FC2ブログ

自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆34 『キク』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

様々な活躍をする、『菊』さんのご紹介     
        【 鑑賞・食用・薬用 菊の種類 日本と中国 漢方・薬草 意味深い菊 】



早くてもう12月になりますね
日に日に寒さが増していますね
皆さんお変わりありませんか

本日は、少し時期が遅いですが・・・ 
日本で馴染み深い 「 菊  」さんについて綴りたいと思います


菊(管物)1
菊(管物)1 posted by (C)qooh


【 現代の菊 】
極めて古くからの鑑賞用栽培植物で、中国大陸から渡来されたと言われています
原種は、朝鮮野菊と島寒菊を交配したものと考えられ、多年草です。
日本では江戸時代に、鑑賞菊のなかから味や香りがより選別され、
食用菊として各地で栽培されるようになったようです


集まって咲く
集まって咲く posted by (C)qooh


【 食用・薬用などに 】
10月~11月ごろの開花期に、花を採取して新鮮なものを調理して用いられます
もしくは、花をそのまま陰干したものを 「 菊花 : キクカ 」 と呼びます。
食用や生薬として使用されます

奈良、平安時代から、節句として祝われ
延命長寿を願う意味からも、民間薬として幅広く使用されてきたようです

菊の 「薬用酒 」、「 菊枕 」、また精神安定作用より 「入浴料 」としても
昔から親しまれていたようです。

菊の種類も多く、
民間から皇室まで、昔から幅広く親しまれた 日本の秋を代表する花と言えます



食用菊・葉
食用菊・葉 posted by (C)qooh


【 様々な菊 】   
菊には、大きく分けると、菊花(キクカ) と 野菊花(ノギクカ)に分けられ

  ①菊花(キクカ) 
         ・味が甘い方が良質。 
         ・甘菊(カンキク) 黄甘菊(オウカンキク) 
          甘菊花(カンキッカ)  抗菊花(コウキッカ) など  

  ②野菊花(ノギクカ) 
         ・味が苦く清涼感が続く方が良質。
         ・島寒菊 (シマカンギク) 
                        ※ ホソバアブラギクは皮膚病に使用する菊
 
など、①と②は薬膳・生薬・薬草としての使用が異なります。
①の菊花の種類でも、
微妙に効能の特徴に差があり、中国では使い分けられる場合もあるようです


   
食用菊‘おもいのほか’
食用菊‘おもいのほか’ posted by (C)qooh
   
           
【 日本と中国の違い 】
菊の品種は豊富で、更に生産地により呼び名も異なる場合もあるようです
日本と中国の 菊の捉え方や呼び名も異なるようで、注意が必要です

中国から日本に輸入される菊花は、『 黄甘菊 』 や 『 抗菊花 』 が主流のようです。
それらは、菊花茶としても有名です

広東省は、「 漢菊花 」 が有名で、通常の菊花とは 
使用用途がことなるので、やはり注意が必要です

菊花茶を購入する場合は、用途により、購入する種類を確認することをお薦めします



小菊マクロ1
小菊マクロ1 posted by (C)qooh


【 菊の性質 】
科名 : キク科 
生薬 : 菊花 ( キクカ )
性味 : 甘苦 涼
帰経 : 肺、肝
効能 : 風邪を除く、清熱する。目を明らかにし充血をとる。
        
      頭痛、めまい、目の充血、視力減退、目の痛み、解熱、鎮痛、鎮静
 


懸崖6
懸崖6 posted by (C)qooh


【 漢方薬・薬膳 】
現代でも、「 菊花 」の生薬が使用されている有名な漢方薬には、

   鈎藤散(ちょうとうさん)、 杞菊地黄丸(コギクジオウガン)  などがあります

杞菊地黄丸(コギクジオウガン)は、肝腎陰虚の方に用いられる漢方薬です。
腎虚の方で、目の症状があり、のぼせ、ほてりがある方に向く漢方薬です。

クコの実 ↓
 「 六味地黄丸 」 + 「 菊花 」 +  「 枸杞子 」 =  「 杞菊地黄丸」 
   (腎陰虚)   (清肝明目)  (肝の陰血を補う)   (肝腎陰虚)

          *肝は目に通じる。目の症状は肝を整える。  過去の関連記事 ↓
                          ◆11 『五官と五臓』 東洋医学(漢方・薬膳)

       
昔から、目の調子が悪く、目が疲れた時などにも
「 菊花 」と「 枸杞子 ( クコの実 )」 を一緒に、薬膳としてまたお茶として使用されていました。

菊花茶が、飲み難い場合は、他のお茶と上手く合わせて飲むと良いです

 
 
懸崖2
懸崖2 posted by (C)qooh



【 虫除けの菊 】
食用や薬草としてだけでなく、「 除虫菊 」(シロバナムシヨケギク)は、
虫除けの効果があるとして有名で、虫などの駆除、殺虫剤としても使用されます

「金鳥」の創始者が、この除虫菊を使って、渦巻型の蚊取線香を発明した事も有名です。
つまり、日本では蚊取り線香にも使用される菊です

日本人の様々な生活に馴染み深く、幅広く親しまれた菊です。

西洋では、除虫菊は  「 ヒナギク 」 (雛菊・小白菊) ともよばれています。
イタリアの国花でもあるそうです。
このヒナギクは、西洋のアロマオイルやランプなどでも使用され、
精神安定、虫除け、空気浄化、殺菌としても親しまれています

菊の幅広い用途がうかがえると思います。


                                      ≪春に咲く除虫菊≫
除虫菊と重井港
除虫菊と重井港 posted by (C)プレティオ  



【 日本での菊 】
日本の皇室の紋章は 菊で有名ですね。
日本のパスポートも菊の紋章です
菊には、「 高貴 」「 清浄 」「 高潔 」「 私を信じて下さい 」 などの意味を持つようです。
また、菊の花の色により異なるようです。

また、菊の中菊は 仏花として昔から親しまれてきました
菊は、特に日持ちもする花でもあり、昔から
お供えにも最適だったようです。

日本にとって、お祝いのお花でもあり、そして縁起の悪いとされる花でもある
菊の花ではないでしょうか



懸崖4
懸崖4 posted by (C)qooh



【 菊の魅力 】
様々な形で、日本人の生活に馴染み深くなっている菊の花

日本の秋の花とも言える 菊の花

通常、縁起がよいか、悪いかに、偏りがちになりやすいものですが、
菊の花は、両方の意味合いを持つ魅了があると感じます

バランスがとれた意味がある菊の花と表現できるのではないでしょうか

菊の魅力を、ヒシヒシと感じる私です

あなたは、菊の花にどんな印象があり、何を感じましたか




集まってひとつ
集まってひとつ posted by (C)qooh



皆さん、如何でしたか
       あなたは、様々な活躍をする 「 キク 」 さん から
                              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです












【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   










関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/152-f265aa89
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。