自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆19 『ヒガンバナ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

毒がある 『 彼岸花 』 さんのご紹介
              【 有毒と医薬品 民間療法 足裏 東洋(中)医学 解決方法 】


もうすぐお彼岸ですね
亡き方を偲ぶ、日本の風習

その風習に馴染み深い、田んぼのあぜ道や河川の土手などに咲く
「 彼岸花」 が浮かんできます。
赤い彼岸花さんをご存知の方は、多いと思います

今日はそんな、「 彼岸花 」 さんについて綴りたいと思います


日向旅 1
日向旅 1 posted by (C)プレティオ


【 ヒガンバナ (彼岸花)】
科名 : ヒガンバナ科

中国植物名 : 石蒜 セキサン (鱗茎部分)

開花 : お彼岸の頃。 
      (花が枯れた後で、葉が茂り、翌年の春ごろに葉は枯れる)

鱗茎 : 鱗茎があり、球根を肥大させる。球根の分球で増える。 種子はできない。

原産 : 古い時代に、中国大陸から渡来した多年草。
      中国の揚子江流域の西南地区に特に多くみられる。

自生場所 : *田んぼのあぜ道、河岸、道端、**お墓の近く 、人里  などなど

     * モグラやネズミなどから、田んぼのあぜ道を守る目的で
       植えられたとも言われています。
       あぜ道にヒガンバナが多い理由の一つだそうです。
         ** お墓などにヒガンバナが多いのも、 異臭や有毒性を利用して
                遺体を動物から守るためだとも言われています。


共に咲く
共に咲く posted by (C)ここわんこ 


【 ネーミング 】
ヒガンバナさん のネーミングは、言葉通り、お彼岸の頃に咲くので
「 ヒガンバナ 」 と言われるようになったようです
この「 彼岸花 」のネーミングは漢名で、一般的にもっとも知られていると思います。

実は別名には  マンジュンシャゲ キツネバナ ステゴハナ テンガイバナ  などなど・・・
なんと、なんと、1.000以上の俗名があるそうです。  すごいですよね~
俗名の多い植物のひとつに、あげれるようです
それだけ、地方で昔から、親しまれた植物さんであったと言うことかもしませんね~。
       
もっともよく知れる、「 マンジュンシャゲ 」 は 漢字で「 曼珠沙華 」 と書きます
法華経などの仏典 (梵語) に由来するそうです
また、「 天上の花」  という意味とか、色んな説があるようです。
逆に、異名も多く、死人花(しびとばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、捨子花(すてごばな)、
などなど と呼ばれ、日本では不吉であると、忌み嫌われることもあるようですね

私にとっては、秋を感じる花、亡き人を思い出す花、偲ぶ花、田舎の風景花・・・・・ などが
浮かんできます
皆さんは、いかがでしょうか


赤い宝石
赤い宝石 posted by (C)ここわんこ


【 有 毒 】
この彼岸花さんが 全草「 有毒 」である事を、ご存知の方は多いと思います
私は子供の頃、この植物が有毒と知り、ビックリしました
身近な毒物として知って育ったように感じます。
皆さんは、いかかでしょうか
田舎だったので、注意するように知って育ったと言えるかもしれません

皆さん、ヒガンバナさんのお花さんは、よく目してご存知かと思いますが、
根の鱗茎を、観た事ありますか
チューリップの球根に似ており、 少々大き目です。
鱗茎には、薄い外皮あり、剥ぐと白い鱗茎をしています。
特に、この鱗茎に強い毒が含有されてます

一説によれば、長い間水につけておくと毒が抜けるとか・・・
それにより、上手く毒を抜いて、なんと 食された時代があったそうです
しかし、現代では素人は危険なので、食さないでくださいね

毒の成分は、アルカロイド ( リノリン ・ リコラミン ・ ガランタミン など )です。

このヒガンバナさんの類似植物の仲間も、有毒の物が多いです
        類似植物 : シロヒガンバナ ショウキズイセン シロバナマンジュンシャゲ
                 キツネノカミソリ ナツズイセン など


