自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆15 『ハス』 後編  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

不思議な魅力を秘めた『 ハス 』さんのご紹介 (後)
                     【 薬草・民間療法 食 伝承茶(健康茶) 】



          水鏡 -睡蓮III-
          水鏡 -睡蓮III- posted by (C)プレティオ



前編・中編では、ハスさん とス イレンさんに関する事について、色々綴りました。
皆さん如何でしたか
    ご覧になってなく、ご興味のあるお方は、こちらをどうぞ
     ◆自然の「触れ合い」と「贈りもの」 (「ハス」より 前) 15 
                            【 個性と不思議 ・ ハスとスイレン 】
     ◆自然の「触れ合い」と「贈りもの」 (「ハス」より 中) 15
           【 蓮華と宗教 ・ スイレンとアンク ・ 古代とスピリチュアル 】                             


桃色の灯火たち
桃色の灯火たち posted by (C)ここわんこ


で、お待たせしました
後編の今回は、ようやく恒例の「 薬草・民間療法 食 伝承茶 」 について
綴りたいと思います
さて、どうでしょうか

ハスさんとスイレンさんの違いは、如何でしょうか
では、早速ご紹介いたします


高松城址 蓮-(4)
高松城址 蓮-(4) posted by (C)プレティオ


【 ハス 薬草・民間療法 】

花蕾 (蓮花 レンカ)  : 止血  など

葉 (荷葉 カヨウ) : 暑気あたり、食欲不振、下痢、 など

根茎の節部 (グウセツ) : 吐血、鼻血、痔の出血、滋養強壮、口の渇き、
                                                   血行不良の改善  など
               *食用の蓮根(レンコン)の節の部分の事。

種子 (蓮実 : レンジツ 蓮子 : レン): 下痢、吐き気、食欲不振、
                                                                         不眠(疲れやすい不眠)  など

   (蓮れん肉 : レンニク) : 鎮静、滋養強壮、口の渇き、下痢、健胃、
                                                             多夢、心臓の弱り など
                 *果皮を剥ぎ取った種子
                    *現代の漢方薬でも使用されている。
                                                             (清心蓮子飲など)

果托 (蓮房 : レンボウ): 駆血止血  など

胚芽 (蓮心 : レンシン  荷梗 : カコウ): 解熱、不眠、
                                                                          (のぼせや体のほてりに方) など
                     *果実の中にある緑色の棒状の。
                     *蓮心のみ、冷え性の人には使用しない。

 ★すべての部位を、天日乾燥する。


蓮
posted by (C)プレティオ


如何でしたか
かなり沢山の部位が、薬効になるハスさんですよね~

また、捨ててしまう、蓮根(レンコン)の節の部分が 
薬効があるって面白いですよね~

このように多くの部位が、薬効になる植物は、多くはないと思います
ここでも、凄いパワーを秘めている、ハスさんと感じませんか



睡蓮
睡蓮 posted by (C)プレティオ


【 スイレン 】
では続いて、スイレンさんはですが・・・  ハスさんとは対象的なんです。
実は、民間療法や薬草には、登場しない植物です
もしかしたら、知られていないだけかもしれません

これは私の感じることですが・・・
ハスさんにあり、スイレンさんにない部分が 「種が埋まった果托」 と「根の蓮根」。
スイレンさんは、球根やわさび系の根茎から芽を出す。
この部分が、ハスさんとスイレンさんの大きな個性の違いかもしれません

現代も生薬として、漢方薬にも使用されているのが 「 蓮さんの種( 蓮子) 」 です
また、この部分の 「 種 」 も 「 蓮根 」 も 食として使用されています
直接人間にパワーを与えるのは、ハスさんの特技のようですね


前編で、ご紹介させて頂いた、2000年前のハスの種が開花した 「 大賀蓮 」 の
お話でも、種の凄い生命力とパワーが感じられます
秘められたパワーを感じるのは、私だけでしょうか

睡蓮と言えば・・・、
フランスの画家の 「クロード・モネ」 の睡蓮作品は、
世界でも有名で知られていますね
様々な睡蓮の作品を残されてますが、
日本人の視点から、「 睡蓮の池と日本の橋 」 の組み合わせの作品にも魅力を感じます

スイレンさんの品種にもよりますが、
スイレンさんは、ハスさんと異なり、水面に浮いて もしくは 水面近くで
綺麗で大きくな花を咲かせる、神秘的な癒しの魅力があるように感じます
それにより、水面に映しだされる水鏡のスイレンさんも魅力的で、
スイレンさんの特技のようですね
。   (冒頭の写真)
         

