自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆『自然の摂理』とは・・・? インディアンの「メディスン」より

  0

インディアンの教え 『メディスン』より学ぶ事
                                   【 スピリチュアルな生き方とは? 】

今回は、「自然と共に生きる事を大切にしてきた
インディアンの教えをテーマに綴りたいと想います。
 本日は、真面目モードで

意外にも、スピリチュアルの生き方をしていると感じている民族「インディアン」
私は、その「現実的なスピリチュアルな生き方」をしてきた、インディアンなどの民族から
学ぶ事が多いと思っています

【 インディアンの 「メディスン」 について 】

内なる葛藤で自らの頭と心と体の調和とバランスを崩したり、他人や社会、
自然との関わりで歪みや亀裂が生じたりすると、それが病や事故や社会の病弊、
天変地異という形になってあらわれる。

物質社会でおきる事象にも偶然はなく、病気や事故に見舞われたら、
精神世界を含めたすべての関わりのどこかに調和とバランスの歪みがでた結果の
必然と見て、調和とバランスを回復させようとするのが
アメリカン・インディアンの「メディスン」(自然に生きる方策)である。


このバランスと調和を回復させれる存在を、「メディスン・マン」 「メディスン・ウーマン」と言う。
医師・薬学・哲学者で、先見の明をもつリーダーでもあり、精神世界と「大いなる神秘」に通じる
聖職者として慕われて畏敬されてきた存在である。(又はシャーマンと呼ぶ部族もあるようだ)
 
 著書「アメリカン・インディアンの心もからだもきれいになる教え」より  抜粋

寄り添いあって
寄り添いあって posted by (C)ここわんこ

【 私の感じる事 】
人は、生きていると、「喜怒哀楽」の感情が伴う
どの感情も大切だから、存在していると感じている
この感情は、現代社会で生きていると、押さえて封じ込めてしまう事も多々ある
これが、「体と心と頭」の全体のバランスを乱している・・・

自然界は、とても正直だと感じる
ひとつの形態が乱だれると、全体のバランスを喪失しています。
しかし、その乱れたバランスも、自然界は、その生態を戻そうとする摂理を備えている
人間も本来そうであると感じている私

  自然界は、「自然の摂理」で成り立っているからこそ、
                      「美しく・癒される」のではないだろうか?  



しかし、人間が厄介なのは、「頭と心(魂)」のバランスが上手くいかない・・・
そこが、摂理に逆らっている、人間と人間社会の課題であるように感じる
正直でない部分の人間と人間社会・・・

「心と頭」の乱れは、体にも現れる・・・ 「三位一体」の乱れ
特に、頭と心・・・ と、その行動と言動の一致 が大切・・・

◎しずくボケの中に・・・・
◎しずくボケの中に・・・・ posted by (C)あお☆りょうま

現代社会では、「頭と心・・・ と、その行動と言動の一致」は、とても難しい事であるが
魂の成長に不可欠な学びなのであると感じている。
「感じる・考える・想う・気付く・・・」などのバランス。 
意外にも、自分の「心」とは異なり、「頭」での行動で、魂が納得していない事が多いようだ
そして「自分の動機」は、どこまで純粋か・・・ 

納得するまで、自分に責任もって行動できる、あなたはいますか
納得するまで、苦しみを乗り越えられる、あなたはいますか

納得出来ないのは、自分の中にある、「真理と不真理」の2タイプが存在するからでは・・・
でも、自分では気付かないでいる。 
「納得できる為の鍵」は、自分の中の「否と正」の双極の部分に気付き、受け入れられるか・・・
そうすれば、納得も早くなるように感じる。
自分の中のバランスをとる 「鍵」にもなるかもしれない・・・
それを気付かせてくれる存在が、インディアンの中では「メディスン・マンorウーマン」達だと思う。 


水玉の花
水玉の花 posted by (C)ここわんこ

【 インディアンの 「メディスン」より 】
   『 メディスンとは、端的にいえば、自然に逆らわず、
              自然の調和とバランスの中で生きる方策と努力である 』

   『 どんな生き物、どんな早木でも地上で果たしている何らかの役目がある 』

   『「大いなる神秘」とは、大自然の営み 自然の摂理 』    などなど


最後に、私の伝えたい想い・・・

   自然界を破壊する事ができるのは、人間であり
     自然界と共に歩む事ができるもの、人間であり
       また、自然界を更に輝かしいものに出来るのも、人間であるように感じる。
       
        この自然界が美しい地球は、一体誰のもの
          誰のものでもなく、すべての証ではないでしょうか・・・
            「証」とは、『 真実と真理 』 がそこにあることでは・・・
  
                        

                                               と私は、感じている


冬の土筆
冬の土筆 posted by (C)あお☆りょうま


あなたは、『 自然の摂理 』 をどう思いますか
自然に癒される人間は、
        自然界の「自然の摂理」と、どのくらい向き合っているでしょうか・・・


何かしら、自分と向き合うキッカケになれば、幸いです






フォト :「フォト蔵」の登録者の方の提供 (貴重なフォト、ありがとうございます
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。





関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/25-8c80a958
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。