自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆14 『セミ』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

夏の声の 『セミ』 さん のご紹介
                         【 生薬・自然の摂理・スピリチュアルの視点 】


暑い日々が、続いていますね~。 皆さんお変わりありませんか
少々更新が遅れてすみません。 ちょっと夏ばて気味の私です。 
気付けば、早くて8月ですね~
真夏、真っ最中

で、夏の声と言えば・・・ ミ~ン ミ~ン と鳴く セミさん ですね
色んなセミさん達が、一日中あちこちで鳴いていますね
誰もが、子供の時から知っている、セミさん 

貴重な、セミさんの脱退のフォトを交えて
今日は、そのセミさんが主人公で、綴りたいと思います


           つくつくぼうし~♪
           つくつくぼうし~♪ posted by (C)ここわんこ


私は、セミや昆虫について、あまり知りませんが、色んな形や色のセミさんがいるのは、
子供の頃から、見て育ったので知っています
 
子供の時、セミさんの命が短い事を知って、子供のながらに
「悲しい、せつない気持ち」 になった事を、覚えています。
それからは、セミさんを捕まえたりしなく、見るだけになった事を覚えています


夏の忘れ物。。。
夏の忘れ物。。。 posted by (C)ここわんこ


【 子供達の 「 なぜ 」 「 なんで 」 】
セミさんと言えば、幼虫から成虫になる時の、セミの抜け殻
見たことがあるお方は、多いのではないでしょうか
子供の頃、抜け殻を見て、これまた不思議に思った事を覚えています

大人になると、それが当然と言うような感覚になりがちですが・・・
子供達には、大人が忘れがちな、素朴な 「疑問 」 や 「 不思議 」 な 『 独特な感性 』 があり、
「 なぜ 」って 『 不思議な、探求の気持ち 』 があるのですよね~
この 「 なぜ 」 って、とても大切あると思う私です


大人になると、社会や現実的のなかで、おかしな部分を見逃して、そうなっているから・・・と、
「 疑問 」 や 「 なぜ 」 について、向き合ったり、考えたりが薄れているように感じます。
そう思うのは、私だけでしょうか・・・。



ニーニーゼミの女の子
ニーニーゼミの女の子 posted by (C)ここわんこ


子供たちの 「 感じて・考えた 」 素朴な 『 なんで 』 って疑問に対して、
あなたはどのように、答えるでしょうか
子供たちの疑問について、大人も一緒に 「 感じて・考えて・想う 」  
って大切なように感じる私です

答えは、見つからなくとも、分らなくとも 
「 どうかなぁ 」 「 こうかなぁ 」 って共に、『 感じて・考える事 』って、
子供の成長過程で とても大切であり、
それは、「感じて・考える能力や、心を育て生きる力」になるように思う私です

それは、もしかしたら、子供たちの将来への 「 希望の道 」 に繋がるかもしれません
そして、大人もそれで新たな気付きがあるかもしれません


現代、そんなゆとりの時間が減っている現実があるのかもしれません



こんばんは~♪セミの幼虫です
こんばんは~♪セミの幼虫です posted by (C)ここわんこ


で、そんなセミさんについて

【 セミ(蝉・蟬)】
科名 : セミ科
成長 : 卵  → 幼虫 → 成虫 する。

日本の場合、種類により異なるようですが、成虫が出現するのは主に夏

温暖化が進み、近年では、秋に入ってもセミが鳴いている事もあるようですね~。
また、真昼の暑い時間帯に鳴くセミは少なく、
比較的涼しい 朝  夕   の方が多くの種類の鳴き声が聞けるようです

そう言えば、子供の頃から、
朝陽と共に、元気なセミさんの鳴き声が聞こえ、
夕陽と共に、また一日の終わりを告げるようなセミの鳴く声聞こえます。
夏の季節感を漂わせてくれてますね・・・


