自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆27 『カタクリ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

春の妖精と言われる 『カタクリ』さんのご紹介
    【薬草使用はありませんが、私の大好きなお花のひとつカタクリさんのご紹介】



片栗 (平松カタクリ園)(1)
片栗 (平松カタクリ園)(1) posted by (C)プレティオ


春は、様々なお花たちが咲く時季でもありますね
好きなお花が多い私ですが・・・
皆さんは、どんなお花がおすきでしょうか

本日は、いつもと異なり
私の大好きなお花のひとつである
「 カタクリ 」 さんについて綴りたいと思います

皆さん、カタクリさんを、ご存知でしょうか

カタクリさんは、薬草としての使用はありませんが(私の知る限り)
食用として有名です
名前から分りますよね~ では、ご紹介いたします


カタクリ 2012(3)
カタクリ 2012(3) posted by (C)プレティオ


【 カタクリ 】
和名 : カタクリ(片栗)  漢字 「堅香子」

     (栗の実を半分にしたような球根の形より、片栗という名がついたようです)

別名  : スプリング・エフェメラル(早春の妖精)

花言葉 :嫉妬 初恋 情熱

開花時期:早春3月~4月


今年もカタクリに会いに行きました
今年もカタクリに会いに行きました posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)


【 カタクリの特徴 】 
カタクリさんは、日本古来の「 球根植物 」 だそうです。
主に、本州から中部北に分布しており、群落する植物です。
残念ながら、九州や四国での自生は少なく、見られるのは稀のようです

カタクリの種子は、蟻によって運ばれ、発芽から開花まで7~10年を要するそうです
昆虫さんとの共存なんですね~
群集咲きしやすい、理由のひとつかもしれませんね。       

お花の色は、紫色がほとんどで、品種により黄色もあるようです。
また、カタクリさんの中には、
突然変異の 「 白花片栗 」 が、数万本に1本、咲くらしい・・・ ですよ~

九州に自生が少ないからでしょうが、
実は、私は、生でカタクリさんの群集を見たことがありません
よって、私にとって、白花のカタクリさんは幻の、幻ですね~

カタクリは、夜の間 は、花びらをたたみ、
気温が上がるにつれて、花びらが開く 性質を持ってます。
よって、冷たい雨が降ったり、気温が上がらなければ眠り続け
天候の良い、16、7度から開花して、気温20度くらいが、とても見ごろのようです
開花は、約二週間ほどのようです。 短いですよね~


カタクリ 2012(6)
カタクリ 2012(6) posted by (C)プレティオ    春の「フキの薹」と仲良く


【 食用 】
カタクリさんは、夏場、球根に澱粉を蓄えるそうです
地中の肥大した円柱形の鱗茎に澱粉を多く含んでおり、
日本では、古くから鱗茎を掘り出し、
デンプン粉を取り、菓子や料理の材料に使用されていました

名前からもわかりますが・・・   そうなのです
 「 片栗粉 」 の原料にされていたのです
しかし現代の片栗粉は、ジャガイモなどのデンプンが使用されています。
カタクリでは、大量に生産できないためのようです。
でも、ネーミングはそのまま残っている訳ですね

料理をされない男性の方には、あまりなじみがないかもしれませんが・・・
私は料理によく 片栗粉を利用します
私は、トロミがある料理が大好きですし、
片栗粉を使用したサクサク感ある揚げ物なども大好きです
観賞でも食して、大好きな 「 カタクリ 」 さんです

ちなみに、カタクリは、デンプン粉だけでなく、
葉や花も、食用になり食べられるそうです。
可愛くてもったいないですが・・・ 一度食してみたい私もいます


上下のカタクリ
posted by (C)プレティオ


【 デンプンと採取法 】
デンプンの採取法を、皆さんご存知ですか

簡単に説明すると・・・ (私の記憶ですが)
根(茎・塊)を採取して、根を叩き砕き、繊維を広げ、それを水に漬け混ぜて放置します。
すると砕けた繊維から、デンプンが水に流れ出て、白い沈殿物ができます。
その沈殿物を濾して、乾燥させたものがデンプンとして使用されます。

他に有名なデンプの食品として、「 葛の根のデンプン 」 があります。
トロミのある飲み物、「 葛湯 」 など有名ですね
この葛の根は、生薬の 「 葛根 」 です
漢方薬で使用されている、「 葛根湯 」 は、皆さんご存知だと思います
いつかこの 「 葛 」 について、綴りたく想っています

私は、薬草取りをして、勉強していた頃、
この葛の根から、デンプン粉の採取にチャレンジしました
ところが・・・
葛の根を掘り出すのが、まず大変で・・・
また、根を切り、砕くのが大変で・・・
その上、水が白く混濁しただけで、デンプン粉は採取できませんでした
すべてが、と~っても大変な作業で、昔の人の苦労と凄さを実感した経験でした


カタクリ 2012
カタクリ 2012 posted by (C)プレティオ                   


【 知恵とメッセージ 】       
上記に、カタクリの種は、アリさんが運ぶとお伝えしましたが・・・
カタクリさんは、球根も持っています

主の繁殖は、アリさんが種を運ぶ事によって、
時間を要して(7~10年)、繁殖し生育するようですが・・・

カタクリは、主に山などの樹の下の斜面などに生育するため
雨などにより、斜面の表土の流出や 土砂崩れなどで、
球根が流失する場合があるようです。

よって毎年、親の球根の下に新しい球根を作り、
次から次へと地下に伸び、根茎の球根が作られる仕組みのようです
つまり、分球しない球根です。 群れが好きなのかな~って感じます
何処まで続くかは分かりませんが、球根でありながら、
深いものは、根茎が30Cm程あるそうです。
(*少し異なった説明もあるようで、複雑な生態でもあるようです)

そうして、地中の奥深くで新しい球根を作り、
乾燥や湿度、自然環境、災害などからも、新しい球根を守っているようです
まるで、大きな災害や土砂崩れにも備えているように感じますね

また球根は、休眠し交替しながら、花をつけているとか・・・。

おそらく通常は、時間をかけて種で繁殖して、
カタクリさんの球根は、自然環境に備えた、 自生する為の球根のようですね
子孫を守る為の、「カタクリ」さんの知恵のようなものなんでしょうね
未来に備えた知恵がある、植物さんのようですね


少々難しいですね~    私も詳しくわかりませんが
そのように、カタクリさんは、
種や球根ともに活かし
独特な子孫を残す為の、繁殖や自生の特質を持っているようです


人間に何か大切な、メッセージ伝えているのかもしれません
と感じました
      


陽だまりの中で
陽だまりの中で posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)


【 ステキな 「 デジブック 」 】
いつも、ステキなフォトを共有させて頂いている
フォト蔵の 「 ここわんこ さん 」 が、
ステキな 『 カタクリさんのデジブック 』 を、作成されていました

そのデジブックを、ブログでご紹介する事を、快くご承諾下さりました
とても有り難く、想います
ここわんこさんの、「 デジブック 」 いつもステキでファンの私

様々な表情のステキなカタクリさんのフォトを、
音楽とここわんこさんのコメントと共に、お楽しみください
とても癒されますよ

早春の妖精さん、是非ご覧くださいいませ

    クリックして下さい。
≪カタクリに会いに≫ (デジブックより) 
                   Byここわんこ



光の妖精
光の妖精 posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)


皆さん、如何でしたか
       あなたは、春の妖精の 「 カタクリ 」 さん  から
                        どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです





【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 


【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   






関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/124-83c3d67a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。