FC2ブログ

自然と共に歩む 『愛の手』 だより ✦漢方薬剤師のブログ✦

漢方薬(中医学)や生薬・薬草など自然を主体にご紹介し、現実的に感じることも色々綴った記事です ☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆18 『ハトムギ と ジュズダマ』 前編  自然の「触れ合い」と「贈りもの」

  0

よく似た 『ハトムギ さんとジュズダマ さん』のご紹介(前)
               【 ハトムギ と ジュズダマ の相違点 昔の遊具 野生植物の減少 】

 
もうすぐ、実りの秋・・・
これから、果実などが実り熟す時季なりますね
今回は、その中の 「 ハトムギ 」さん と「 ジュズダマ 」 さんについて
綴りたいと思います

ハトムギとジュジュダマは皆さんご存知ですか
名前は聞いたことは、あると思います
どんな植物さんか、ご存知ですか  違いは、ご存知ですか

前編では、主にそれぞれの 「 違い 」 について綴りたいと思います
後編では、恒例の、民間療法や薬効について綴りたいと思います


          野の実  10/29
          野の実  10/29 posted by (C)ここわんこ  〔 ジュズダマ 〕

【ハトムギ】
 ハトムギ   : 鳩麦  ( 別名 : シコクムギ )  
   科  名   : イネ科  ジュズダマ属
  開  花     :  7~8月頃
 穂 (種子)   :  開花~10月頃
   原  産     : ベトナム ( 熱帯アジア ) および中国の原産の一年草。 雌雄同株。

種子の皮を除いた部分 : 茶褐色に熟した果実を刈り取り、
                        乾燥させ脱皮した中身をヨクイニン ( 薏苡仁 )  と言う。

  由 来   : 中国から渡来したもので薬用に栽培されている。 野生はない。      

名前の由来 : 鳩が好んで食べる事から「 鳩麦 」名付けられたとも言われている。



風に合わせてダンスダンス
風に合わせてダンスダンス posted by (C)ここわんこ      〔 実る 「 麦 」 〕


【ジュズダマ】  
ジュズダマ : 数珠玉  ( 別名 :ジュズコ  ズズコ )
   科   名    : イネ科  ジュズダマ属
   開   花      : 8~9月頃
 穂( 種子) : 開花~11月頃 

  種  子    : 川穀 ( センコク )  
   根        : 川穀根 ( センコクコン )
  原   産      : 熱帯アジア原産の多年草。 

   由 来  : 渡来人により持ち込まれ、食用されていた。
             食糧として 「 イネ」  が主流になり、栽培されなくなったとか・・・
            その後は、河岸などに自生する野生種となっている。


名前の由来 : 種子に糸が通せる穴があり、
          糸を通して遊具の数珠がつ作られていたので、数珠玉と言われている。 



里山の実り・・・・
里山の実り・・・・ posted by (C)あお☆りょうま(ぼちぼち・・・)    〔 実る「 稲 」 〕

【 ハトムギ と ジュズダマ の見分け方 】
ハトムギとジュズダマは、よく似てますが、見分けがつきます
見分け方はのポイントは、いくつかあります

*穂(種)の模様    ハトムギ   タテジマがある。
            ジュズダマ  光沢があり、ホウロウ質で まだら模様もある場合も。

*色          ハトムギ     茶色系。
            ジュズダマ   やや灰白色、白色、黒色など様々。

*硬さ         ハトムギ    指で強く押すと、つぶれる程度の柔らかさ。
            ジュズダマ   砕けにくく、大変硬い。

*穂(種子)      ハトムギ   穂を下向きに垂らして穂を付ける。 (下のYou Tube 参照)
            ジュズダマ  穂を上向きに付ける。 (一枚目の写真参照)

                                              などなど です。 





【 ハトムギ と ジュズダマ の身近な親しまれ方 】
ハトムギさん は、「 お茶 」で皆さんよくご存知だと思います
お茶で、昔から身近に親しまれている植物さんですね ~。
現代では、市販のブレンド茶によく混合されているようですね。
近年、十穀米などでんも有名ですが、お米やお粥などにも炊き込んだりされてます。
またハトムギの粉も、食糧としても使用されていたようです

