自然と共に歩む 『愛の手』 だより ◆薬剤師のブログ◆

お悩み相談専門店(漢方薬局と心のケア)として営んでます。薬草など自然を主体にご紹介し、感じることも色々綴ってます^-^  ≪あんく♪≫

著者 不詳

花か雑草かの違いは、判断の違いにすぎない。

 

【物や物事の見方、思考、捉え方などの判断は、とても大切だと想う。惑わされない「真実の視点」を持ちたい私。 あんく♪より】

  

スポンサーサイト

Posted by あんく♪ on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆65 『 イチゴ 』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

Posted by あんく♪ on   2 comments   0 trackback  

キュートな『 イチゴ 』さんのご紹介
【 イチゴ 中国の性質の捉え方  滋陰作用の食材(薬膳)
    ビタミンC含有量が高くて有名 いちごの豆知識 
  見えるもの(成分)と感じるもの(性質)のバランス 感じる感性磨きの大切さ 】



春盛りの頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか
春が大好きな私です。どうぞ、皆さん、春を満喫されてくださいね

本日は、子供から大人まで、可愛さと美味しさで魅了され、
人気の「苺」さんについて、綴りたいと思います

私は、子供の頃、春に親戚が自宅で作っておりイチゴを狩りに行くのが
とても楽しみだった思い出があります

皆さん「イチゴ」さんについて、どのくらいご存知ですか

では、ご紹介したいと思います



        いちごパフェ♪
        いちごパフェ♪ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 イチゴ 】

科名 : バラ科

中国名 : 草苺

原産地 : 南アメリカで オランダから渡来したと言われている。

開花期 : 3月下旬ごろから 白い可愛い花を咲かせます。

果実(花托)期 : 5月頃がピーク 


現代は、ビニールハウス栽培され、冬のクリスマスも
イチゴは欠かせないケーキの「イチゴ」さんになっていますね

春だけでなく、食べれるようになった有難さもありますが・・・
でも私は、子供の頃に食べた、
厳しい自然天候の中で、春の日光を浴び育った
たくましい 「イチゴ」さんが 恋しく思います

では、続いて苺さんの豆知識です



春の苺の雫たち
春の苺の雫たち posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 イチゴの豆知識 】


<逆の作用>

面白いのが、イチゴは、薬膳的捉え方において、
滋陰作用で潤す作用がありながら、利尿作用もある「イチゴ」です。
これは、潤しながら余分な水分を排出される利点があると言えます

また、この利尿作用は カリウムも含み余分な塩分を排出してくれ、血圧を
下げてくれると言われています


<名前の由来>

藁(ワラ:Straw)を敷いて育てたことからきているとも、言われています。


<イチゴのツブツブ>

イチゴの表面の胡麻のようなツブツブは皆さんご存知ですよね。
ご存知と思いますが、これは苺の種で、通常は果実の中にあるのですが、
苺は表面にあります。
これも可愛いイチゴの個性ですね

通常、苺は株分による栽培ですが、
もちろん、この小さなツブツブの種からも、栽培して収穫が可能です。
ただ株での栽培と異なり、親と全く同じイチゴにはならないようです。
面白いですね

では続いて本題の、苺さんの体に対す作用についてご紹介したいと思います
まずは、薬膳的な性質から綴りたいと思います



苺さん
苺さん posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【  「 イチゴ : 草苺 (果実) 中国による性質の捉え方  】


 ・六味の性質 (味の性質)            : 甘、酸

 ・五気の性質 (温・寒)             : 寒 (涼)

 ・帰経  (関係深い作用する五臓六腑・経路**) : 肺、胃、肝

 ・中国薬効   :  潤肺生津、滋陰補血、清熱解毒、利尿、健脾和胃


   帰経 : 薬や食などが、選択的にある蔵腑や経路**に入り
         有効的に作用する部分を示した、道しるべのようなものです。
  **経絡 : 気血水の循行のルートであり、体内の各部分を調節する通路。
         様々なツボは、この通路上にある。


上記のように、イチゴさんも、薬膳として上手く用いることが可能です

美味しい、ビタミン豊富から・・・と、
ついつい食べ過ぎるのは、やはり注意が必要です

では、その点を含め、東洋の視点からと、西洋の視点から
イチゴについて、綴りたいと思います



いちご♪
いちご♪ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 滋陰作用の食材(薬膳) 】

まず、東洋的な捉え方で、苺が「作用する性質」から綴りたいと思います

薬膳的にイチゴさんは、「滋陰類(じいんるい)」に分類される食材です

「滋陰」とは、陰液を滋養する食薬を指します。

体の陰液とは、血や津液(全身の水分)の事を言い、
陰液、つまり潤いが不足した人に向いた食材になります

また、五気の性質が、寒・涼ですので、冷やす性質になります。
よって、冷え性の人(妊婦、小児、老人)は、
胃腸を冷やしやすく、特に食べ過ぎに注意です

逆に、潤いが不足し、火照るタイプにも向く食材です

例えば
熱性で乾燥した便秘がある人は、
同じ滋陰類で寒性のバナナと組み合わせて食すると、とても良い訳です。 
牛乳でミキサーにかけて、ジュースにするのもいいと思います

  過去の「バナナ」につての記事はこちらからどうぞ  
    ◆31 『バナナ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」  
     昔高級だった南国果物 『バナナ』 のご紹介
     【 バナナの色々 民間療法 注意事項 潤い・薬膳 自然の贈り物  】  