可愛いお目目o(*^▽^*)oエヘヘ!
可愛いお目目o(*^▽^*)oエヘヘ! posted by (C)ここわんこ


【 セミさんの生態 】
セミさんの成虫期間は、1~2週間ほどと言われています。 
子供の頃、私ももそう聞いてました
しかしそれは、成虫の飼育が困難で、すぐ死んでしまうことからきた俗説らしく、
野外での自然生育では、1か月ほど寿命があるようです

幼虫として地下生活する期間は3~15年程と長~いセミさん
不思議ですね~
セミの幼虫は、地中生活で人目に触れず、また成虫は、飼育が難しいので、
実質、セミさんについて 「なぞ」 が多いようです。
「疑問」の世界が広がりますね ~



           羽が伸びましたよ♪
           羽が伸びましたよ♪ posted by (C)ここわんこ


セミさんの幼虫が、夕方地上に現れて日没後に羽化を始めるのは、
の間に羽を伸ばし、 天敵の現れる朝までには、
飛翔できる状態にするためらしいです。
知恵ですね~

その幼虫から成虫になった時に残る セミの抜け殻を
「空蝉(うつせみ)」と、昔、言われていたそうです

では、ここで、恒例の 「薬効」について触れたいと思います
えっ、薬効 ですって って思われるでしょうね~
さて、どうでしょうか・・・・



           じっと我慢♪
           じっと我慢♪ posted by (C)ここわんこ


【 生 薬 】
生薬 : 蝉退 (センタイ)
種類 : セミ科の 「スジアカクマゼミ」 またはその 他近縁動物の幼虫の抜け殻
      土蝉退 金蝉退 の2種ある。
薬理 : 抗けいれん、鎮静、神経質遮断 作用がある。
薬効 : 感冒、風疹の搔痒、小児の引きつけ、眼の充血、白内障    などなど

そうなのです セミさんの抜け殻が、生薬なんですよ
現代でも使用されている、「消風散」と言われる漢方薬に使用されているのですよ

身近な、意外な生薬だと思いませんか

皮膚の再生過程の抜け殻が、皮膚の疾患に使用されること
また、可愛いま~るい黒々した眼を持つセミさん、
眼の疾患に良いことも、面白いですよね~

一体、可愛い丸まるの目で、地上の世界を、どう見ているのでしょうね~



羽が茶色くなってきました
羽が茶色くなってきました posted by (C)ここわんこ]


【 自然の摂理・スピリチュアルな視点 】
セミさんは、地中の幼虫期間が長く、地上の成虫は短い命。
やっと、明るい地上に出ても、わずかな生命。
でも、全体の生命から言えば、昆虫の中では、長い生命でもありますね。
これは、自然の摂理のなかの一部。 不思議だと思いませんか

生命の長さ・・・
不老不死の秘薬が、昔から珍重され探し求められてきたようですが、
生命の長さに、なぜ人は捉われるのでしょうか・・・

セミさんは、成虫してから、鳴く事がまるで使命のように、
懸命に鳴いて、生命を捧げているように感じる私です


昨日の子かなぁ~♪
昨日の子かなぁ~♪ posted by (C)ここわんこ


【 命の尊さ 】
その人、各々に与えられた生命・・寿命はそれぞれです。
誰しもが、「いつ、どこで、どう」、人間としての命を終えるのかは、わかりません

どれだけ長く生きたか、ではなく、
     与えられている寿命に対して、どれだけ想いを込めて輝き生きれるか・・・が、
                     大切のように感じる私です


想いを込めて、想い残す事のない、生き方
      与えられている寿命を「今、どれだけ大切に生きれているか」・・・


命の長さに関係なく、与えられた寿命の今を、
      「感じて、考え、想いを込めて」、生きたい私がいます

あなたにとって、
  『 生命の長さ、大切に生きる 命の尊さ 』 とは、なんでしょうか・・・


セミさんは、それを人間に見せて、伝えてくれているように感じる私です。



紫陽花と空セミ
紫陽花と空セミ posted by (C)プレティオ


皆さん如何ですか
あなたは 「 セミ 」さんから、どんなメッセージや、何を感じましたか


より自然を身近に感じて
何かしら、自然や、自分と向き合うキッカケとなれば幸いです






【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。



注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 





関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/43-216596ba
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。