で、ハトムギさん と ジュズダマさん の相違点のひとつに、硬さがありました。
この ジュズダマさ んの硬さを用いて、昔遊びに使われていたのが、「 お手玉 」 です


昔の方は、懐かしいと思います
30代の方ぐらいまでは、遊んだ事があるかもしれませんね~。
私も子供の頃、和裁をする母に、着物の残り布で作って貰い、
縁側で、お手玉をしていた思い出があります。
女の子の遊びだったかもですね。  そんな年齢の私です 

また、そのジュズダマさんでネックレスなども作っていた記憶もあります。
どちらも、自然の贈り物の 遊具でした

この遊びは、自然の遊具と言うだけでなく、頭や手先のよい運動にもなり、
よく出来ているなぁって、今になってつくづく感じます


ジュズダマを使った、遊具の作り方のサイトは、こちらをどうぞ  
                             ★ジュズダマのお手玉作り
                             ★ジュズダマのネックレス作り

お手玉の仕方は、忘れましたが、その 「 YOU TUBE 」を見つけました
宜しければどうぞ  年齢にもよるでしょうが・・・懐かしいですよ。  

 



【 親しまれた 姿が消えていく 】
今では野生の 「 ジュズダマ 」 さんは、なかなか観れなくなりました

薬草取りをしていた約6年前、一年前に沢山生育していた河岸の場所に
ジュズダマを採取させて頂こうと思い、同じ場所に行ったのでが・・・
翌年にもかかわらず、残念ながら、生育していませんでした
多年草のジュズダマさんにもかかわらず、一年で姿を消しており、
何とも言えない、寂しい気持ちになりました

身近に、消えている自然の姿を、どれだけの人が感じているでしょうか・・・
私自身も、身近な植物が消えているのに、気付いてないことが多いように感じます
昆虫やなども、同じように感じます
消える姿、少しづつだと気付かずに、後になって振り返れば沢山消えている・・・
って事になっているのかもしれません


やはり、便利になったようで・・・ 実はその分、大切なものを失っているように感じます
このバランスは、いったいどうしたら保たれるのでしょうか・・・
この事実も、自分の責任の一部だと、一人ひとりが認識して思う事が大切なのかも・・・
大きな課題が、目の前にある現実のように思います



未来を見つめて
未来を見つめて posted by (C)ここわんこ


ハトムギさんとジュズダマさんは、いかがでしたか

ハトムギさんは昔から栽培され、お茶や食として、現代馴染み深く親しまれている植物さんです

ジュズダマさんは、野生種であり、昔お手玉などの遊具として親しまれていた植物さんです

見た目はよく似ていますが、親しまれ方が異なっていますね

相違点のまとめは、後編で「民間療法や薬効」を綴った後に
最後にまとめてさせて頂きますね


秋を待つ・・・
秋を待つ・・・ posted by (C)あお☆りょうま(ぼちぼち・・・)


皆さん如何でしたか
あなたは  「 ハトムギ 」 さ んと 「 ジュズダマ 」 さんから
                    どんなメッセージや何を感じましたか


より自然を身近に感じて
      何かしら、自然や自分と向き合う キッカケ となれば幸いです







【 備 考 】
写真 : フォト蔵の会員のお方より 共有させて頂いています。
      (大切なフォトを、ありがとうございます)
      無断でのご使用はできませんので、ご了承ください。



You Tube : 共有させて頂きました。
         (貴重な資料を、ありがとうございます)


注意  :  このサイトでは、あくまでも、
      民間や伝統療法として、植物などのご紹介をさせて頂いています。
      地方により使用法や用量も様々であり、医療とは異なります。
      また、病気やお薬との飲み合わせなども、ある場合があります。
      ご使用の場合は、医師又は薬剤師の専門の方にご相談ください。 



【 マナーのお願い 】
環境保護 : 自然の植物を採取する場合は、必要な分だけ採取して分けて頂き、
           植物達の繁殖や生育、自然界の環境を荒らさないように心がけましょう。
           採取後の、自然界への感謝も忘れずに心がけたいものです。
           この想いが、植物の力をより頂けるように感じてます



 




関連記事
スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ainote0707.blog.fc2.com/tb.php/72-8910a30f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。