白い彼岸花
白い彼岸花 posted by (C)プレティオ


【 毒 と 医薬品の原料 】
実は、この毒性の強いヒガンバナさんが、
海外で、吐剤や痰きりなどの、製薬原料に用いられていた時期があったようです
毒性の作用を、上手く利用していたと言えると思います
昔から、毒も使用方や量などによって薬になると言う訳です。

もちろん現在の西洋の医薬品にも、そのようなものもあります
危険なものほど、素人は注意が必要です
何に対しても、言える事だと思います

原子炉の問題も、災害後の対処方に関して、
問題があったと問われているようですね・・・  人災だとか

「 このくらいならば、大丈夫 」 や 「 問題などは、起きない 」 などの 
「 自意識過剰 」 や、「 甘い捉え方、考え方 」 などは
特に大きな問題を引き起こす事になるかも・・・
日常的にも、その事をしっかり把握し、
一人ひとりが責任持って生きる事が、
自分の為にも、周りの為にも大切のように感じます
 



夜明けまえに・・・
夜明けまえに・・・ posted by (C)あお☆りょうま(少し復活中)


では、この強い毒を有する ヒガンバナさん は
民間の間では、どのように使用されていたのでしょうか
毒を少量使用するとしても、その取り扱いは、やはり素人では危険
ベテランでないと難しいですよね~
では、それについて、綴りたいと思います


【 民間療法 】
実は、民間療法では、その毒性が強いと言われる 「 鱗茎 」 が使用されてきました
鱗茎の採取時期は、様々のようです。
採取して、天日乾燥させるか、もしくは砂に埋めて保存されていたようです。

では、その鱗茎の使用法ですが・・・
実は、上手に 「 外用 」 として用いられてきたのです
これぞ、知恵ですね~


使用例は、以下の通りです


万華鏡のように
万華鏡のように posted by (C)ここわんこ


* 使 用 例 *
鱗茎の皮はぎ、すりおろして、うどんの粉などと練りあわせ、塗布する。
又は、布やガーゼや紙にすりおろしを延ばして患部に貼る。
乾いたら、取り替える。(1日1~3回が目安)
肌の弱い人の場合は、ごま油を塗って貼る。
長時間使用は、肌荒れする場合があるので注意する。

 〔場合により、キハダ(黄柏:オウバク)の薬草木の粉などを
  少し混ぜ込み使用する。消炎や打撲などに利用される。〕

≪ 乳腺炎 乳房炎 ≫ などの場合
  腫れたや炎症のある患部に、すりおろしたもので冷湿布する。

≪ いんきん たむし ≫ などの場合
  すりつぶしたものを、患部に塗布する。
 
≪ おでき ≫ などの場合
  おできの吸出しに、すりおろしたものを、患部に塗布する。

≪ 捻挫 打ち身 ≫ などの場合
  すりつぶしたものを患部に塗布する。
  初期は、冷湿布する。


彼岸花とクロアゲハ
彼岸花とクロアゲハ posted by (C)プレティオ


≪ 足の関節の腫れ・炎症・むくみ ≫  の場合
  鱗茎と*唐胡麻の種子を同量すりおろして混ぜて、
  足の裏の土踏まず(**湧泉のツボ)に塗布する。
   (慢性でなく、急性の場合に用いる)

   *唐胡麻の種子から 「 ヒマシ油 」 が取れます。
    現代、日本薬局方に「 加香ヒマシ油 」 が収載されており、
    瀉下剤の医薬品のひとつです。
    世界最古の医薬文献と言われる古代エジプトの書にも
    「 ヒマシ油 」の記載があるそうです。
    
  ★なんと上記の、有毒な「 類似植物達 」も、同じような使用がなされてきたようです
   

彼岸花
彼岸花 posted by (C)プレティオ


【 足裏 と マッサージ 】
もっとも有毒な部分の「鱗茎」を用いて 
足の裏に「 ヒガンバナ 」をすって塗布するって、面白いですよね

足の裏には、沢山の全身のツボがあり、第二の心臓とも言われています
皆さんは、足裏のマッサージの経験はありますか  


東洋医学でも、特に足の裏には、『 腎経の経絡 』 が通っていると言う考えがあります
上記した、足の裏の「 湧泉のツボ 」も、その経絡のひとつになります
よってその経絡の流れから考えて、むくみや足の関節痛などの処置は、
とても理にかなっている訳です
かなり、昔からの民間療法のように感じます



