FC2ブログ

自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆5 『ツユクサ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

水が似合う、青い花の 『ツユクサ』さんのご紹介 
                                    【薬草・民間療法】
       
露に入り雨さんが多くなってきました。 早くも沖縄は梅雨が明けたらしいですが・・・
水田には、この雨がとても必要・・・ 日本人の大切な主食ですものね
子供のころ、お米の苗作りの為に、水遣りをしていました
みるみる芽がでて、水田の苗になるんですよ~
今では、貴重な経験でした  田舎なので・・・

水辺を好むカエルさん達の鳴き声の合唱も、この時は盛んですね~  


                見つめてね^^  
                  見つめてね^^ posted by (C)あお☆りょうま(少し復活中)


また、この時期の降水量の貯蓄が、私たちの生活水にとても 大切になりますね
梅雨の植物で有名人は、紫陽花さんですね
では、「ツユクサ」さんはどうでしょうか 
今日の主人公は、「ツユクサ」さんで、綴りたいと思います  


               紫陽花の咲く季節 
                 紫陽花の咲く季節 posted by (C)あお☆りょうま(少し復活中)


ツユクサさんは、皆さんも、ご存知ではないでしょうか
ちょうど梅雨の終わり頃、花が咲き始め、九月までが開花期となります
人里の道端や庭の隅に生育している植物さんです
東アジアに広く分布するそうですよ

【ツユクサ】
中国植物名 : 鴨跖草 (おうせきそう)
  科 名  : ツユクサ科  (一年草)
開花時期  : 6,7月~9月頃
薬用部位  : 全草  開花期に全草を刈り取って乾燥する。

梅雨(雨)や露が似合う植物さんですね~。 そう想うのは私だけ
実は、ツユクサさんの「ツユ」は、「露」の意味です。
ちょっと、勘違いしやすいですよね~  それも、私だけ (笑)


ツユクサ 雨上がり
ツユクサ 雨上がり posted by (C)花信風


【ツユクサさんの個性】
夏の早朝、朝露にぬれながら、きれいな青い花を咲かせ
夕方にはしぼんでしまい、その日限りのはかなさを偲んで
ツユクサ(露草)という名前がついたそうです。


お花を見たいならば、午前中でないと午後には萎みはじめるんですよ~  ご存知でしたか
とても可愛いお花さんですよね~。 青の花びら2枚と白い花びらが一枚
稀に、白い花のツユクサさんもあるんですよ。

短命であるからでしょうか、ツユクサさんは「自家受粉」する植物さんなんです
自家受粉は、花がしぼむとき雄しべと雌しべがくるくると巻かれて
萼の中にしまわれていく過程で行われるそうです
しぼんだお花をみたら、確かにくるまっているんですよ~

これから、短命のツユクサさんのお花の見方がかわりませんか
これから夏にかけて、開花がみれると想いますので、
見かけましたら、覗いてみてあげて下さいませ
ツユクサさんも、喜ぶと想います。 人間と同じと想うので・・・

それしても、本当に理にかなっている繁栄方法です
蜂さんがいなくても、生育できる植物さんでもありますね
この数年、蜂さんが減少しているようなので・・・
自然界は、上手く役割分担されているようです


青い天使
青い天使 posted by (C)ゆずか


【経験での学び】
薬草取りをしていた時、父に
「ツユクサさんも、薬草なんで 取りに行きたいのだけど・・・」
「あつ、ばあちゃん(父の母)が、子供の頃、虫に刺された時
   薬草だからと言って、使用していたぞ 確かツユクサだった・・・」
私は、やはり、昔の人はすごいなぁって、実感しました
祖母が生きている時に、教えてもらえばよかったと想った私でした
父の話から、なぜか色々知っていた祖母のようでした
苦労が多かった分、知恵を知っていたのかもしれません

また、薬草取りをしていて大変だったのが・・・
このツユクサさんの乾燥です。 なかなか乾燥できないのです
それだけ、水分が多いか、水分を蓄える事が出来る植物さんである事がわかります
梅雨の雨を待って、水分を充分蓄えて、咲いているようにも感じる私です。

実は、ツユクサさんは、茎は多肉質で、茎の節からよく根を出します。
引き抜いて日にさらしても、水分保有力が高いためか、なかなか枯れず、
雑草扱いされる野草です
夏の暑さにも強い、ツユクサさんでもあります
これも摂理であり、生態ですね・・・。

では、祖母が言っていた効能はどうなのでしょうか・・・
ツユクサさんの、民間療法の使用例をあげたいと思います


輝いて
輝いて posted by (C)ここわんこ


【薬効】
≪内服≫
利尿、解熱、咽喉痛、喘息、腸炎、下痢、などなどに用いられてきたようです。
現在、糖尿病の予防に注目も浴びているとも言われています。

≪外用≫
あせも、湿疹、かぶれ、痒みなどに 浴料としてお風呂に入れ使用されたようです。
喉の痛みには、少し濃く煎じて、うがいとして使用していたようです。

民間療法は、地方により使用法が異なったりします。
その地域にあった、使用法があったと感じます
祖母は、 夏に多い虫刺されだからこそ、夏の身近なツユクサさんを
その「痒み」の処置に使っていたのかもしれませんね~


【その他の利用】
夏の朝を彩るスカイブルーの花は、平安時代に「月草(つきくさ)」と呼ばれ
友禅染の下絵描きや、青色の染料に使われてきたそうですよ~
日本伝統の、一部も担っていたのですね~



露玉
露玉 posted by (C)ゆずか


【まとめ】
一般的に、雑草さん扱いされる植物さんの長所は、強い生命力ですね
どんな状況の気象状況や天災などでも、かならず個性を活かして
それぞれに対応できる、存在可能な植物さんがいる事が伺えます。

人間は、どうでしょうか?
思いもよらない天災や気象事情には、お手上げなように感じます
自然の声に耳を傾ければ、大切なメッセージがあるように感じます

近年、気になっているのですが・・・、ツユクサさんを身近で見る事が
随分減っていると言うことです
こんなに強いのに・・・ この植物さん弱点は「一年草」
田舎でも道路などの整備で、生育場所が減っていると感じます。
種が上手く運ばれないと、子孫繁栄は終わってしまいます。

ここにも大切なメッセージがあるように感じます
強い生命力の雑草さんは、地球の「自然の復興基礎」に
欠かせない力を秘めているように感じる私です。



あなたは、可愛い「ツユクサ」さんから、どんなメッセージを感じましたか
自然をより身近に感じて頂き、
何かしら、自分と向き合うキッカケとなれば幸いです




【 備 考 】
写真 : 「フォト蔵」の会員のお方のご協力です。(ありがとうございます
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。

注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 







関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/29-9be763ac
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。