自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆45 『 ケイトウ 』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

鶏冠のような赤い 『 ケイトウ 』 さん 
 【 ケイトウ 特徴ある花 民間療法 食用 ニワトリ(鶏冠・鶏頭) 無駄なき循環 】



福岡は、8月末頃まで、酷暑の連日でしたが
その後雨が続き、すっきりしない雨と曇りの日々で、ようやく晴れ、
急に秋らしくなりました
急な変化に、体調を崩しやすいと感じます
また全国的に、可笑しな天候ですね。 竜巻の被害まで続いたり・・・
皆さんどうぞ、お気をつけてください

では、本題に
みなさん、この時期に咲いている、『 ケイトウ 』 さんをご存じですか
本日は、個性ある赤い花を咲かせる 『 ケイトウ 』 さんについて、
綴りたいと思います



ケイトウ3
ケイトウ3 posted by (C)qooh



【 ケイトウ 】

科名 : ヒユ科

生薬名 : 鶏冠 (けいかん)

原産 : 熱帯アジア インド原産(一年草)と言われている。

     現在は、花序の形や色彩の変異から、
     多くの観賞用の園芸品種がつくられている。(多年草)

開花期 : 7月~10月ごろ


ケイトウ 鶏頭
ケイトウ 鶏頭 posted by (C)花信風


【 特徴ある花 】

花 : 花茎は、上端が帯化、肥大して鳥冠状となり、下方の小花を密集し結実する。
    花の色は赤が一般的に多いが、黄色や白などの色も様々。

名前 : 帯化した花穂(かすい)の形が、ニワトリの鶏冠(トサカ)に似ていることから
       中国では、鶏冠(けいかん) の名が生まれ、
       日本では 鶏頭(けいとう)  の名が生まれたとされてます。


子供の頃、初めて ケイトウ を見た とき、 赤さと 独特な花に、
何か不気味さを感じた覚えがあります

で、名前を聞くと 「 ケイト? 」 と言うので、
私は、 「 本当だ! 赤い 毛糸 のようだ 」 と思ってしまいました

でも後で 、鶏の頭の鶏冠に似ているから、「 鶏頭 :ケイトウ 」 
と言う事を知りました
「 そうなんだ~  なるほどなぁ~ 」 って思いました

見た目は不気味な印象でしたが、鶏冠に喩えるネーミングに
初めの不気味さは、消えていました

この思い出ある 「 ケイトウ 」さん にも 薬効があると大人になって知り、
嬉しく感じました
では次は、その民間療法についてです



ノゲイトウ2
ノゲイトウ2 posted by (C)qooh



【 民間療法 】

 ≪ 花穂(かすい) : 鶏冠花 ≫

   採取 開花時に花穂をハサミで切り取り、日干しにする。

       鶏冠花を、煎じて服用するか、もみほぐし服用する。

   効能 痔の出血、下痢 など

       また、ただれて出血しるような凍傷には、煎じた液で患部を洗う。


 ≪ 種子 : 鶏冠子 ≫

   採取 種が熟すころに採取して日干しにする。(種は黒い)

       鶏冠子を、鍋など軽く炒り服用するか、すりつぶして服用する。

   効能 子宮出血 など



パット赤く
パット赤く posted by (C)花信風               ケイトウ



【 食用 】

 ≪ 葉 : 鶏冠葉 ≫ 
   
   食用 : 若葉を茹で、醤油に浸して食用する。 
   
   その他 : 染色に使用された。


皆さんいかがですか 
植物は、何かしら、姿や様相などで 
人間にメッセージを与えてくるのものが意外に多いのですが、
このケイトウも、この花の赤さ、血の赤さを思い出しますね~
出血によいと、覚えやすいのではないでしょうか