私を見て♪
私を見て♪ posted by (C)ここわんこ


【 お店での実経験より 】 
私はリフレクソロジーで、手と足のマッサージもしています。  (平成24年末で一旦辞めています)
もちろん、足の裏のマッサージも行います
リフレクソロジーは、独特な手法で施術し、あまり強くなく、
心地よい眠たくなるような、癒しのマッサージで、基礎代謝などを促します。
それでも、やはり、施術後と施術前では、身体に変化を感じる方は多いように感じます
お腹がゴロゴロしたり、トイレが近くなったり、身体が温まったり、
頭痛が楽になったり・・・ などなど  色々な方がいます。
もちろん、特に感じない方もいます。 人にもより、その時の状態にもよると思います

足裏マッサージの施術の経験がない方、 色んな種類のマッサージがあります。
自分にあったマッサージを、一度試してみるといいかもしれません
異なった、針やお灸なども、いいかもしれません


静かに・・・・
静かに・・・・ posted by (C)あお☆りょうま(少し復活中)


【 東洋(中)医学 と 西洋医学 】
西洋の医学は、症状のある部分を主体に、処置を施し治療しますが、
東洋医学は、痛みや疾患などの症状がある部分のみの処置をするのではなく
全体のバランスをみて、処置を施し治療します
それに、とても興味があった私です
漢方薬を勉強するにつれ、その面白さが増していきました
実は、ある東洋医学の考えの中には、
人間の身体を 「 小宇宙 」 とみなして、全体のバランスを考えるという考えがあるのですよ
一箇所が悪ければ、他にも影響している・・・。
昔の方が考えた東洋医学の中に、「 宇宙 」 の言葉が出てくる部分、面白いですよね
でも、その捉え方が大好きな私です。  スピリチュアル的な一面とも言えるかもしれません


だから、東洋がすばらしいと言う訳でなく、西洋もすばらしい部分があります
医療だけでなく、すべての西洋と東洋の考えや捉え方のバランスがとれるといいなぁと 
思っています



彼岸花
彼岸花 posted by (C)プレティオ


【 まとめ 】
毒など、人間に害となるものを、素人が使用するのはとても危険です
でもその毒を、「 外用的 」 に上手く使用する方法で、危険なリスクを回避し、
民間的に広まった事に興味津々の私です
一体どのようにして、それが広まったのでしょうかね・・ 
 

東洋(中)医学の話も少し記しましたが
現代、「 全体を観るバランス」  が、欠けている時代なのかもしれません

問題点の部分のみに視点を置くのでなく、全体を見る視点も持ち
「 全体を把握する事 」を、求められいる時代なのかもしれません

問題の対処法には、意外な別の方法もあるのかもしれません
むくみなどの処置に、足裏に有毒な彼岸花の鱗茎をすって塗布するように・・・



彼岸花の涙
彼岸花の涙 posted by (C)あお☆りょうま(少し復活中) 


【 問題の対処方法 】
あなたの身近な問題も、意外に別の対処法や解決策が、あるかもしれません
「 考え方、捉え方 」でも、随分変化するのかもしれません
ある事に気付く事で、何か大きく変るのかもしれません

ある対処方法は、時間がかかりとても大変なように感じても、
同じような繰り返しをして苦しむより、意外に早く済む対処法なのかもしれません

何か捉われている執着など手放せば、意外に簡単なのかもしれません
その勇気や強さが、もしかしたら、無いだけかもしれません

今、目の前の問題や悩みがある方は、冷静に「別の全体からの視点」で
問題と向き合うと、 何か気付きがあるかもしれません


方法は色々あると、有毒の彼岸花さんは、教えてくれているのかもしれません


私自身が、毎回ブログで色々と綴り、再認識しながら考え学ぶ日々です


          彼岸花ゆれて
          彼岸花ゆれて posted by (C)ここわんこ


皆さん如何でしたか
あなたは 有毒な「ヒガンバナ」 さんから
             どんなメッセージや何を感じましたか


より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです







【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。



注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 





関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/41-4c72e0fb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。