁桃腺炎)皮膚炎 など
 

  使用法  → 生葉を炙って患部に塗布する。
         または、黒焼きにや蒸し焼きにして
         ミョウバンを少し加え患部に塗布する。
         生汁も使用できる。
        
  
   応用 → 葉を塩で揉んで貼ると、
        かぶれなどの皮膚炎に効果がある。



ユキノシタ
『 ナンでも図鑑 』 (植物・動物) より   < ユキノシタ > 



【 「 ユキノシタ:虎耳草(葉)  中国による性質の捉え方  】

 ・六味の性質 (味の性質)            : 苦、辛

 ・五気の性質 (温・寒)             : 寒 

 ・帰経    (関係深い作用する五臓六腑・経路)  : 肺、脾、大 

 ・中国薬効   :   祛風清熱、涼血解毒


可愛いお花を咲かせる「ユキノシタ」さんは、民間的に「薬草」として、
活躍してきた植物ですが、薬草としてだけではないんですよ
次は、食用としてご紹介したいと思います



ユキノシタ2
『 ナンでも図鑑 』 (植物・動物) より   < ユキノシタ >



【 食用・薬膳 】

若い方などは、知らない方が多いと思いますが、
若葉は、昔から食用としても使用されてきました

葉の裏に衣をつけて、天ぷらにして食するのが、有名と思います

他にも、おひたし、茹でて煮つける、和えもの(酢、味噌、胡麻)
などにしても、食されてきたようです

難しいかもしれませんが、
化膿や何かしらの炎症、微熱がある場合などは、上手く食事に用いると
薬膳となり得ますね。

ただ、上記していますように「性質」が 冷やす植物ですので、
寒い冬季や冷え性の方は、食べ過ぎに注意ですね



大文字咲き 2012-5
大文字咲き 2012-5 posted by (C)花信風



【 ネーミング 】

・雪ノ下になっても、枯れないでいきていることから、
 「雪ノ下」とい説もあります

・中国植物名・生薬名の「虎耳草(コジソウ)の名は、
 葉の形が、虎の耳に似ているから付いたと言われています

・岩に生え葉が丸く、食用にすることから「岩茸(いわたけ)」
 ともいわれた別名などもあるようです。



ユキノシタ3
『 ナンでも図鑑 』 (植物・動物) より   < ユキノシタ >



【 耳の形に似た葉(メッセージ) 】

現在でも年配のお客さんが
「子供の頃に、使用してた・・・」と話される方が意外に多いですよ
つまり、そんな昔でない近年まで、親しまれてきた薬草なんです
よく耳にするのが
「中耳炎などの化膿時に、火であぶって塗付して使用した」と言う内容です

特に子供は、中耳炎になりやすく
飲まなくても、塗布して化膿が緩和できるのだしたら、有難い薬草と感じます。

今までも、植物は形状から、人間にメッセージを伝えている場合もある事を
このブログでお伝えしてきました。お気づきですか

中国で、ユキノシタの葉が、虎の耳に似ているから「虎耳草」の生薬名が付いたようです
耳に似た葉が、中耳炎などの「耳の化膿」などに、よく使用されてきた来たことは
興味深いと思います
「ユキノシタ」さんは、形状で人間にメッセージを伝えてくれていると感じる私です

でも、ネーミングから想像できない程、可愛いお花を咲かせるユキノシタさん。
「虎耳草」と呼ばれるのも不思議な気もしますね
可愛い花に秘めたパワーが表現されているとも言えるのかもしれませんね

現代、化膿などには「抗生物質」に頼りがちですが、
自然にも身近に「抗生剤」になる薬草も意外にあります。
とても有名な解毒作用のある薬草に、ドクダミがありますね
また、ユキノシタは、「常緑多年草」で、年中必要な時に「葉」を採取できるので
とても有難い薬草とも言えます

とてもキュートな個性的なお花を咲かせる「ユキノシタ」さんは、
観賞用としても、薬草としても、食用としても、幅広く活躍してきた
植物のひとつです

存在を主張せずに、謙虚にひっそりと自然に存在しながら
人の為にも優しく生きてきた植物と感じる私です
人間として、そんなユキノシタさんみたいな生き方ができるといいなぁ~と
ふと思う私がいます

私が、とても、とても大好きな植物のひとつである「ユキノシタ」さんを
綴らせて頂きました。       ありがとうございます



        キュートな横顔o(*^▽^*)oエヘヘ!
        キュートな横顔o(*^▽^*)oエヘヘ! posted by (C)ここわんこ



皆さん、如何でしたか
   キュートで大活躍の 「 ユキノシタ 」さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   




スポンサーサイト
トランサミン 漢方・薬膳・薬草・自然 東洋医学 心身共に健康 漢方.にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。