自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆4 『 陰と陽 バランス ④』 東洋医学(漢方・薬膳)より

  0

陰と陽 すべてのバランスの大切さ 4          
        【 漢方薬・薬膳 ご用心 一物全体 体質を知る 未病のうちに 早めに対策 】



私の地域では、水田に水が引かれる時季になりました
これから、カエルたちの合唱も増えることでしょう

本日は、前回まで綴りました、「陰陽 すべてのバランスの大切さ ④」で
①②③をまとめて綴りたいと思います

      前回の記事にご興味のあるお方はこちらからどうぞ 
    ◆ 4  『 陰と陽 バランス ①』  東洋医学(漢方・薬膳) より  
               【 陰・陽 自然と共に 変動 バランス 東洋と西洋 東洋(中)医学の良さ 】
       ◆ 4  『 陰と陽 バランス ②』  東洋医学(漢方・薬膳) より 
               【 体質とタイプ 中庸 千差万別 薬膳 】
           ◆ 4  『 陰と陽 バランス ③』  東洋医学(漢方・薬膳) より 
               【 証 漢方薬 薬膳 薬(医)食同源 】

実は、今回のテーマが、こんなに長くなると思ってなかった私
いつも長い記事を読んでくださり、ありがとうございます

では今回もフォト蔵さんの、美しいバランスの翼を持った鳥たちのフォトと共もお楽しみください



左旋回ユリカモメ1
左旋回ユリカモメ1 posted by (C)qumyah



【 ご用心 】
自分に体質に合った、自分の体の全体のバランスを整えるものを摂取することの
大切さや意味を、東洋医学・医(薬)食同源の視点より説明してきました。

これまでの紹介で気付いていただけると思いますが、
テレビや雑誌などで 「〇〇が身体によい」 と情報が流れると
それに飛びつきがちな人間ですが。。。

大切な事は、『 ご自分の体質に合うか合わないか 』 だと思います。
自分に体質に合うものでなければ、情報のような効果は得れない訳です
逆に、悪化する事もある訳です

成分だけでなく、そのものの性質を知る大切さもあると思います

また特に、あるものの抽出成分だけ摂取する薬やサプリには、
手軽で、即効性や効果が期待できる利点があります
でもその分、副作用や継続の問題もでてきます
また、サプリの種類が増えた現代、必要なものの選択も難しくなります

そのものすべてを頂くほうが、全体のバランスを崩し難く身体に優しいように感じてます


例えば、ひとつの野菜の葉や皮など、すべて無駄なく頂く事です。
        ( 大根の場合 : 大根の根・大根の皮・大根の葉など )


飛翔 コサギ
飛翔 コサギ posted by (C)プレティオ


この考えを「 一物全体(いちぶつぜんたい) 」と言います
つまり、「 全体でひとつとする 」という意味で、
「 食物は切り分ける事なく、丸ごといただくのが良い 」 という考えを示し
特に、薬膳で大切にされています

丸ごと頂いたほうが、バランスを取り易いという、考えでもあると思います
また、すべてを大切にする事にも繋がります

また、同じ漢方薬でも、服用しやすく加工された「エキス細粒」より、
昔ながらの自然な生薬の「煎じ薬」の方が、効果が早く高いようで、
症状により煎じ薬を出される先生もいます

  自然界のものを、ありのまま、丸ごと頂く大切さと有り難さ
  自然の力
  バランスの大切さ   
     などを、感じる部分だと思います

話が少しそれましたが、
現代は情報社会で、情報に流され易い時代でもあると思いますが、
「 一物全体 」 の言葉のように、
どんな情報でも、あくまでも 『 全体の中の一部 の情報 』 だと言う
捉え方が、大切だと感じてます



飛行体勢へ/蒼鷺4
飛行体勢へ/蒼鷺4 posted by (C)qumyah



【 体質を知る 】
個人で、体質を細かく分類するのは難しいと思いますが
大まかな分類は出来ると思います

ご自分や家族の方の症状だけなく、「 体質をまず知る事 」が、
薬膳だけでなく、日常の何らかの対策になるように思います

注意できることや、何か対策がひとつでも増えれば、
身体に対する、やさしい思いやりに繋がると感じてます



ダイサギ・雪景色
ダイサギ・雪景色 posted by (C)qumyah



【 未病のうちに 】
始めに述べた 「 未病 」 と言う言葉を、皆さん聞いた事がありますか

    陰陽などのバランスを取り合う                 健康
 
 何らかの要因で、陰陽などのバランスを失う          不調・未病

そのまま進行すると、陰陽などのバランスが悪化          病気

「 未病 」 とは、病気になる一歩手前、
つまり体のバランスが乱れ始めた 初期~悪化前 の状態です。
最近、TVのCMでも 使われていますよね

この未病の内に、体内のバランスを整えなおす事が、病気を未然に防ぐ事にも繋がるわけです

これは、東洋医学(漢方・薬膳)の得意な部分のひとつでもあると感じてます



後楽園 タンチョウ園内散策(7)
後楽園 タンチョウ園内散策(7) posted by (C)プレティオ



【 早めのバランス対策 】
3回にわたり 「 陰・陽 」 「 バランスの大切さ 」 を 、漢方学や薬膳の事を交えて、主に綴りました

人間も自然界のバランスも、崩れ乱れ始めた早いうちに、改善に努めたいものですね
また、この 「 バランス 」 は、
見えないもの含めてすべてに求められているようにも感じてます
あなたの身近な事や物、バランスが、とれていますか  いかがでしょうか

ひとつのバランスの乱れは、他の乱れに繋がっている。。。
早ければ、早いほど、改善も早くなる。。。 どんな事でも当てはまると感じます


あなたの体は、あなた自身で無意識の内、
良くも悪くも変化させている部分があるかもしれません
無意識の内に、「 地球や自然環境 」 を悪化させてきた部分に似ているのかもしれません

自然環境が乱れてバランスが崩れている状態は、人間のバランスも崩れ易い状態にあります
この地球も、環境も、人間が悪化させたら、人間に還ってくるのだとも感じています。

まずは、身の廻りの事から、後まわしにせずに
            何でも早めに取り組めるようになりたいですね




コサギ
コサギ posted by (C)プレティオ



皆さん如何でしたか
   あなたは  「 陰・陽 バランス 」 や 「 東洋医学 (薬膳・漢方) 」 から
                           どんなメッセージや何を感じましたか


より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです











【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。

                  

説明の表現について : このブログの「東洋医学」とは、
            中医学より発展した、日本の漢方医学などを含めたものです。
            中医学は、古くからの書籍や学説(者)などにより少々異なり、
            色々な「派」の考えの中で、発展してきた経緯もあります。
            また日本に伝わり発展した、日本独自の「漢方医学」でも
            異なる部分もあります。 しかし根源は、同じものです。
            よって、表現や説明も様々な部分がありますので、
            その点は、ご参考にして下さい。


東洋医学 : 中医学や漢方医学また薬膳の捉え方の一部を、ご紹介させて頂いています。  
       東洋医学は、奥の深い医療です。
       同じ症状でも、個人により漢方薬は異なる場合もありますし、
       また、異なる疾患でも同じ漢方薬が処方される場合もあります。
       ご興味のあるお方は、まず専門の医師や薬剤師の方にご相談ください。 


関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/129-5ea91e0f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。