FC2ブログ

自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆28 『タンポポ類』  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

   ★5月1日で ブログ開始1周年★

お陰様で、1周年を迎える事ができました
事故により、3ヶ月ほどお休みしましたが      どうにか、現在まで続いております
皆様の、温かいご訪問やコメントに感謝しております
ありがとうございます
今後も、マイペースで楽しく学びながら、更新ができたらと思います
どうぞ、よろしくお願いいたします
                
                            愛の手 あんく♪ 平成24年5月1日



 不思議な魅力がある 「タンポポ類」 達をご紹介
        【 食用 民間療法 漢方・生薬 ハーブ(タンポポコーヒ) 貴重な在来種 】
 


皆さん、春の花と言えば色々なお花が浮かぶと思います

その中のひとつに、私は、
子どもの頃、親しんだ、タンポポさん が浮かんでくる私です

タンポポの種を、吹いて飛ばした記憶があるのは、私だけでないと思います。
あの丸い浮遊する傘が付いた種は、とても魅力でした
また、タンポポの茎を折ると、白い液がでて、
茎は空洞で、ストロー状になっているのが 、私にとって
 「 不思議で魅力がある野花 」だったことを覚えています

皆さんは、いかがでしょうか

そんな 「タンポポ類」 達に付いて 今回は、綴りたいと思います

   *実は、タンポポの名は総称で、「タンポポ」という種名の植物は本来ないので、
    通常は、「タンポポ類」と表現されています。


太陽になりたい
太陽になりたい posted by (C)花信風


【 タンポポ類 】
科名 : キク科
中国名 : 蒲公英 ( ほこうえい )
使用部 : 根 又は 全草  
食用 : 根 と 全草

分布 : 東北地方南部から北九州
自生地 : 低地や人里などに自生 多年草

品種 : 品種は多く 大きく分けて   

         セイヨウタンポポ ・・・ 都市周辺に多く観られる。(春~秋)
         カントウタンポポ ・・昔関東に多く観られた。(春)
         シロバナタンポポ・・・関東以西に多い。(早春~春)
         カンサイタンポポ・・・現代ではほとんどみられまない。(春)

       その他、ヒロハタタンポポ、ミヤマタンポポなどがあるようです。



よりそいて たんぽぽ
よりそいて たんぽぽ posted by (C)花信風


【 食 用 】
全草はアクが強いので、重曹などでアク取りして、
和物や、炒めるで食する。
根は、千切りにして、キンピラや煮物などにする

【 その他の使用 】
≪海外≫
イギリスでは、染物に使用されたようです。
  根は、紫色。  花を用いて 黄色。    
の自然色を出すようです

≪日本≫
日本には、なんと 「 タンポポの花と葉 」 からなる家紋の
「 蒲公英紋 」 もあるそうですよ
どんな紋章でしょうね~



優しさに包まれて
優しさに包まれて posted by (C)ここわんこ(ゆっくり活動中)



【 民間療法  と 漢方・生薬 】
ご存知の方もいると思いますが、
実は、「タンポポ」は、生薬でもあり、現在も漢方薬で使用されてます

≪ 蒲公英根 (ホコウエイコン)≫
  根は生薬としても有名で、現代でも使用されています。

   採取法
     日本に自生しているタンポポ類の品種を、同じように使用する。
     開花前~開花時に、茎葉をつけたまま根を掘り取り
     根を水洗いして土砂を除き、日干ししたもの。

   薬効
     胃のもたれ、食欲不振、消化不慮、健胃 、肝機能改善
     消炎、解熱、整腸、催乳、便秘 、発汗、強壮
     乳腺炎  などなど

≪ 漢方薬 ≫
   「 蒲公英湯 」 があります



落下傘
落下傘 posted by (C)qumyah


【 ハーブ 】
ハーブでは、葉と根が用いられてます

薬効は、似ている部分が多いのですが、
特に、どちらも強い、利尿作用があると言われてます。

≪ タ ンポポコーヒー ≫
   外来種の、セイヨウタンポポの根を、蒲公根と同じよう採取して乾燥する。
   それをフランパンなどで、淡いコーヒー色になるまで炒る。
   通常のコーヒー豆と同じ要領で、
   ミルで引いてフィルターにかけて、熱湯を注いで飲む。
   通常のコーヒー豆より、少なめ、もしくはお好みの量で


タンポポコーヒーは、通常のコーヒーの味によく似ています。
皆さんの飲まれた事ありますか

現代は、タンポポコーヒーのインスタントも販売されていますよ
当店でも、生活の木の「タンポポコーヒー」(純度100%)を取り扱ってます。
メーカーによって、味が随分と異なりますが、
(美味しいものと、そうでないものがあるようです)
生活の木の 「 タンポポコヒー 」 (クラッシック) は、とても飲み易く美味しいです
コーヒーをあまり好まない私も、飲みやすく気に入ってます
(「 生活の木 」では、様々な種類のハーブコーヒーがあります)