また、食べたことはありませんが、葉も食用にもなるケイトウさんでした。  



      RIMG3918
      RIMG3918 posted by (C)花信風       ケイトウ



【 ニワトリの 鶏冠 】

ここから植物の 「鶏頭( ケイトウ) 」 でなく、「 ニワトリ 」 繋がりで
綴りたいと思います

今から20年以上前の話しです。
ある本に「 鶏の鶏冠 」 が研究されていると書いていました
薬剤師を目指していた私は
「 あの鶏冠が、薬になるの~  」と、とても印象的だったのです

今は サプリなどでも有名になり知られていますが
鶏冠などに、「  ヒアルロン酸  ( コンドロイチン硫酸 ) 」 などが含まれおり、
関節痛などに良いとされ 、注目され、研究開発されていたのでした

鶏冠には、コラーゲンなども含有されています
驚異の保水力で美肌によいとされ、膝など関節の動きをなめらかにするものです
鶏冠のこの成分が、ここまで話題になり注目されるとは・・・ です

実は、鶏冠は昔から、ヨーロッパや中国などでは、食されていました
中華料理にもあるそうです。 食べたことありませんが、美味しいみたいですよ~



オンドリ
オンドリ posted by (C)qooh              ハワイの野生オンドリ



【 ニワトリの 鶏頭 】

子供の頃、父が猟犬(ポインター:101匹ワンちゃんのダルメシアンに似ている)を
飼っていました
その猟犬の餌が・・・ ナント! 鍋一杯に入った鶏の頭を煮たものだったのです
(肉屋で安く買ってくるか、タダで頂いていたようでした)
それを見て、子供だった私は、これをイヌが食べるの と驚き、
また、鶏が可哀そうで、気持ち悪く嫌だなぁ~ と思っていました

でも、人間が鶏肉を食べるために、解体して残った部分なんですよね
すべてを無駄なく使用する事の意味や、猟犬だからこそのご褒美でもあったと理解でき、
無駄なく頂く、大切さを思うようになりました

逆に大人になり、自分の手を汚さずに、平気で動物などの肉を食べる、
自分の方が 残酷 でズルイと言えると気づかされ、恥かしいと感じました。 
あなたは、お肉が好きでも、自分が食べるために、自ら動物などを殺せますか


その場合は、おそらく生きるための、必要最低限の行動になると感じます。
また、現代の人間の様々な病気の要因の中には、
現代の恵まれすぎている食事の影響も大きいと言えると思います



ユーリンチ定
ユーリンチ定 posted by (C)qooh

    *油淋鶏(ユーリンチ): 鶏の唐揚げに特製の甘酢ソースがかかった料理。



【無駄なき循環】

現在、父が飼っている犬は、猟犬でもイノシシ専用犬です
父は捕ったイノシシを解体し、 わざわざ人間が食べない部分も煮て冷凍して保存し、、
時々犬達に、ご褒美にあげています。  愛犬たちは、大喜びで、
骨まで綺麗に食べていますよ
さらに、人間も犬も食べれない部分などは、
他の生き物へ与へたり、自然の土に返す為に、父は山に返しに行っているようです

これぞ、生命が無駄なく循環する 『 自然の摂理 』 そのものと
言えるように感じます

 自然界には、本当に無駄なものは何ひとつないと感じます
   無駄という言葉・・・
     人間が、無駄と決めつけていると言えるのかもしれません

 無駄のないように循環させる が、今求められているようにも感じます

      何が必要で、何が無駄なのか・・・  

 
この地球や宇宙には、無駄な事や無駄な物は、何もない・・・ 
すべてが必要で意味があり、我々人間は産まれ学んでいる・・・
無駄が無駄で無くなるためには、
経験しただけで終わらず、経験して学び活かすことかも・・・  
                        色々と考えさせられます




RIMG3915
RIMG3915 posted by (C)花信風                ケイトウ



皆さん、如何でしたか
       あなたは 鶏冠のような花の 「 ケイトウ 」 さん から
                     どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです









【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 「クリエイティブ・コモンズ」
      の規定に基づいて、 許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。
   

注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
    











関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/232-8b34e82f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。