また、帰経が「肺、胃、肝」にあります。
よって、肺に潤いが不足した乾燥した「空咳」がある方や、
乾燥した喉の声枯れにも良いです

   帰経 : 薬や食などが、選択的にある蔵腑や経路**に入り
         有効的に作用する部分を示した、道しるべのようなものです。
  **経絡 : 気血水の循行のルートであり、体内の各部分を調節する通路。
         様々なツボは、この通路上にある。


但し、人によっては、身体のある部分は乾燥し、ある部分は湿が多い方などもいますので、
極端に食するのは注意です。

食材の、成分だけでなく性質も知る大切さと、
さらに、身体の見える検査結果だけでなく、自分の体質の性質を知る大切さです
何でも、誰でも、
自分に合った「バランス」を取ることがとても大切です



いちごパフェ~ヽ(=´▽`=)ノ
いちごパフェ~ヽ(=´▽`=)ノ posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 ビタミンC含有量が高くて有名 】

では続いて 現代的な 「栄養面の成分」 から綴りたいと思います

イチゴは、ビタミンCを多く含み、免疫機能の向上が期待でき、
抵抗力を高め、風邪の予防や美肌、老化の予防によいとされています

苺は、1日、5~6個ほどで、必要な十分のビタミンCが補えるとされています。
また、ビタミンCは、体内排出が早いので、1日に数回に分けて食する方がよい訳です
食べ過ぎに注意ですね

3種の糖(ブドウ糖、ショ糖、果糖)が含まれていますが、
カロリーが低く人気の果物と言えます

抗酸化物質で知られるポリフェノールの、アントシアニンも含まれています。

葉酸も含まれており、ヘモグロビンの生成にも関わり、造血を促進作用も期待されます。
これは、薬膳的な捉え方の「補陰補血」効果と一致しています



a04_009.jpg 
「無料素材」より /  イチゴ



【 「見えるもの(成分)」と「感じるもの(性質)」のバランス 】

では、見える「成分」と 見えない「性質」の違いについて触れたいと思います

栄養面などの西洋的な捉え方は、「成分」が主体になっていますね。
成分とは、現代科学で証明できる「見えるもの」と表現できると思います

それとは対照的に
東洋的な生薬や食材などの捉え方は、「性質」が主体になっていると言えます。
この性質は、「見えないもの」であり、独特な感じる感性により得られ、
証明が難しいと表現できるかもしれません

もちろん、このどちらも大切なものだと感じています

しかし、現代は見えて証明できる片方のみで
バランスを整えようとしている現状があるように感じています

これは、人間にも当てはまり、とても大切だと思います。

身体の見える部分のバランスだけでなく、感じる「性格や個性」のバランスも欠かせない
ことにも繋がっているからです
つまり、心、想い、考え、などの精神面です

どうしても、人間は、眼に見える証明できるものに捉われやすいように感じます



イチゴ
『ナンでも図鑑』より イチゴ   テラスベリー(桜香) の花



【 見えない感性を磨きの大切さ 】

もっと、感じる感性を磨き、「見えないもののバランスを整える=癒す」事が
必要である時代になっているのではないでしょうか

この見えないもののを整えることができると、もっとバランスがよくなると思います

精神面を整えるのに大切なものは、同じ精神面だと感じています

 考えは、考えによって  整理され・・・
 想いは、想いによって  満たされ・・・ 
 心は、心によって    癒され・・・
  *:心=感じるハート
 
    どれも不可欠であり、 
    これらにより精神面のバランスがとりやすくなると感じてます


これは、人間にとても優しい、自然の療法であると感じています

また、精神がくずれれば、身体も崩れやすくなる・・・
逆も有り・・・

「見えるもの」と「見えないもの」のバランスの大切さ・・・・
それには、身体だけでなく、見えないものを感じる感性磨きも不可欠で、
とても重要な時代になっていると感じる私です


あなたは、どう思いますか



        いちごの気持ち
        いちごの気持ち posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



皆さん、如何でしたか
     「 イチゴ 」さん から
              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです
                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
  




関連記事
スポンサーサイト

Comment

mobic(モービック) says... "本日はありがとうございました^^"
こんばんは、あんくさん^^
無事に家に帰り、さっそく漢方薬を一包服用してみました。
主人は「花燃ゆ」の涙松のシーンを見て感動しています(^_^;)

自分ではなかなか気づけないことをいろいろとアドバイス頂き
ありがとうございましたっ
これから、じっくり考えて行動してみようと思います!

取り急ぎお礼までv-22
2015.05.04 23:19 | URL | #- [edit]
あんく♪ says... "モービックさん"
こちらこそ、ありがとうございました^^。
ご連絡もありがとうございます。

私自身が、お客様から学ばせて頂いたり
気づかせて頂くことが多いです。
日々、考え&想い の学びの連続です^^;。 

ご主人はTVで涙・・・ されているんですね~。
男性は女性より、涙する機会が少ない方だと思うので良い事ですね~。
どの感情もとても大切で、人間って凄いと感じてます^^。

漢方薬で気になることがありましたら、ご遠慮なくご連絡くださいね。
でも今はまず、足の回復がさきですね。。。

お大事になさってくださいね☆¨



> こんばんは、あんくさん^^
> 無事に家に帰り、さっそく漢方薬を一包服用してみました。
> 主人は「花燃ゆ」の涙松のシーンを見て感動しています(^_^;)
>
> 自分ではなかなか気づけないことをいろいろとアドバイス頂き
> ありがとうございましたっ
> これから、じっくり考えて行動してみようと思います!
>
> 取り急ぎお礼までv-22
2015.05.05 19:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/195-cb21851b
トランサミン 漢方・薬膳・薬草・自然 東洋医学 心身共に健康 漢方.にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。