FC2ブログ

自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆59 『 シラン 』 自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

春に紫の花を咲かせる『 シラン 』 さんのご紹介  
  【 シラン 民間療法 漢方薬 中国の性質の捉え方
       馬に使用 その他の使用 経緯(プロセス) 結果とプロセス 】



朝晩が冷えてきましたね
どんどん冷え込みはじめ、紅葉が美しくなり、山々を染めはじめますね。
どうぞ、美しい秋を、満喫されてくださいね

本日は、春に鮮やかな紫色の花を咲かせる「紫蘭(しらん)」について
綴りたいと思います

今回、春に花が咲くシランをご紹介するのは、
シランの根の球茎が薬草として用いられ、
秋に、球茎を採取するようになっているからです

では、どんな使用があるのでしょうね。  ご紹介したいと思います



        シラン
        シラン posted by (C)プレティオ



【 シラン 】

科名 : ラン科 多年草

漢名 :紫蘭(シラン)

生薬名 : 根の球茎を 白及(ビャックキュウ) と呼ぶ。

自生 : 日本、台湾、中国などで自生して分布する。

生育 : 向陽の湿原、山腹や崖の上、湿った岩の上などに野生。
     観賞用に、庭などにも植えられる。
     蘭の栽培は難しいが、シランは育てやすい。

開花 : 5~6月頃に、紅紫色の6枚の花弁の花を咲かせる。

根茎 : 地下浅くにカタツムリに似た偏平の球茎が横に連なる。

ネーミング : 紅紫色の花を咲かせることから、紫蘭(シラン)と名付けられた。

 *自生地がかなり少ない地域も有り、絶滅危惧種りすとに掲載されている。
  野生株の採取は、厳に慎む必要があります。




シラン 0510
シラン 0510 posted by (C)花信風



【 民間療法 】

≪ 球茎  (白及 びゃっきゅう) ≫

採取 : 秋(9~10月頃)に地価の球茎を掘り取り
     ひげ根と茎葉をのぞいて、よく水洗いし、熱湯でゆでてから、日干し乾燥する。
     これを「白及(びゃっきゅう)」又は「白薬(はくやく)」と言う。

●服用

効能・効果 : 胃・ 腸カタル、胃潰瘍、吐血、下痢止め、 消炎、排膿  などなど

使用 : 「白及」を、煎じて服用する。


●外用

効能・効果 : 軽いやけど、あかぎれ、止血

使用法 : 白及の粉末を食用油で練り、患部に塗布する。



しらん 蕾
しらん 蕾 posted by (C)花信風



【 偽茎 (白及) の中国の性質の捉え方 】

 五味 : 苦

 寒熱 : 平


【 漢方薬 】

生薬として「白及(ビャッキュウ)」のみを用いた処方だったようです。

白及散(ビャッキュウサン) (白及のみ)

  効能 : 血を止める。(吐血、下血、喀血など)




シラン4
シラン4 posted by (C)花信風



【 動物(馬)に使用 】

実は、人間だけでなく、
馬の毒草中毒に、白及の粉末 1、甘草 4、食塩 2、を混ぜて、
水に溶かして 飲ませてきた経緯もあるようです。

自然界は、生命あるすべてに対して、
優しくもあり、厳しくもあると感じます


【 その他の使用 】

白及は、粘液質と苦味質を含むので、
薬用のほか、糊料(こりょう)としても用いられるようです。

自然界は、様々な形態で人間の生活と共にあり、
歩んできた事実を忘れないでいたいですね。
また現在も、自然界と共に歩んでいる人間であることを。。。



シラン鴨(知らんかも^^)
シラン鴨(知らんかも^^) posted by (C)プレティオ



【 経緯(プロセス) 】

様々な自然界の植物などの活躍の経緯を知るたび
自然界の神秘を感じ、それに反して複雑さもあります

現在は、庭などに植えられ観賞用となっている「シラン」ですが、
薬草としても活躍してきた経緯がある植物であることは、
殆ど知られていないと思います。
私も、知らないことが多い・・・ですが。

このように活躍してきた自然界の経緯は、今どうなっているのでしょうか
人間が自然界にどう対応しているのか・・・ その結果は・・・
環境問題や天災などを考えると、複雑な想いがわいてきます

もちろんこれは、なんでも当てはまると思います。 



シラン(1)
シラン(1) posted by (C)プレティオ



【 結果とプロセス 】

人間は、「表面」に捉われやすいようにも感じます

例えば、   得意分野で、容易に優秀な成績を得る場合と
       苦手な分野で、優秀な成績でなくと、もそれを努力して克服する場合、
      どちらが「優秀」と思いますか
      あなたは何を持って、「優秀」と捉えますか

大切なことは、
どのように、歩んできたか、歩んでいるか、のプロセスであり、
またその経緯や経験を得て、何を学び、それをどう活かし成長できているのか
という事が、「結果の真意」であると思う私です。
例え、 どんなに結果が悪く見えても、その結果で学び成長できれば、
意味ある結果となるので、結果に捉われなくなると言う事です。 

つまり結果は、常に進行形のプロセス(経緯)と共にある・・・


結果のみに捉われず、経験やプロセス(経緯)を含め
「今、どう歩み、何を学んでいるのか」を
大切にしたいと思う私がいます

我々人間は、今何を学び、今どの道を歩もうとしているのでしょうか・・・
このようなことを、考える時間がないほど、
現代、生活に追われている人間かもしれませんね

「あなたは今、どう歩み、何を学んでいますか

とても大切な時代であるように感じている私です



     竹垣のシラン
     竹垣のシラン posted by (C)花信風



皆さん、如何でしたか
     春に鮮やかな紫色の花を咲かせる 「 シラン 」さん から
                       どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
    何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです




                


【 備 考 】

写真 : フォト蔵の会員のお方より 
「クリエイティブ・コモンズ」 の規定に基づいて、
      許可を得て共有させて頂いています。
      よって、ここからの無断の使用や転写はお断り致します。     


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      伝統や民間療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、正式な医療とは異なります。
      よって、使用容量などは掲載しておりません。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師などの専門の方にご相談ください。 

      また、「中国の性質の捉え方」は、作用の視点をどこに置くかで
      書物により内容が異なる場合もあります。
      あくまでも、ご参考にしてください。


【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、
       採取可能な植物か確認をおこない、
       必要な分だけ採取するようにしましょう。
       使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
       自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
       自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
       採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
       この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
       自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   







関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/280-f814bc82
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。