特に嬉しい事に、タンポポコーヒーには、カフェインが含まれてないのが特徴です
その上、デットクスにもなり、母乳の出を良くする作用は有名で
母乳がでない方にもお勧めです。 
 
通常のコーヒーや、生薬の蒲公英根は、体を冷やすとされています。
しかし、タンポポコーヒーは、タンポポの根を干して、更によく炒ってあるからだと思いますが、
体を冷やさずに温めるとされ、妊婦や冷え性の方にも勧められています


タンポポ花芯
タンポポ花芯 posted by (C)qumyah


【 在来種 】
上記でも、ご紹介しましたが、
タンポポには、外来種と在来種があります

ちなみに、外来種の見分け方ですが
   在来種は、外側の総苞片が上を向いていますが、
   外来種は、総苞片がそり返って下にさがっているのが特徴です。

で、実は、
皆さんがよく目にするタンポポのほとんどが、外来種の可能性が高いのです
そうなのです、悲しいことに
近年、本来の日本の在来種が、減少して少なくなっているのです

その理由のひとつに、
外来種は、繁殖力が強く、日本の在来タンポポが、その勢いに押されている状態のようです。   

そうなのです、一見、見た目ではわかりませんが
気付かないうちに、だんだんと、日本のタンポポが姿を消そうとしています
皆さんご存知でしたか
まるで、社会現象へのメッセージのようです

例えば、
  様々な食品、電化製品、日常品など 身近なものが
  安く購入できるようになったものの
  見た目が同じようでも、中国製や外国製品のものが増えていたり・・・

貿易関係により、同じようで異なるものでは
  有名な日本のみかんによる みかんジュース の姿を殆ど見なくなり、
  外国の オレンジジュース が主流になっていたり・・・

日本独自の伝統技術やオリジナル製品など、つまり日本製品が、
外国製品に押されて、気付かないうちに
どんどん消えているような感じでしょうか・・・


粒々水滴~o(*^▽^*)oエヘヘ!
粒々水滴~o(*^▽^*)oエヘヘ! posted by (C)ここわんこ


【タンポポ達のメッセージ】
気付いている方も多いと思いますが、大切な日本の独自のものが、消えつつある現状
日本にある 「 日本オリジナルや個性 」 が
気付いた時には、復活さえできなくなっているのかも・・・。 
外国製品や大手会社におされている、弱く小さな存在達・・・ そ
そして、それで苦しむのは、日本の自分達。。。
でも、このご時世、避けれない現状も事実

もしかしたら、日本独自の風習や習慣などにも 
あてはまる部分があるかもしれません
また、便利さや損得問題も大きく関係しているようにも感じます

この現象の要因は、一体なんでしょうか    色々とあると思いますが、
遠い未来をみつめて、真剣に考えていない、「 今がよければそれでよし状態 」 の
行動をとっている自分達に、気付いていない部分があるのかもしれません
また、横のつながりが薄くなり、繋がりのバランスが崩れている状態も、
関係しているのかもしれません

もしかして、大切な見えないものが、気付かずに消えつつある現状に、
人間は気付いていないのかもしれません
何か、とても寂しくなります。   未来は、どうなっていくのでしょうか・・・

難しい問題も多いですが、 せめて身近な日常生活において、どんな小さな事でも
未来を考えた「責任」ある行動が、もっと出来るようなになりたいと想う私がいます

意外に、気付かずに 「 この位は、いいやっ 」 と、未来に繋がる、
責任ある行動ができていない部分は、多いように感じてます


後で、後悔しない為にも。。。  手遅れになる前に。。。  

もしかしたら、タンポポ達は、そんなメッセージを伝えているのかもしれません・・・




          タンポポ+綿毛
           タンポポ+綿毛 posted by (C)qumyah



皆さん、如何でしたか
       あなたは、不思議な魅力ある親しみ深い 「 タンポポ類 」  達  から
                              どんなメッセージや何を感じましたか
  

より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです





【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 許可を得て共有させて頂いています。
      無断の使用は、ご遠慮願います。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 


【 マナーのお願い 】
環境保護 :  自然の植物を採取する場合は、
         採取可能な植物か確認をおこない、必要な分だけ採取するようにしましょう。
         使用部位や、類似の毒性の植物などにも注意をしましょう。
         自然界から分けて頂く気持ちで、植物達の繁殖や生育、
         自然界の環境を崩さないように心がけましょう。
         採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
         この感謝の想いが、自然の恵みや癒しを授かり、
         自然との共存に繋がる部分であると感じてます。
   




関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/70-51ee3ff7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。