終焉
終焉 posted by (C)プレティオ


【 食 】
日本人が親しんできた食は、ハスさんの根の部分の「蓮根」ですね~
特に、蓮根のキンピラや、チーズ蓮根が大好きな私です

実は、ハスさんの種子も、食として親しまれてきた部分です
種子は、日本より、東洋医学の主体の中国などのアジアで
「薬膳」として楽しまれたように感じます。
 
種子を、水につけると柔らかくなり、湯がくと、アクがとれるそうです。
粥に炊き込んだり(蓮子粥)、炒めたり、蒸したり、スープに入れたり、煮込んだり・・・
様々な料理に用いられるようです

甘く煮たりして、デザートにも使用されます。
アジア系の国では、お菓子のお土産にもなっていたりしますよ~

幅広い活躍の ハスさんですね~


後楽園蓮池のトンボ
後楽園蓮池のトンボ posted by (C)プレティオ


【 伝承茶 】
基本は、薬草と民間療法でご紹介させて頂いた「 蓮葉(荷用 )」 が
参考になりると思います
で、 実は唐の時代より、「減肥軽身」として、ダイエット茶しても知られており
肥り易い体質だった楊貴妃も、美しい体を維持するために愛飲していたと
伝えられているそうです。  伝承茶のひとつでもあります

また、ベトナムでもハスの葉茶がよく飲まれいて、ベトナムの女性の肌の美しさは、
このお茶が作っているからとまで、言われているそうです。  

しかしこれは、あくまでも民間療法であり、誰にも合っているとは言えず、
体質などにもより異なると思います
現代、情報が早く、また多い為に、情報に流れ易い時代ように感じます。 
美味しい話や恐怖的な話に、飛びつきやすい傾向があるのかもしれません

よく考えて、納得した行動を求められているようにも感じます
また、情報に流されない、「個人の自立」も今求められているのかもしれません


何においても、人の体質や個性などにより、「 合う・合わない 」 があると思います。
なので、自分を知る、自分を理解する事が、とても大切だと感じます



             P1010131_convert_20110809222016.jpg           P1010132_convert_20110809221939.jpg 
                  ハスの葉の茶葉               ハスの葉茶

         ノンカフェインで、癖も少ないお茶ですよ~
         冷えても飲みやすく、爽やかです


【 自分の事を知る 】
東洋医学では問診で、症状はもちろん、患者様の「体質、性格、個性、生活環境なども」
知り理解する事も、とても大切であると思っています。

医療に関して、患者さんが、医師や薬剤師に、
何処までご自分の症状や体質をお伝えできるかも、 とても大切な事であると思います
意外に、皆さん、ちゃんとお伝えできなかったり、言えなかったりのようです。
病院や調剤薬局に勤めている時に、患者さんへの服薬指導でそう感じる事が多かった私です。

あなたは、自分の事をどのくらい知って、理解していますか
どこまで、人へ自分の事を伝える事ができるでしょうか
自分の事を知る事は、自分と向き合う事であり、とても大切であると思います
 



蓮 高松城址(5)
蓮 高松城址(5) posted by (C)プレティオ


【 前・中・後 の まとめ 】 
ハスさんもスイレンさんも、見た目は少し異なりますが
不思議な魅力と個性がありました
人目に触れる、美しく凛と大きく咲く花に対して、
水面の下の見えない泥水の中で、美しい花を咲かせ成長させる根の姿は、
まるで人間の、「 陽 と 陰 」を見せてくれている植物であると感じる私です
もちろん、どの植物も基本は同じなのですが・・・ 沼地などの泥水が独特のように感じます。

古代か親しまれたお花であり、現代でも様々な国で、国花として愛されていました

古代から、異なる宗教でも 「 人の生きる姿の人生や 魂の見えない姿 」 に譬えられる、
とても、神秘的な魅力がある事が伺えましたよね
沢山の植物がある中で、ハスさんとスイレンさんが宗教に用いられている不思議さ


また、ハスさんは、食だけでなく、漢方薬や民間療法や薬膳など幅広く使用され、
生命力にも富んでいるハスさん

不思議な魅力・神秘的な魅力・生命力の魅力・・・などなど
本当に、凄いパワーと魅力ある ハスさんと仲間のスイレンさんではないでしょうか



高松城址 蓮-(5)
高松城址 蓮-(5) posted by (C)プレティオ


「前・中・後」編と、3回にわたり、ハスさんと 仲間のスイレンさんについて
さまざまな視点から、綴らせていただきました


皆さん如何でしたか
あなたは、古代からの不思議な神秘ある 「 ハス 」 さん 「「スイレン」さん から 
                                  どんなメッセージや、何を感じましたか

より自然を身近に感じて
何かしら、自然や、自分と向き合うキッカケとなれば幸いです



          古代蓮
          古代蓮 posted by (C)プレティオ






【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。



注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 

関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/60-02f4a8f7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。